南大阪に吹くマリンの風

《マリーンズ》井口資仁、あなたはやっぱり凄かった

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊東監督も試合後の談話で語っていたように、こーゆーやりにくい試合に付き合って頂いた、北海道日本ハムファイターズ球団に感謝いたします。

9回裏のホームラン。いぐっさんはやっぱり凄いですね。

ここまでのvsいぐっさんの組立は基本ストレート。 それまで投げていた高梨投手もギア上げて真っ向勝負してましたもんね。

増井投手はどんな想いで投げてたのかな?

フツーの対戦やったら変化球も混ぜてたと思うんですよね?

先の空振り見て「ストレート1本」としたのか?それとも『最後の対戦』を意識したが故のストレート勝負だったのか?

なんか想像するだけでも【選択の難しい】組み立てやったと思います。

1ストライクやったのもあるのかな?

いぐっさんは「ストレート1本」に絞ってた感じ。

ワタシもTVの前で「ストレート1本」と予想した。

そして…そのストレートを見事に弾き返した打球は!!!

バックスクリーン右側に突き刺さる、同点ホームラン。

それまでのスコアは1-3

加藤翔平のある意味らしいホームランの1点のみで、マリーンズらしい拙攻で得点の気配はナシ。

しかし、涌井がごっつ良かった。

ストレートでドンドン押すピッチング。

コミさん解説とーり「主審とバッチリの相性」で見逃し三振を奪いまくる力投が…

6回にグラブはめた方の手がつり、足がつりで無念の降板。。。

これでおかしな空気が流れ出し、松永は抑えるものの、南昌が海坊主が失点し2点のビハインド。

でも、今思うと、7・8イニングって3失点でよう済んだなぁーって。

そんでいぐっさんのカンドー的なホームランをお膳立てするよーに、9回は内くんが久しぶりにまずまずのピッチングでリズムを作り、代打清田がお膳立てのライト前ヒットで出塁、そんでアノ感動的なホームラン!!!

ドラマならあっこでサヨナラなんですが、そこまで届かないにせよ、それに近いシーン。

井口資仁の強さを見せつけられましたね。

そんでこの勢いで、このイニングでサヨナラ決めて欲しかったよなぁ~

誰がいぐっさんをヒーローにするか?

誰も彼もみんながお世話になったいぐっさんを誰がヒーローにするか?

そのチャンスが最初に回ってきたのが大嶺翔太。

このヤンチャ坊主が決めてくれること期待しましたが…

見逃し三振はないでよぉ~

で、延長戦に突入。

もう一回、いぐっさんの打席が見れるでありましたが…

先の打席で全部出しちゃった感じかな?

極限まで持っていった『集中力を再び』はやはり酷なお願い。

まぁあれは仕方ないですよね。

そんでこの試合のクライマックスですが、これもある意味、味のある伊東采配やったよなぁ。

プリンス平沢に代打で育成出身の肘井を送ります。

このしびれる場面で肘井くんよう打ってくれました。

マリーンズっぽいシングルやなく2ベースを。

そして代走にはまたまた育成出身の大木を起用。

ここはベンチに俊足は彼しか残っていませんでしたが、この大舞台でグランドに立ったことは貴重な経験。

マリーンズとしては3塁にランナー進めたい展開で、バッターは加藤翔平。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マリーンズ’17
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

9.25 ウィーランド完封。 シーズン勝ち越しも確実に。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

復調の兆しか【羽ばたけより大空へ】

余韻が残った井口の引退試合。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

泣けたぁ~。そして笑った井口の引退試合【モヤモヤ、まり~んず。】

引退試合おつかれさまでした! ナイスバッティング! 果たして2018年の来シーズンも「たのむぞ井口」なのかしら【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

井口は最後までカッコよかった【千葉からスポーツを語る】

2017野球観戦記31。対楽天戦(ZOZOマリン)&井口引退試合。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

【今日だけはロッテニッキ。】井口選手、お疲れ様でした。【カープニッキ。】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:3909
  • 累計のページビュー:4530050

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss