EXCITING TIGERS & HORSE RACING

阪神タイガースに週末の中央競馬

shibanokinako44

阪神タイガースの戦いぶりと週末の中央競馬の感想や予想を書かせて頂きます。 以前に「阪神タイガースに阪神競馬」でお世話になったものです(笑)。 個人的な不具合で新たに登録させて頂きました。 どうぞ宜しくお願い致しま もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:912644
  • (12月11日現在)

最新の記事

第69回 阪神JF & 第10回 カペラS 予想

「第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ」 オルフェーヴル産駒の2頭が人気を分け合う形は想定内。 ただ片方は休み明け・・・ もう片方は初めての右回りと言う事で、2歳牝馬のレースですから「過信」は禁物。 狙いは個人的には抽選を突破すれば、面白いと思っていた「ラテュロス」を狙う。 小柄な牝馬ですが、自在性に付け加えレースセンスもありますし阪神外回りコースなら、 ディープインパクト産駒を素直に評......続きを読む»

第18回 チャンピオンズカップ 予想

「第18回 チャンピオンズカップ」 毎年、JRAに所属するダートの一線級が集結する昔で言うジャパンカップダート・・・ ただ海外の強豪がここ何年間も遠征して来ないのは、寂しい限り・・・ 正直、何回も言いますが中京の1800m戦と言う事で「紛れ」が生じますので、 個人的には紛れの少ないその「能力」が素直に証明される、 広々とした府中の2100m戦にまた戻してほしい思いがある・・・ いずれにせ......続きを読む»

第37回 ジャパンCの感想&第18回 チャンピオンズCの展望

晩秋の空の下、上位3頭が4着馬の◎印「マカヒキ」につけた着差は4馬身・・・ これをどう見るのか?は、個々の判断次第だと思いますが、 個人的にはその距離適性やコース適性が明白に映し出された感のある結果。 ただ今回の「第37回 ジャパンカップ」は上位3頭の「能力」が、 結果的には抜けていた・・・そうとも言える決定的な「着差」か? 勝ち馬は「京都大賞典」3着から見事に巻き返した〇印「シュヴァルグ......続きを読む»

第37回 ジャパンカップ & 第62回 京阪杯 予想

秋の東京・京都開催も最終日・・・ 今日はGⅢの「京阪杯」が最終レースに組み込まれ、 ある意味、一区切りと言う意味で秋競馬のフィナーレを迎える。 まずは東京競馬場での大一番「第37回 ジャパンカップ」 予想通り「キタサンブラック」「レイデオロ」「サトノクラウン」と、 3強?の扱いになっているこの現状・・・ ただこの3強達を素直に狙えない前走での激走や、その異例なローテ・・・ そう言う意味......続きを読む»

第34回 マイルCSの感想 & 第37回 ジャパンカップの展望

まずはミルコに脱帽・・・恐れ入りました。 「第34回 マイルCS」は「アグネスデジタル」以来、17年ぶりに3歳馬の勝利・・・ 道中、焦らずゆっくり構えて、後方2番手から追走・・・ そして最後の直線、ミルコの凄いところは18番ゲートと言う事で、 外差しをイメージするが、あえて馬群の中に入れて馬場の真ん中、 馬の力を信じその「能力」を発揮させた所・・・ 京都の外回りコースは4コーナーでバラけ......続きを読む»

第34回 マイルチャンピオンシップ 予想

秋の京都開催もあと2週。 個人的な印象としては雨に泣かされ、例年通り時計の出るパンパンの良馬場とは行かず、 時計勝負の競馬とはならなかった。 そんな中、今日は「第34回 マイルチャンピオンシップ」が行われます。 秋のマイル王決定戦とは言われますが、 真のマイル王決定戦と言う意味では、個人的には58kを背負わされる府中のマイル戦・・・ 春の「安田記念」の方がレースレベルが高い・・・?とは思......続きを読む»

第42回 エリザベス女王杯の感想 & 今週の重賞展望

現役牝馬、最高のメンバーで行われた今回の「第42回 エリザベス女王杯」 勝ち馬は3歳馬の△印「モズカッチャン」・・・ 勝ちタイムは2.14.3秒と良馬場発表とは言え、標準タイムから言えば2秒ほど遅い決着。 そう言う意味で結果的には先行した馬や好位置にいた馬達が上手にレースを進め、 そつなく競馬をした「組」の勝利・・・ 個人的にはもう少し流れて、差し馬向きの展開になる?と思っていましたから、......続きを読む»

第42回 「エリザベス女王杯」 予想

希にない10月の天候不良により、今年の京都は例年以上馬場が荒れている。 内目から突っ込む馬もいるが、基本そう言う意味では外差しが決まりやすい現状だ。 今年の「第42回 エリザベス女王杯」は各世代の好メンバー集い、 非常に迫力のあるレースが予想される。 そんな中、今年の3歳世代をどう評価するか?は、個々の判断次第・・・ 「ソウルスターリング」のこの秋の走りを見て判断される方もいますが、 個......続きを読む»

先週の重賞感想 & 第42回エリザベス女王杯 展望

「第55回 アルゼンチン共和国杯」 ダービー2着の「スワーヴリチャード」が、結果的には貫禄勝ち?といった所・・・ ただ個人的には今回のメンバーを考慮した場合、 実績最上位「アルバート」は過酷な「斤量」に泣かされた感があり、 正直、その他の馬たちは「高齢馬」揃いで相手関係にも恵まれた感もある。 そう言う意味でも個人的にはこのレースの狙いは4歳馬がいないのなら、 「5歳馬」と決めつけた上、負......続きを読む»

第55回 アルゼンチン共和国杯 & 第8回 みやこS 予想

変則3日間開催の最終日、秋の「GⅠ」シリーズも一休み・・・ 東西で重賞競争が2鞍行われます。 まずは東の「アルゼンチン共和国杯」 東京2500m「芝」コースで行われるハンデのGⅡ戦。 一見、メンバーを見渡すとこのレースでいい結果をもたらしている4歳馬の存在がない。 そう言う意味でも若い3歳馬が押し出されているような、単勝オッズ・・・? ただ間違いなく今回のメンバーなら「アルバート」が一枚......続きを読む»

第156回 天皇賞(秋)感想 & JCでの狙い馬

先週の「菊花賞」同様、田んぼ状態での戦いになった「第156回 天皇賞 秋」 正直、今週もここまで馬場が悪化するとは思わなかったし、 本当に珍しく場所は違えど2週連続「GⅠ」での極悪馬場。 勝ちタイムは当然、2分8秒3・・・ 平均タイムより8秒~9秒も遅い・・・ いや通常の「GⅠ」タイム、高速馬場だったら10秒をも遅い決着。 そんな中、馬場の真ん中・・・ 水しぶきをあげて堂々と勝ち上がっ......続きを読む»

第156回 秋の天皇賞 予想

第156回 秋の天皇賞 またしても週末の「雨」「雨」「雨」・・・ これで「スプリンターズS」を除けばこの秋の「GⅠシリーズ」・・・ 3週連続、道悪競馬。 個人的には「GⅠ」レースですから、スピード決着で魅せられる・・・その欲望。 そう言う意味でもこの現状には不満だらけ。 ただお天道様には太刀打ちできませんから「仕方がない」と、自分に言い聞かす・・・ と言う事で、気持ちを切り替え予想致し......続きを読む»

第78回菊花賞の感想&第156回天皇賞 秋

第78回「菊花賞」 なんと勝ちタイムが史上最低ワースト5位の3.18.9秒・・・ 勝ち馬の上がり3ハロンタイムが39.6秒・・・ 極悪不良馬場で行われた今年の「第78回菊花賞」 こんな田んぼ状態の中、勝ち上がったのは「飛びが大きいフットワーク」に、 惑わされた感のある上り馬の1番人気「キセキ」・・・ 個人的にはこの馬があの馬場状態の中、外から差してきた事にビックリ、目を疑った。 当然、......続きを読む»

負けてはならぬ「大者」の貫禄を魅せよ!

広島東洋カープファンの皆様、初めまして・・・ 「セ・リーグ」ファーストステージで敗退した阪神ファンです。 その阪神ファンが、他球団に対して図々しく「意見」を述べる事に関してお許し下さい。 素直に思った事・・・ 今季もあれだけ強かったカープがこのCSでの戦いぶりには正直、目を疑った・・・ いつもの「カープらしい」戦いにはなっていない・・・ 「菊池」「丸」「松山」選手の不振も重なってか? ......続きを読む»

第78回 菊花賞 予想

例年この時期、秋晴れに見舞われ「競馬日和」になるのが本来の姿・・・ ただ今年に関しては、先週の「秋華賞」同様今年の「菊花賞」も 「道悪競馬」になるのは免れない。 そうでなくても、今年のメンバーを見渡す限り重賞勝ち馬が3頭しかいないこの事実。 その重賞ホースとやらもコンディションのいい馬場なら距離適性うんぬんより 「自力勝負」も考えられる。 ただ今日の馬場状態で淀の3000mと言う距離を克......続きを読む»

「前代未聞」泥んこゲーム、こんなの「プロ野球」ではない!

阪神VSDenaクライマックスファーストステージ第2戦・・・ 午前中から雨が降りしきる。 本来ならクライマックス期間中、晴天が続く爽やかな時期・・・ ただ今年に関しては無常にも秋雨前線が停滞する。 舞台は屋外球場に尚且つ、土のグラウンド聖地甲子園・・・ 試合開始が1時間ほど遅れ午後3時・・・ ただ雨は止む気配が全くない中、グラウンドには水が浮いている・・・ そんな中、プレイボールがかけ......続きを読む»

第22回 秋華賞 予想

あの「ファビュラスラフイン」が勝った年からもう22年目を迎える今回の「秋華賞」・・・ その時、断然人気だった「エアグルーヴ」が競争中、アクシデントに・・・ そう言う意味でも、このレースは個人的に思うに「波乱度」満載のレース? そのイメージが強い。 人気戦で収まった年もありますが、本当に数少ない。 京都内回りの2000mで先行優位なコース設定ではありますが、 なんせ「GⅠ」ですから、各馬の......続きを読む»

第52回 京都大賞典 予想

3日間開催の最終日、本日は京都競馬場で「京都大賞典」が行われます。 昨日行われた「毎日王冠」と比べたら、GⅠ馬が不在で少し小粒な印象・・・ その「毎日王冠」で断然1番人気に支持された「ソウルスターリング」 結果は8着惨敗と、馬群に沈みました。 素直に思った事は、やはりいくら「能力」があっても3歳牝馬がこの時期に、 ましてや秋初戦、一戦級牡馬の古馬といきなりお手合せする事など、 「無謀」な......続きを読む»

第68回 毎日王冠 予想

収穫の秋・・・ 各地で秋祭りも行われ、そして秋の東京・京都開催が開幕致しました。 これからが本格的な秋本番に秋競馬・・・ その「収穫」と言う意味でも、気合を入れて予想して参ります。 東京11Rは「毎日王冠」グレードⅡ 頭数は少ないと言うものの「GⅠ」馬が5頭といいメンバーが集まりました。 ただ本来、秋の3歳牝馬路線と言う事を考えると、 「ローズS」から「秋華賞」と言う定番なローテが本来......続きを読む»

今季も大詰・・・2017年 阪神タイガースの「感想」

2017年のタイガース、まだ残り2試合残してはいますが、 セ・リーグの順位も決まった今、今年の戦いぶりを少し振り返りたいと思います。 現在141試合を消化、76勝61敗4分貯金が15・・・ 勝率555、失点526、本塁打110、打率249、防御率3.32、盗塁69・・・ 最終順位は「2位」 この結果をどう思うか?評価は「賛否両論」・・・ ただ個人的には「想定外」の戦いぶりだった事は、ある......続きを読む»

第51回 スプリンターズS 予想

絶対王者「ロードカナロア」と言う馬がターフを去って依頼、 「混沌」としている、ここ最近の短距離路線・・・ 一昨年の「高松宮記念」の覇者は香港馬の「エアロヴェロシティ」 その年「スプリンターズS」の覇者は「ストレイトガール」 この「ストレイトガール」もターフを去った・・・ それ以来、去年の「高松宮記念」は「ビッグアーサー」 秋の「スプリンターズS」は「レッドファルクス」・・・ そして今年......続きを読む»

第65回 神戸新聞杯 & 第63回 オールカマー 予想

朝晩が随分と秋らしくなって来たここ数日。 中央競馬も、その日を追って秋競馬本番!と言った所・・・ それを証拠に、本日は東西で「GⅡ」鞍が行われます。 共に「本番」を見据えたレースなだけに、自然と興味は深まる。 阪神11Rは「神戸新聞杯」 3歳クラシックの最終戦を見据えた戦いでありトライアル戦・・・ ダービー馬「レイデオロ」が出走して来ます。 毎年このレースはダービー上位馬がここから始動......続きを読む»

今日の広島戦「短期決戦仕様」で戦え!

パ・リーグは「ソフトバンク」がリーグ優勝・・・ セ・リーグは本日「広島東洋カープ」が2年連続リーグ制覇をしようとしている。 現状のマジックは「1」・・・ もう、この「現実」から逃れられない「阪神タイガース」 「安藤」「狩野」選手と言う両ベテラン選手が引退する中、少し寂しい限りのシーズン終盤戦。 ただ本当に我々野球ファンは「クライマックス制度」が導入され、 10月半ばまでは楽しめる・・・ ......続きを読む»

第71回 朝日杯セントライト記念 予想

まずは昨日の「ローズS」の感想を少し・・・ 意外な事に想定外の「良馬場」発表には驚いた。 台風接近で馬場が悪化した上での◎印「ファンディーナ」 その「ファンディーナ」が直線いつものように弾けず、馬群に飲まれていった・・・ プラス22Kの馬体が影響?とも言われてはいますが、個人的にはそれはほとんどが成長分。 やはり半年ほどの休み明けの分、馬がその気にはなれなかったと言う事・・・ それは春の......続きを読む»

第35回 ローズS 予想

台風18号の接近により本日の「阪神開催」は中止になります? と言うJRAからのメツセージも覚悟していた今日の日曜日・・・ ただ、朝から雨が一滴も降らない関西地方・・・ 従って、通常どうり「中央競馬」が行われるようです。 さて、その阪神競馬場では今年で35回目を迎える「ローズS」 本番さながらの豪華メンバー・・・ ここへ先週「紫苑S」で勝った「ディアドラ」が加入すれば、 本当に本番そのも......続きを読む»

この時期に「見た」!魅せてくれた去年までに無かった物を!

まず、2軍監督の「掛布」さんが今季限りで「退任」されると言う事で、 メディアは騒いでいますが、個人的には球団の方針・希望もあっての事・・・ それはそれで仕方がない。 正直「掛布監督」になり連日「鳴尾浜」へは大勢のファンが駆け付け、大賑わい。 ただ「監督目当」てだけでかけつけたファンも確かに多く見られた。 球団側から言わせてもらうと、いくら「2軍の試合」で観客が増えても やらしい話だが、お......続きを読む»

第31回 セントウルS & 第62回 京成杯AH 予想

夏競馬も終わり今週から阪神・中山と秋競馬? 毎年のこと「秋競馬」と言われてもピンと来ないこの時期・・・ やはり「夏競馬」の延長と考えた方がいい・・・ まずは阪神11R「セントウルS」 「サクラバクシンオー」や「タイキシャトル」 「ビリーヴ」「ロードカナロア」と言った大者がターフを去って依頼、 この短距離界は悲壮感漂っている。 「ビッグアーサー」や「レッドファルクス」「セイウンコウセイ」......続きを読む»

今週の戦いぶりでチームの「成長度」が伺える?

「ヤクルト」「中日」との6連戦は5勝1敗・・・ 欲を言えば6戦全勝と行きたかったが、最後の試合で詰の甘さがでたのか? ただ相手関係から絶対落とせない試合、プレッシャーの中・・・ 4つの貯金が上乗せ出来たことは素直に評価したい。 昨夜、急遽タイガースへ入団、そして先発した「メンドーサ」投手・・・ さすがに初回は「緊張」した模様でもトータル的には4失点・・・ ただ昨日は味方の痛恨の失策も重な......続きを読む»

第53回 新潟記念 & 第32回 小倉2歳S 予想

夏競馬も大詰め・・・ フィナーレを飾るのは今年で53回目を迎える「新潟記念」 新潟外回りの2000m戦。 ただハンデ戦と言う事もあり一筋縄ではいかない・・・ ペース次第では逃げ切りあり・・・ 追い込みあり、と毎年難解なレースではある。 人気的にデムーロ騎手騎乗の「アストラエンブレム」などが上位を伺うが、 個人的にはこの馬のベスト距離は1600m~1800mまで・・・ 今回はひとハロン......続きを読む»

タイガース・・・これからが、それこそ 「今季の集大成」

「死のロード」?と言われる毎年の「恒例」夏の長期ドーロを16勝10敗1分・・・ 貯金を「6」をもして終わった今季のタイガース。 個人的には「良く戦った」と素直に認めています。 中でも若手選手の活躍が目立っていたこの長期ロード・・・ 「中谷」「大山」選手と言ったこれからタイガースを背負って行くこの2人。 特に「中谷」選手の効果的なHRやタイムリーが目立っていた・・・ ただここ一番!での打席......続きを読む»

1

このブログの記事ランキング

  1. 第156回 天皇賞(秋)感想 & JCでの狙い馬
  2. 第37回 ジャパンCの感想&第18回 チャンピオンズCの展望
  3. 先週の重賞&第58回 宝塚記念
  4. 第34回 マイルCSの感想 & 第37回 ジャパンカップの展望
  5. 第78回菊花賞の感想&第156回天皇賞 秋
  6. 第34回 マイルチャンピオンシップ 予想
  7. 第156回 秋の天皇賞 予想
  8. 先週の重賞感想 & 第42回エリザベス女王杯 展望
  9. 第42回 エリザベス女王杯の感想 & 今週の重賞展望
  10. 第65回 神戸新聞杯 & 第63回 オールカマー 予想

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss