南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》とりあえず1勝。勝ち点3ゲット

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1 第4節 @キンチョウスタジアム セレッソ大阪 1 - 0 サガン鳥栖

ミッドウィークのルヴァンCで今季公式戦初勝利のセレッソ。 ゆーてもメンバー総入れ替えで挑んだ1戦だったんで、この試合に繋ぐどうこうは考え難い1戦でありましたが、見事とは言い難いですが、まず1勝取れたことは前向きに考えるとします。

スタメンは前節と同じ布陣。山村とヨニッチはルヴァンでも途中出場してたのでこの2人は中2日での出場です。

まず試合開始早々にヤマが左太腿を痛めいきなりの「バツ」 この日のSABメンにDFはゆーすけ1枚。いきなりの試練発動でどーすんか・・・と不安でしたが、スクランブル出場の木本。 このヒトはルヴァンはスタメンで山村と交代するまで出場してた選手。山村・ヨニッチより遥かに長い時間プレイしており、大丈夫かと心配でしたが、見事に山下達也の代役をこなし、不安材料であったCBのバックアップのメドがついたこと、この試合の大収穫であったかと思います。 MOMは木本であっても良かったかな?とも考えております。

正真正銘のMOMは山村。堅実なプレーを繰り返し、今季を象徴するような「セットプレー」からの流れの得点。 カタチとしては、先日のルヴァンでの1得点目と同じようなカタチ。この時に得点したのは木本ですが、木本にパス流したモニさんの役割をこの試合は木本が行い、決めたのは山村って感じでしたね。 これ以外のトコロでも、山村が前線でボールキープ出来ることで攻撃のリズムが出来ておりましたね。 前節はまだシックリ来て無かったですが、この試合では山村が前でキープすることで両サイドのキヨ・曜一朗がイイ感じで攻撃展開出来ていた気がします。

リズムは試合を重ね、徐々に良くというか見れる様にはなっておりますが、まだまだなのもまた事実。 初勝利した試合ではあるモノの実際のトコロで鳥栖さんが最後のトコでフカしたりミスの連続で、最後の最後のシーンなんかでも、この試合の鳥栖さんが1点でも獲っていれば確実に枠飛ばされて負けていた試合ではないかと見ております。

攻撃陣は山村がリズムを作り、キヨ・曜一朗が活発に攻撃参加しておりましたが、変わりにといってはアレですが健勇が全く消えておりましたね。 後半からはベンチから『サイドな流れろ』と指示あった様ですが、その動きも出来ていた様には思えませんでした。 それと曜一朗ですね。後半は前半に比べるとペナルティエリアに入ろうとする動きも見え出しましたが、基本はマルとの連携で奪われてカウンターを警戒し過ぎてか?仕掛けが遅い印象を強く受けました。 それと『さすがJ1』と言うべきか?曜一朗ほとんどキメのトコで右足使っていない。使わして貰えないかな? 右足使わせないようにディフェンスされている様な気がしております。

WC予選のカンケーで1週開きますけど、どーでしょうか?山村がTOP下でプレイ可能なメド立ったんで、健勇と曜一朗のポジションは変えた方がイイですよね? この4節観戦して感じるのですが、健勇はTOPとしての資質がまだ足りない様に思うし、曜一朗もサイドでは【繋ぎ】に徹するので『恐怖の右足』で相手にプレッシャーかけれてないんですよね?

この試合も結構ゴール前まで迫るシーンはありましたが【最後のカタチ】のイメージが見つからず、結局シュート撃てずにズルズル下がるしかないシーンが散見されました。 これってワタシは『健勇と曜一朗の現ポジション』も因子かと考えております。 尹監督どーでしょうか?監督の志す【スタイルの構築】も解りますが、『今居る選手のベストは?』ってトコ。 それ考えると・・・ 中央の高い位置で相手のウラ取る動きを得意とする曜一朗がサイド。 相手にカラダ当てられるとカリカリする健勇をTOP。 ってのはミスマッチな気がするのですがねぇ~。 今はセットプレーとその流れでの得点のみなので、そろそろ攻撃の流れからの得点が観たいです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Jリーグ的指揮官同士によるJリーグ的好ゲーム〜長崎vs金沢(3月18日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

J最強のアタッカーコンビ誕生か~ウタカと大久保~【ダブルボギーの憂鬱】

ナカユビ【しみずにっき】

【第4節】 vsサガン鳥栖~ピッチの王様「山村」。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》両チームのスタメン総入れ替えの試合観戦(後半から)【南大阪に吹くマリンの風】

《セレッソ》まだまだ難しい試合が続きそうですね【南大阪に吹くマリンの風】

【第3節】 vs北海道コンサドーレ札幌~攻めの形が見当たらない。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》J1未勝利の危機感ってよりも。。。【南大阪に吹くマリンの風】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:6581
  • 累計のページビュー:4309002

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  8. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  9. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss