カープニッキ。

プレミア12は成功だったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年初めて開催されたプレミア12

 ホスト国の日本は3位という結果に終わり、本来期待されていた優勝はなりませんでした。

 果たして今回のプレミア12は成功と言えたのか、そしてどんな課題が残ったのか考えてみます。




 まず個人的な見解からすれば、「トータルとしては成功」だと考えます。


 最大の理由は視聴率です。  今回の日本戦は3位決定戦を除き、軒並み平均が20%を超えるという状態で推移しています。


 昨今、日本のみならず、米国においても野球の視聴率が落ちています。

 シーズン中の試合はほぼ地上波で放送されませんし、オールスター・日本シリーズの視聴率も10~15%という状態です。  BS・CS放送で見ている人が増えたという要因はあるでしょうが、それにしても昨今のこの数字が、そのままコンテンツとしての野球の価値を下げていたことは否めません。  今回のプレミア12の成功は、日本におけるコンテンツとしての野球の復権に貢献したのは間違いないでしょう。


 そして地上波でこれだけの視聴率を出したことは、普段そこまで興味を持っていない人達も見たことを意味しており、ファン層を広げるという意味でも非常に大事なことです。  そもそも野球に興味がなければCS放送だって契約しないですし、チャンネルを合わせることもないでしょう。  日本シリーズやオールスターゲームでも無理だったことを成し遂げた事実は決して見逃せません。


 また野球としての内容に目を移してみましょう。

 今回のプレミア12で久々に野球を見た人にとっては、大半が知らない選手で驚かれたのではないかと思います。

 それもそのはず、2013WBCメンバーの中で、今回も選ばれている選手は6名しかいないからです。  ここ数年、日本の野球界は大谷選手を筆頭に次々と新星が誕生しており、球界を代表する選手も新陳代謝が一気に進みました。

 初めての国際大会という選手も多かった中で、その若手が十分に躍動した大会になったと思います。  大半の選手はまだまだ実力が伸びて行くでしょうし、2017WBCに向けて、悪くない内容だったと評価してよいでしょう。



 ここから残された課題について考えてみます。

 まず気にしてほしいのは、ダルビッシュ選手や上原選手が指摘した、選手の体調の問題です。

 今まで日本と米国の野球界は国際試合にほぼ積極的でなかったので、毎年の国際大会に派遣されていたのは1軍にもあまり出れていないような若手選手ばかりでした。

 しかしここ数年、野球日本代表の常設化に伴い、1軍でフルシーズン活躍した看板選手たちが代表として選ばれ、本来ならシーズンに向けてコンディションを整えるための秋・春のキャンプの時期に試合を行っているわけです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球~戦力分析
タグ:
プロ野球
プレミア12

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメントありがとうございます

>clione さん

 せめてその選手の今シーズンの成績くらいは紹介してほしかったですね。
 今回はほとんど情報が無かったですし。

 ただJSPORTの放送では、AKI猪瀬氏などの海外事情通を実況席に呼んでいたので、大体のその他の国の代表選手に対して、詳しい解説をしていました。


 しかし地上波は正直難しいかなと思います。
 そもそも野球を普段は見ない層に向けた放送ですと、そこまで突っ込んだ解説が必要とされていない可能性が高く、需要に合わない解説が必要なのかは微妙です。

 悲しいことですが、現実としてそんな状態なのではないかと・・・。
 別にこの態度は野球に限らず、サッカーの代表戦でも共通してある問題だと思います。
 大半の日本人は”スポーツ”を見ているのではなく、”日本代表戦”を見にきているというか。

 本当に”野球を見たい”というファンが増えてこないと、そのような突っ込んだ解説が提供されることは少ないので、もっと”野球ファン”を増やしていくしかないんじゃないでしょうか。


 またもう一つの要素として、今回のプレミア12は、日本・韓国・キューバ・台湾以外の国は、目玉選手がMLBの非協力によって出ておりません。

 そしてキューバと台湾は、日本と対戦する前に敗退してしまったわけで・・・
 他の国は本当に注目選手と言える選手がいるかも怪しかったので、難しい部分もあったと思います。

 ちなみにメキシコ代表は、本当に急造チームだったので、件のAKI氏すら知らない選手がゴロゴロいたみたいです(笑)
 実は両手投げの投手とかもいたんですよね。そのシーンは惜しくも見れませんでしたが。

プレミア12は成功だったのか?

大会の問題点の一つに日本のメディア、ファンの日本代表以外の試合はどうでもいいというような部分をわたしは感じました
折角の国際試合ですから他の国の注目選手などをもっとメディアが伝えてくれれば良かったです
日本代表だけ盛り上がれば良いよで運営してるような感が否めなかったのでここも改善して欲しいところですね
他国の凄さも伝えて他国同士の試合をファンが楽しめるようになれば野球の将来は明るそうです

こんな記事も読みたい

来年の開幕投手は誰になるのか【きたへふ おおの かわくち つた゛】

「ズムスタ王」は誰だ!?本拠地好成績ランキング②投手編【広島鯉太郎】

残念な3位に終わったサムライジャパン 筒香よ・・・ そして小久保監督はそれでも続けるべきかなと【FOOTBALL&BASEBALL独り言】

後れ馳せながらプレミア12韓国戦【読む野球】

残念な台湾での姿。侍戦士のこと。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

プレミア12とマエケンのポスティング【カープについて書いてみようと思いまして】

カープ●堂林に期待した過去と野間に期待する未来【3番ライト・ライトル】

「ズムスタ王」は誰だ!?本拠地好成績ランキング①野手編【広島鯉太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconshanghaitei

生まれは横浜、育ちは東京、それでも心はカープファン!

緒方孝市 選手に憧れてカープファンになりました。
おかげでカープの黄金期を全く知りません。
カープ黄金期の再来を夢見て、今日も応援するぞ~!

2016年より、静岡の地からカープを応援中。
セリーグ連覇でついに黄金期到来か!?
いや、大事なのは3年以上続けることでしょう。
  • 昨日のページビュー:140
  • 累計のページビュー:3533478

(12月04日現在)

関連サイト:twitter@Shanghai3104

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017カープドラフトを考える ~補強ポイントとドラフト候補の紹介~
  2. 2016カープ戦力考察 と セリーグ他球団の考察
  3. 2015カープの補強ポイントを考える&ドラフト考察
  4. 広島、バルディリスを獲得調査へ!他 Carp Update vol.8
  5. カープ2017ドラフト結果を考える
  6. カープ2014人事まとめ①
  7. ロサリオ契約解除へ ~カープ2015人事まとめ③
  8. ~ドラフト指名順位とポジションの関連性~ ドラフトで如何に補強すべきか
  9. 菊池がセカンドを守る理由
  10. 2016年、捕手像に変革はあるか? & カープの捕手争いを考察

月別アーカイブ

2017
10
09
07
2016
10
09
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
2014
12
11
10
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
04
03
02
01
2012
11
10
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss