南大阪に吹くマリンの風

《マリーンズ》組閣第一弾の目玉は福浦選手兼任打撃コーチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

クライマックスシリーズはファイナルへ

ホークスとイーグルス、どっちが勝ち抜けるのか?

まぁ、どっちでもイイっちゃイイんですけどね。

気になるのは来季のマリーンズの方が遥かに気になる。

井口政権はどんな組閣になるのか?ってトコが。

その第一弾が本日発表されましたね。

金森打撃コーチに的場戦略コーチ就任が発表されました。

そして、昨夜かな?にチラッと記事になっていた、福浦和也の選手兼任コーチの就任も。

ワタシ予測では、福浦は選手一本と予測してましたが、コーチ兼任は驚いた。

まぁあくまで兼任コーチですから、指導というよりもアドバイスに特化するのかな?

堀の去就はまだ聞こえてこないトコに金森さんの打撃コーチ就任ですから、打撃コーチは福浦が1軍なら3人体制ですもんね。

福浦の軸足はゆーても選手でしょうからね?

まずは2,000本安打。それが達成出来てからどっちに軸足置くか?ですかね?

打撃コーチのメインとなりそーなのは、金森栄治コーチです。

マリーンズには復帰という位置付けです。

皆が知る井口監督の打撃の師匠です。

で、『井口の師匠』ってフレーズで盛り上がってはおりますが、ワタシは少々心配。。。

それはナゼかと言いますと・・・あの金森理論である「軸足の腰前でボールを捉える」ってヤツ。

あれをまた持ち込むのか?ってトコ。

この理論って『天才の中の天才』だけが習得出来た打撃論。

前回の打撃コーチ就任時も最初は良かったですが、昔話題になった【統一球】が導入された途端に、どの人もコノ人も差し込まれまくって、それまでも『強力打線』でなかったマリーンズ打線が、今季の開幕当初よりかはマシですが、トコトン打てなくなった記憶があります。

それに確か今季オフにマリンの人工芝張り替えるとかいう情報を書き込みで頂いたこともありますし。

今季夏場に気になったマリンの人工芝。あっちこっちがピカピカ光り、いかにも『硬そう』な芝具合。

あーなっちゃうと『ゴロ』の打球が伸びるんですよね。

それが来季、

芝は張り替えてフワフワになった ⇒ ゴロの打球の威力が落ちる 軸足腰前で捉える打撃論導入 ⇒ 差し込まれる打球が増加

となってしまうと、今季開幕直後にヒケを取らない状況になるのでわ。。。と・・・

まぁ前回のマリーンズ退団後、BCリーグとかアマチュアで指導されてたみたいなので、、、

アプローチは変化しているかな?

それを信じる?いや賭けるって感じかな?

ルーキー監督なんで気心知れた人材の登用は必須なのですが、

前任の山下みたくはないでしょうが、ちょっと心配はしております。

もう一人は的場もマリーンズに復帰。肩書は戦略兼バッテリーコーチ。

期待というか注目してるのは【戦略コーチ】の肩書。

今季の貧打線の因子は打撃コーチもそうですが、戦略の部分も関連しているのかな?と。

スコアラーから届くデータの精度がイマイチだったのか?そのデータの処理の仕方がマズかったのか?

そーゆーコトも超貧打線に繋がったのではないのかな?ともワタシは考えております。

ですのこのポストの重要度はヒジョーに高いとワタシは考えています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マリーンズ’17
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第二次戦力外ガチ予想】前GMが失敗したツケの改善はお早めに【熱血!! プロ野球】

今季の阪神 総括 投手編【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

菊池のヘッスラに「生涯広島宣言」を見た!【カープファンの構想と妄想】

2017年ドラフト。マリーンズは清宮でいいのか?【モヤモヤ、まり~んず。】

弟よ 今年もまた10月19日がやってきたのだ 毎年くるのだけどね【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

村田待望論に対する違和感【がんばれ!マリーンズ】

来年こそはこの悔しをはらしたい【モヤモヤ、まり~んず。】

2005年のパ・リーグのプレーオフ セカンドステージ第3戦の思い出【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:229
  • 累計のページビュー:4579903

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss