なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-69 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 1-0 日テレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

失速が著しかったI神戸が難敵日テレに4年ぶりの勝利!

試合全体を見ても、I神戸の方が得点を臭わせるシーンが多く、 久々に日テレを上回った試合だったと思います。

日テレは首位でリーグ前半戦を折り返しますが、 AC長野・I神戸・マイナビが勝ち点3差で追う展開に。 浦和Lも調子良く、少しはリーグが面白くなりました。


日テレはこの試合、素早い集散や、細かく繋ぐ攻撃は流石ではあったが、 全般的には単調で、阪口選手が目立たなかった。 坂口選手から、脅威となる大きな展開も、際どい前戦へのフィードがほとんど無い。 と言うより、阪口選手の近くで多くボール奪取されなかったI神戸の作戦が効果的だったのでしょう。 攻撃の起点である杉田妃選手・中島選手を、ボランチにはなく、サイドで使って、 日テレの焦点を散らしたのがよかった様に見えました。

また、なんと言ってもこの試合は、高瀬選手がSBを無難にやり遂げたこと。 実は前の伊賀FC戦(現地で見てました)でも、伊藤選手をSBで使っていた。 しかし、ドリブルで中央に入ることが多く、逆襲を受けると危なそうに見えた。 一方高瀬選手は手数が少なく、チームとしてバランスは保ちやすかったようだった。 ただし、日テレは有吉選手が居ないこともあって、 ここを前半からスピードで攻められなかったのも事実。 次も高瀬選手のSBが行けるかと言えば疑問だと思う。 田中明選手を下げてまで、守屋選手をCBで使う理由が何なのか分からないが、 このところI神戸の布陣は、松田監督の苦心をうかがわせる。 メンバーを固定しない方針なのだろうが、毎試合大変である。

5/14伊賀FC戦              5/21日テレ戦      大野                 増矢 京川 福田 中島 高瀬             京川     田中明            中島 福田 イェスル 杉田妃 鮫島 守屋 三宅 伊藤美       鮫島 守屋 三宅 高瀬      武仲                 武仲


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく

(1)両チームのディフェンスシステム

両チーム基本は、マンツーマン中心で、2名のゾーン固定配置。 日テレがゴール前に攻撃選手を集めてきた時、I神戸はゾーン。 ゾーン固定の選手を下図に示す。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             I神戸     日テレ コーナー本数        4       4 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート  0/1     0/1 センタリング→パス    0/1      0 ルーズボール        0       0 クリアー         2/0     1/2 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
マンツーマンディフェンス
タグ:
マンツーマンディフェンス
ゾーンディフェンス
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
日テレ
I神戸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

上海ダービーは上港に軍配!3-1で申花くだす【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

一瞬の怖さ【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

INAC神戸レオネッサvs日テレ・ベレーザ なでしこリーグ2017第9節【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:72690

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  9. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss