なでしこリーグが地上波放送されるまで

ゾーンディフェンス

2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)

雨の中、なでしこJAPANとしては、約3ヶ月ぶりの試合で、ゲームを支配し、完封勝ち。 結果を見れば、満足な試合だった。 得点 69分 (右30m)中里→櫨(スルーパス)中島(~シュート)GK(ブロック)中島(右ポスト前5mシュート) 93分+ (中央右50mバックパス) ベルナウアー(届かず30m)田中(~右30°7mシュート) →:普通のパス ~:ドリブル その他惜しかった......続きを読む»

2-88 コーナーキックの事情 なでしこリーグ マイナビ 0-4 I神戸

I神戸は4点を奪って完封。圧勝でした。 岩渕選手も帰国後初出場で元気な姿を見せてくれました。 19分(YouTube 35:50~) (左CK)I中島(ファーポスト)I高瀬(1mシュート) 40分(YouTube 56:27~) (センターC左)I伊藤(逆サイド展開)I高瀬→I杉田(20m右45°シュート) 42分(YouTube 56:27~) (自陣)I守屋(左サイド)I鮫島~(......続きを読む»

2-86 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ジェフL 0-1 I神戸

リーグカップを制覇し、3連勝中で6試合負け無しのジェフL。 フクダ電子アリーナに観客が2052人(今シーズンこれまで平均833人)集まった。 勝てば観客は入るのでしょうね。 しかし、4試合勝ちが無いI神戸の、鮫島-高瀬選手の両サイドバックの攻撃に屈しました。 64分(YouTube 1:28:54~) I伊藤(自陣中央ロングフィード)I鮫島(サイドライン仕掛け・引返し・クロス)     ......続きを読む»

2-79 コーナーキックの事情 国際親善試合 ブラジル代表 1-1 なでしこJAPAN(Tournament of Nations 第1戦)

先制したものの、沢山有ったチャンスを決めきれず、88分に同点弾を浴びてドロー。 ほぼ互角で、面白い試合ではあったが、勝ち切れないのが、今のなでしこの実力なのでしょう。 63分 (中央)坂口(ライン際へ展開)中島(クロス)籾木(ヘッド) 88分 (ゴール前)宇津木(クリア30m)カミーラ(ドリブルから正面20mミドル) 熊谷選手がクラブ事情、川村選手は右膝故障で長期離脱中、中村(楓)選手が直......続きを読む»

2-76 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ マイナビ 1-2 I神戸

I神戸は 50分(YouTube 1:23:47~)にPKで先制した後、 57分(YouTube 1:30:34~)にコーナーキックから北原選手にヘディングを決められ  一旦は同点に追いつかれたものの、 61分(YouTube 1:34:44~)のオウンゴールが決勝点になって勝利。 勝つには勝ったが、I神戸はマイナビの粘り強い守備に苦戦。 ボール保持は出来ても、ゴール前に迫るシーンは無かった。 ......続きを読む»

2-63 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 伊賀FC 2-3 I神戸

北(画面左)からの風が色々と影響した試合でした。 前半は伊賀FCの櫨・作間両選手のミドル、後半はI神戸杉田選手のFK、 いずれも、シュートそのものが素晴らしく、GKにチャンスはほとんど無かった。 風に押される事を想定して、多少長めでも思いきり良く打てたのだと思います。 戦略面でも、前半風上の伊賀FCは櫨選手をTOPに据え、 そこをターゲットにロングパスを当てる作戦。 風を知っている地の利を活か......続きを読む»

2-60 コーナーキックの事情 アルガルベカップ なでしこJAPAN 2-3 オランダ代表

9 Vivianne MIEDEMA選手をせっかく中村選手が一回止めたのに、 追い付いてきた鮫島選手と籾木選手との挟み込みが出来ずに抜かれて失点。 残念な終劇であった。 試合を通して、攻撃の形を上手く作れなかった。 ノルウェー戦で有効だった坂口選手からの相手ディフェンスライン裏への柔らかな球が減った。 ここを押さえられると、相手ディフェンスラインの意識を押し下げられず、 中央・サイドとも形になら......続きを読む»

2-51 コーナーキックの事情 なでしこリーグ コノミヤ 0-4 I神戸

10月23日に生放送された。 なんか今シーズンのワーストゲームだったような気がする。 前半に4点取ったI神戸は後半お腹いっぱい。 4点取るまでは、連動性よく、引いたコノミヤを攪乱できたが、その後はみんな足下に欲しがって、突破できない。サイドも前半ほどは使えず、大きなチャンスもできない。 まだ監督談話がブログにUPされていないが、規律を重んじる監督さんとしては、勝っても腹の立つ緩んだ試合で、愚痴だ......続きを読む»

2-44 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 日テレ 0-0 I神戸

8月6日の試合が録画放送されたので、観戦した。 I神戸は勝ちきれず、翌日ジェフLがコノミヤに勝ってAグループを2位通過。 I神戸は、グループ3位で敗退と言う結果になった。 シュートは日テレ9本に対し、I神戸6本。 GKセーブで見ても、武中選手に3本有ったBIGセーブも山下選手にはなく、 記録的には、日テレ有利な試合であった。 しかし、ゴール前で「あと触るだけ」、「枠に蹴れていれば、、」というシ......続きを読む»

2-19 コーナーキックの事情 皇后杯 日テレ 1-1 新潟L(PK 2-3)

前半に点を取り合った後は、両チームの守備が堅く、ゴールの臭いさえしませんでした。野球で言うなら、1-1以降は、両チームとも3塁にも進めなかった投手戦という印象でした。新潟Lは集散が速くて、エキサイトシリーズのI神戸戦(2-6:リンク) 同様何もさせなかった。そして、自陣深く侵入させても、両CBが安定し、確実に危険の芽を摘んでいました。 日テレもリーグ戦同様安定した守備力で、失点シーン以外は本当に完......続きを読む»

99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止

2015年06月に日本バスケット協会が、 「15歳までは基礎的な技術を学ばなければいけない年代なのに、ゾーンディフェンスを順守することで1対1の対応が出来なくなっている」などという理由から、 中学生までのゾーンディフェンスを禁止する方針を立て、8月に決定しました。 それについて、色々なコメントが出ています。 JBA 2015年8月12日【重要】15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進について......続きを読む»

2-9 コーナーキックの事情 カナダW杯を見直してみる①各国守備体系と統計

カナダW杯の日本の全試合を見直して、コーナーキックを分析してみました。 国民性と言いましょうか、サッカーにおける規律の浸透度と言いましょうか、 各国特徴がありますね。 例によって、統計と気の付いたことを整理してみます。 各プレーの詳細や具体的な戦略等に関しては、後続のブログに記載します。 (1)各国のコーナーキック戦略:ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの別 日本以外は守備や攻撃の機......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:76752

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss