なでしこリーグが地上波放送されるまで

ピックプレー

2-91 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ノジマ 0-1 ジェフL

I神戸-伊賀FC戦と同日web公開で両方のレポートは、正直しんどい。 コーナーキックレベルの高そうなこちらを優先しました。 両軍攻撃力不足で、なかなかチャンスを作れない中、後半開始直後のコーナーキックの得点を、 ジェフが守り切って勝利。 最後はノジマのPKをSAVEしたところで、タイムアップという、劇的な試合でした。 これで、ノジマは8位のままだが、ちふれに勝ち点で並ばれ、クビのあたりがちょっ......続きを読む»

2-89 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ノジマ 1-2 日テレ

9月10に行われた試合の動画が、ノジマステラ神奈川相模原のHPにUPされていることに今頃気付きました。 INAC-TVのように、実況解説は入っていませんが、 ゲーム4日後に得点者・交代選手など基本的な情報のスーパーインポーズを付けて編集されたモノが見られるようです。 この試合の他にも、既に2試合UPされていました。   なでしこリーグ第13節 アルビレックス新潟レディース戦 配信開始のお知らせ  ......続きを読む»

2-87 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 2-0 AC長野

AC長野は7月1日に横山久美選手が移籍。 チームの核を失って苦戦していることは、なでしこリーグHPで知ってはいたのですが、 戦略をどう見直しているのか注目してYouTube観戦しました。 しかし、攻守とも形にならず完封負け。 13分(YouTube 31:24~) (バイタル)N齊藤(トラップ大)I仲田 →I増矢(N坂本と競り:反転......続きを読む»

2-84 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ決勝 浦和L 0-1 ジェフL

8月5日に行われた準決勝I神戸vsジェフL戦のブログは割愛させていただきますが、 準決勝日テレvs浦和L戦に比べると凡戦の印象。YouTubeの視聴数でも約2/3。 勝ったジェフLはシュート2本と、耐えただけのような試合。 代表組も帰ってくるし、どうせ、決勝は浦和Lが勝つのだろうと思いながら、 決勝戦を見ていましたが、順当には行かないモノです。 92分+(YouTube 1:39:13~) (......続きを読む»

2-83 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ準決勝 日テレ 2-2 浦和(PK4-5)

遅ればせながら、8月5日に行われた表題準決勝をYouTube観戦しました。 なでしこリーグのYouTubeはLive配信されますが、 現在その映像は消去され、ハーフタイムなどをカットしたものがUPされています。 私が見たのは後者で、現状Web上にあるものです。 拮抗した良い試合だったと思います。 12分(YouTube 16:03~) (バイタル中央)柴田(スルー)石清水(カット・こぼれ......続きを読む»

2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)

アメリカ代表相手に惨敗に終わりました。 12分 櫨→(カット)ダルケンパー→オハラ(約50m)プレス~→ラピノ(~フェイク) 60分 北川(パスミス・カット)スミス~→ピュー~ 80分 (こぼれ球)ラルー(戻し)ミューズ(スルー)スミス→モーガン  →普通のパス ~ドリブル 危なかったシーンは山ほどあって、よく(3-0)で治まったと思います。 なでしこJAPANの攻撃で惜しかったのは、......続きを読む»

2-77 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 浦和L 2-1 I神戸

接戦を浦和Lが制した。 31分(YouTube 46:32~)中央を細かく繋いで突破、増矢選手がゴール 44分(YouTube 59:04~)塩越選手のロングボールを守屋選手に菅澤選手が競り勝ち               ドリブルから同点 58分(YouTube 1:30:18~)猶本選手がパス回し中の守屋選手からボールを奪い、               白木選手が決勝点。 試合を通して中盤......続きを読む»

2-74 コーナーキックの事情 国際親善試合 ベルギー代表 1-1 なでしこJAPAN

フリーキックのクリアミスを菅澤選手が拾って先制したものの、 ロングボールからの側線速攻でクロス上げられてのヘッディングで引き分け。 この試合、なでしこJAPANは、前半は市瀬選手・熊谷選手・高木選手の3バックを試した。 大柄でパワー勝負するタイプでは無く、スピード豊かなタイプのセンターバックが豊富な日本女子サッカーでは、十分有り得るシステムだと思う。 ただ、なでしこリーグの各チームはほとん......続きを読む»

2-73 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ I神戸 1-1 浦和L

福田選手の公式戦初得点と、オウンゴールで引き分け。 シュート数が6:6で少なめ。 キーパーのファインセーブなど枠内の惜しいシュートは無し。 ゴール前のシーンを期待して見ていた人には、ちょっと寂しい試合だったと思う。 私としては、この試合の注目ポイントは2つで、 安藤選手の浦和L復帰と、高瀬選手のサイダバックの2週間前の同カードとの比較。 A.安藤選手 浦和Lに復帰して、どんなプレー......続きを読む»

2-72 コーナーキックの事情 国際親善試合 オランダ代表 0-1 なでしこJAPAN

横山選手のゴールでオランダ代表に3試合ぶりに敵地での勝利! 相手を背負いながらターンし、振り切ってからの力強いミドルシュート。 ストライカーと呼ぶに相応しい得点だったと思います。 守備は完封。 山下選手のビッグセーブ(70分)や、 右SBに入った大矢選手のカバーディフェンス(85分)など、 瀬戸際でやっと凌いだプレーも有りましたが、全般的には安定していたように思います。 局面的には、アルガル......続きを読む»

2-70 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 浦和L 0-1 I神戸

試合を優位に進めていたI神戸が、最後にショートコーナーから、こぼれ球を京川選手が決め、 このところ好調だった浦和Lを下しました。 浦和Lは2TOPの菅澤選手・吉良選手を目標にし、序盤はそこから捌けていたし、こぼれ球も拾えたが、20分頃から繋がらなくなり、攻め手を無くしていた。 31分(YouTube 47:33)にスローインから菅澤選手の反転シュートを 武仲選手に弾かれた以外は、大きなチャンスは......続きを読む»

2-68 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 1-2 マイナビ

I神戸はここ4試合で勝ち点4。失速が顕著ですね。 日テレが2つ引き分けしてくれている間に、 I神戸が勝ち点を伸ばせないのはリーグにとっても良いことではありません。 この試合もYouTube(INACTVweb:リンク参照)での配信だったが、スタッフさんの苦労に報いるためにも、I神戸の奮起を期待する。 前半終了間際(YouTube1:02:31)の得点は、多くの選手・特に両サイドバックが絡んだ、......続きを読む»

2-67 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 2-0 ジェフL

I神戸は雷雨に救われた? 62分に中断するまでは、I神戸のやや優勢ではあったが、 両チームにさしたる大きなチャンスも無く膠着状態だった。 I神戸はスタートからは杉田選手を左サイドHに入れる工夫を見せた。 確かに左サイドでボールは動くようになったが、決定機を演出するには至らなかった。 再開後、杉田選手を中央に配置し、ゲームを支配しだしたが、 79分の道上選手のヘディングと、82分の大野選手が抜けだ......続きを読む»

2-66 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 新潟L 2-1 I神戸

I神戸は躓きましたね。 記録上のシュート数こそ4本ですが、アタッカー陣には、それぞれチャンスが有り、 決めなければならないシーンを逃し続け敗戦。 特に53分の高瀬選手の気の抜けたオフサイドや、 味方と被って遠慮した道上選手の54分のヘッドなど、 チャンピオンを目指すチームのプレーとは思えない。 反省会をしたら、個人レベルでの話が長くなりそうな試合でした。 対する新潟Lは、今季初勝利。 そもそも......続きを読む»

2-65 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 2-0 浦和L

両チームGKが頑張った試合になった。 I神戸の方がチャンスは多かったが、浦和Lにも惜しいシーンがあった。 その中で、I神戸がコーナーキックからの三宅選手の得点と、 中島選手のポスト直撃からのリバウンド押し込みで勝利した。 I神戸はボールを支配しながら組み立てたり、前線へフィードしたり、 なかなかバランスの良いゲーム運び。 決定機も多く作った割にしっかりシュートを打てずで、 もう3・4点入っていて......続きを読む»

2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表

横山選手の先制ミドルシュートは見事でしたし、田中南選手にもやっと得点が付いた。 さらに籾木選手のゴールが生まれ、見事な勝ちっぷりだった。 なでしこJAPANは易々と中盤を支配し、やりたい放題。 さしたるピンチも無いまま、17本もシュートを打つことが出来た。 新たに招集した選手たちにも経験させることが出来た。 と、喜ばしい事のようだが、コスタリカ代表は、はたして本気だったのか? 期待値より低い出......続きを読む»

2-62 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ちふれ 1-2 I神戸

ちふれ、案外やりますね。 開幕2連敗とは言え、日テレ・I神戸の脂っ濃い2チーム相手に、ともに1-2。 この試合では、ピッチコンディションが悪かったかも知れないが、I神戸各選手の不安定なトラップに対し、忠実にプレッシャーを掛けつづけた。 68分に同点に追いつかれるまでは、勝っちゃうんじゃ無いかと思わせる出来でした。 決してボールを支配出来たわけでも、攻撃を組み立ることが出来たわけでは無いが、 前半......続きを読む»

2-57 コーナーキックの事情 皇后杯決勝 新潟L 0-0 I神戸(PK4-5)

これで皇后杯決勝戦は4連敗。新潟Lはタイトルに手が届きませんね。 個人的には、そろそろ上尾野辺選手に新潟Lとして、タイトル取ってもらいたいです。 今年広島カープの黒田選手・新井選手が、念願のセリーグチャンピンオンを取って泣いて抱きあった姿は、贔屓チームに関係なく感動でした。二人には、取られても仕方ない、取らせてあげてよかった、と感じた方も多かったはずです。 なんか、上尾野辺選手はその域に入ってき......続きを読む»

2-56 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 ベガルタL 1-3 I神戸

選手層の差が出たゲームでした。 15分に守屋選手からの一発で道上選手に決められたが、序盤はベガルタLが制していた。 しかし、21分に市瀬選手が負傷退場し、川村選手がCBに下がったため、中盤でボールが奪えなくなり、徐々にI神戸もペースを掴み均衡状態に。 それでも84分のFKで、京川選手を吹き飛ばしながら川村選手がディングを決め、追いすがる。 しかし、延長に入って、足が止まり始めたベガルタLに対し......続きを読む»

2-55 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 日テレ 0-1 新潟L

食い合わせなのでしょうかね? 現時点で日テレを下せる可能性が一番高いのは、新潟Lの守備力なんでしょうね。 押しに押していた優勝候補大本命の日テレが、53分のワンチャンスを生かした新潟L・八坂選手のゴールに沈められてしまいました。 昨年の新潟Lは、自陣からは長目のパスを出していた印象だったが、今年は繋いで組み立てようとしていた。 しかし、特に前半は全く攻撃を作れず、ほとんど自陣での戦いになった。......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:76759

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss