南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》前半、昔ながらのセレッソ。後半、ユンサッカーのセレッソ

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1 第22節 @ヤンマースタジアム長居 セレッソ大阪 4 - 2 浦和レッズ

今節は浦和さんのスルガ銀行カップ出場による繰り上げ開催でこの試合のみ。

この1週間は浦和さんに得体の知れない方が一方的に喧嘩を吹っ掛け、試合当日はその該当者が大阪で公務とのことで大阪に居てたっぽいので『どうかヤンマーには来るな』と願っていましたが、幸いに来場した気配はない。 今季ヤンマーでのビックマッチといえばvsガンバさんとの試合終了に持ち上がったフラッグ問題で試合の余韻が吹っ飛んでしまった後味の悪い思いがあっただけに、「またか・・・」は避けたかったので良かったです。

今節対戦の浦和レッズさんですが、今季のセレッソを語る上ではゼッタイに外せないお相手。 そうです、2節アウェーでの対戦で何もさせてもらえないどころか「1シーズンで降格」を予感させる様な、完全な実力差を見せつけられまくったお相手。 後付け論にはなりますが、これだけの戦力を有しながらも、なんとかJ2POで昇格したセレッソ。 理由は言わずと知れたクルピ退任後からの大迷走。極め付けの大熊サッカーの残り香漂うセレッソでは、ミシャサッカーが浸透している浦和さんに勝てるどころか試合になるワケがありません。

しかし時間が経ち、セレッソは大熊臭が抜け、ユン・ジョンファンが順調に構築しつつある、上り調子の状態に対し、ここに来てターニングポイントに差し掛かっている浦和レッズさん。 このゲームは【現状】が色濃く出た1戦であったと思います。

試合全体の流れですが、解説の副島さんが『もっとボールホルダーにチェックに行かないと・・・』と再三発言されておられましたが・・・ 不快指数MAXの大阪の気候に、試合前にはピッチにタップリと散水し、とどめに全く風の抜けないピッチ状態って、エゲつない位の想像を絶する暑さであったと推測します。 なのでさすがにずっとボールホルダーにチェックに行くのってムリな気候やなかったかな?

そーゆー環境下での試合だったので、試合開始直後から非常に大味な展開となります。

先制はセレッソ大阪、背番号9 杉本健勇のゴールから撃ち合いが始まります。 CKからの流れですね?蛍?がゴール前に放り込もうとしたボールが相手に当たり、サイドラインに流れたボールをコータ・M(コータが二人いるので、水沼の方はこない表します)が回収し、そのままグランだー気味のクロスを入れるも、浦和ディフェンスに少しかすったボールに健勇が飛び込み見事先制します!!! で、この直前のシーンで「おやっ?」と思ったのが、試合開始わずか5分足らずで浦和ディフェンス陣の数名が早くも肩で息をし出しておりました。 浦和メンバーにはこの暑さが相当厳しかったのかな? コータ・Mの飛び出しもオフサイド微妙な飛び出しでありましたが、この時点で浦和ディフェンスが全員足が止まった感じ。推測ですが暑さを嫌って「試合止まってくれ」みたいなモチベーションやなかったかな? なので、この一連の流れでは、プレー止めたがった浦和さんと止めなかったセレッソの差でもあった様に思えます。

幸先順調なセレッソ。ただ主観的に健勇ゴール試合の勝率がやや思わしくないってのに一抹の不安が残りながら試合再開。そして再開してすぐに追加点をゲット!!! ペナルティエリア左側から曜一朗の「らしい」タイミングでゴール前に上げたクロスに、またもや健勇がヘッド一閃!!!のゴール!!!! このゴールに驚いたのが、健勇がヘッドをスラさずにしっかりとアタマでミートしにいったこと。 こーゆー健勇のゴールはちょっとお目にかかれないゴールやったんやないかな? そんでこのシーンですが、健勇の前にポジショニングしてた遠藤選手。曜一朗のクロスのタイミングに完全にあっておらずジャンプ出来てないんですよね? なので目の前ガラ空き。こーゆーシュチュエーションも健勇に味方したのかな? 開始わずか7分で2-0。幸先が良過ぎます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J2第24節 大分対水戸 J2大接戦の原因は?【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

【浦和レッズ】7/22 ミシャサッカーの完成形は守備崩壊【スポーツが好き過ぎて】

J2リーグ 第24節 東京Vx讃岐(3:3)【J2にしがみつく】

【第22節】 vs浦和レッズ~マネージメント力の高さ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

「清武が関西から消えた!」理由【「読裏クラブ」のワンツー通し】

【C大阪】前半総括。ユン監督の本当の凄さ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》好試合を勝ち切り首位浮上!!!余韻に浸りつつソウザが心配な今日この頃【南大阪に吹くマリンの風】

Jリーグホームスタジアム訪問記~セレッソ大阪~【This is J-league】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:1713
  • 累計のページビュー:4523328

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss