なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-56 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 ベガルタL 1-3 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手層の差が出たゲームでした。

15分に守屋選手からの一発で道上選手に決められたが、序盤はベガルタLが制していた。 しかし、21分に市瀬選手が負傷退場し、川村選手がCBに下がったため、中盤でボールが奪えなくなり、徐々にI神戸もペースを掴み均衡状態に。 それでも84分のFKで、京川選手を吹き飛ばしながら川村選手がディングを決め、追いすがる。

しかし、延長に入って、足が止まり始めたベガルタLに対し、I神戸は後半から入った京川・増矢選手が躍動し、2点を取って勝利。京川選手は、決勝点を川村選手のマークを外して奪い、借りを返した形だった。

I神戸は勝ったと言っても、落ち着いた中盤を作れなかった。おそらく、高瀬・道上選手を両サイドに置くのは、そこで「溜め」を作る狙いからなのだろう。 しかし、キープできているわけでもないし、そこから、誰をどんな形で生かして、前線で戦いたかったのか、よく分からなかった。

また、京川選手は中盤に入っても良くやっていると思うが、中島選手との組み合わせだと、落ち着かない。二人とも流動性の高い選手なので、しばしば偏ってバランスが崩れる。 さらに、私は今のI神戸でゴール前に居るべきなのは京川選手だと思っている。「楔の治まり」は良くは無いかも知れないが、大野選手だって昔ほど躱しながら捌いている訳でも無い。今のI神戸で、動きの中でのヘディング力と、混戦の中で押し込む力は、この選手が1番のはず。

さて決勝であるが、この程度の出来だと、新潟Lの守備を崩せないと思う。 選手層が厚いI神戸は、違った布陣でスタートするだろうが、どうやるつもりなのか?見物である。

では、いつも通り、コーナーキックを分析していきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チーム、マンツー中心の2人ゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             ベガルタL   I神戸 コーナー本数        4       6 得点(1次攻撃)      1       0   ベガルタはフリーキック1本・1得点を含む。 センタリング→シュート  1/1      0 センタリング→パス     0      1/1 ルーズボール        0       1 クリアー         0/1     1/0 キーパーパンチ       0      1/0 キーパーキャッチ     1/0      0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       1

フリーになった選手    1/2     1/2    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む  0/0     2/0    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

A.ベガルタ全般

特にピックプレーや凝ったサインプレーは無かった。 と言うより、平均身長で約5cm勝っているので、そもそも必要いとの判断だったかも。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
皇后杯
ピックプレー
タグ:
クロス(ピックプレー)
ラッシュ&ピックA
皇后杯
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
I神戸
ベガルタL

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

八坂芽依【サッカー馬鹿蔵の戯言】

2-55 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 日テレ 0-1 新潟L【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

日テレ・ベレーザvsアルビレックス新潟レディース 第38回皇后杯準決勝【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:78540

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss