南大阪に吹くマリンの風

《マリーンズ》編成部、この状況を説明して頂きたいです

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 4月20日 @ZOZOマリン 千葉ロッテマリーンズ 0 - 4 福岡ソフトバンクホークス

9回オモテ2アウト満塁からの今宮選手の一打。打球はセンター前の打球に岡田がチャージをかけイチバチのスライディングキャッチを試みるも、打球は無情に岡田のグラブをかすめ、ボールは転々とフェンス方向へ。。。 このチーム状況をなんとかしようとする想いが伝わる岡田のトライを責めることは出来ません。 しかし、チーム状況が悪い時って得てしてこんなものなんですね。 リプレー映像見ると、キャッチ出来る体制なのに岡田がスライディングしたタイミングで一気に打球がレフト方向へスライド。 あの体制であれだけ一気にボールが切れていくとそらムリですよね。。。

TV前で「仕方ナイ」を言い聞かしながら呆然と画面を眺めておりましたが、その後のBS解説の宮本慎也氏のコメントが印象的でしたね。 非常にコトバを選びながら、ワタシなりに要約すると『岡田ほどの守備力の高い選手がトライしてキャッチ出来なかったことは仕方がない。ただ、ただですよ。岡田自身の表情から一瞬「仕方ない」ってモノが見えたのは残念。仕方なくても「なぜ獲れなかったんだ」という口惜しさが出る前に「仕方ない」が先に来たのは残念ですね』って解説。

確かにおっしゃる通りなんだと思います。ワタシも岡田と同じ想いで見てました。 「岡田があっこまでギャンブルで突っ込んで獲れないものは仕方ない」って。 しかしこれではダメなんですよね。でも今でも「仕方ない」と思っているのが【弱者のメンタリティ】なんだと思います。

そして今のチーム状況から【一瞬の誤差】が思わしくない方向に向いてしまうもの現状を表していると感じております。

この試合先発のドラ1佐々木千隼。ピッチングは良かったと思います。高めに抜けないのがイイですね。 その反面、やはり投手としてはまだ【粗削り】な部分も垣間見える登板でもあったと見ます。 それはランナー出塁させてからのセットポジション。投げることに対しては問題なさそうですが、牽制だとかクイックだとかはまだまだこれからですね。 ギータ選手の盗塁成功は盗塁のプロセスにおける総合的な結果がセーフであっただけで置いときますが、本多選手に許した盗塁はワタシ目線では正直ひどい許し方でした。 投手と走者の駆け引きが完全に『草野球レベル』の実力差を感じずにはいられない本多選手のスタート。 完全に千隼の警戒切れてるというかなんというか、ものの見事な本多選手の【余裕シャクシャク】の盗塁スタート。 これは・・・ナンかワタシが草野球でピッチャーしてる際に、野球未経験者のワタシ投手が野球経験豊富な方がランナーでいる際にカンタンにやられる盗塁と同じニホイのする盗塁でありました。 偉そうにこんなコト書いてますが『牽制』って難しいのは百も承知しております。しかし投手は打者と勝負するだけではダメなんです。 しかし千隼の「修正力ってか【対応力】は高いな」の感じたのはこの直後から。 このヘンを補うためにセットの時間を延ばすことで相手がスタートを切り難くします。 しかし投げ急がずに落ち着いたマウンド捌きは【大人】な雰囲気を感じました。

率直な感想ですが、都立高⇒桜美林大学と進み、大学で開花した素材。 投球で加速的に成長した分、投げる以外の部分での積み上げがまだまだなのかと。。。 こーゆー投げる以外の部分はこれからプロで磨いていく部分。総合的に判断して、まだまだ『伸びしろ』の沢山ある素材なんやなぁ~と判断するので、チームは上手に伸ばしていってやって欲しいと思います。

ただなぁ~英二コーチはどうか知りませんが、雅ヤンは『幕張の防波堤』ゆわれたけど、昔の抑え投手。 ランナー無視で打者オンリーでピッチングしてたんで牽制指導は期待できへん。 牽制指導やったらファームの晋呉コーチやな。晋呉はフツーの球種しかなかったけど、シュートと牽制で活躍した投手。 晋呉コーチ、よろしくお願いいたします。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マリーンズ’17
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

こう言う試合を勝ちたい【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

ビシエドはもうちょっと見てみますか【NEXTドラゴンズ】

魔法は解けた、成長無ければ勝利なし【今日も今日とて】

負のサイクル【鴎道を行く!】

千隼も見殺し・・連続完封負け【モヤモヤ、まり~んず。】

緊急事態だ! リック・バンデンハークの弱点を探せ! 【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

《マリーンズ》夜間練習の前に・・・【南大阪に吹くマリンの風】

4/19対ソフトバンク戦(ZOZOマリン)&意外な完封負け。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:2965
  • 累計のページビュー:4269824

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  8. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  9. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss