なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-55 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 日テレ 0-1 新潟L

このエントリーをはてなブックマークに追加

食い合わせなのでしょうかね? 現時点で日テレを下せる可能性が一番高いのは、新潟Lの守備力なんでしょうね。

押しに押していた優勝候補大本命の日テレが、53分のワンチャンスを生かした新潟L・八坂選手のゴールに沈められてしまいました。

昨年の新潟Lは、自陣からは長目のパスを出していた印象だったが、今年は繋いで組み立てようとしていた。 しかし、特に前半は全く攻撃を作れず、ほとんど自陣での戦いになった。 新潟Lはボールを奪っても、その直後にパスの出しどころが見つからなかったり、イメージが無かったりで、一息入ってしまう。日テレの選手の素早い切り替えで、局面的に数的不利な状態になって囲まれる。苦しい中で縦や横へ出せば読まれてカットされる。 しかし、GKを中心に際どく守り切った。新潟Lらしい勝利だと思う。

日テレは、失点以降空回り気味。プレスが掛からなくなって徐々に「らしさ」を失う。後半はあまり形を作れないまま敗戦した。前半何度もあった大チャンスを逃し続けたことが悔やまれる。

では、いつも通り、コーナーキックを分析していきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チーム、マンツー中心の2人ゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             日テレ     新潟L コーナー本数        8       4 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート   0      0/1 センタリング→パス    0/1     1/1 ルーズボール        0       0 クリアー         3/1     1/0 キーパーパンチ      2/0      0 キーパーキャッチ     1/0      0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       1

フリーになった選手    0/5     1/2    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む  0/0     2/0    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

A.日テレ全般

コーナーキックを8本蹴って、味方に繋がったのは1本だけ。 個人の力で守備を剥がしたケースは見られるのだが、「空けたスペース」に走り込んでいるわけでは無いので、ボールが到着するころには、密集の中。 また、風上だった前半は、7本中3本のコーナーキックを直接キーパーに処理された。 キックが風に流されてのことだった。 あまり、コーナーキックに関しては上手くないのはいつも通りであった。

B.新潟L全般

準々決勝AC長野戦では、佐山選手がニアへ走り込む際、ピックプレーを使ってニアに走り込んでいたが、この試合では1回だけ。 一方大石選手は、ニアポスト前に2人ゾーン固定配置されている日テレ選手の前に、毎回入り込んでいた。うち1回が、ラッシュ&ピックA(3-3:参照)の形になることがあった。 AC長野戦でもこの動きが見られたのだが、この守備体形に対して、効果が高かった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
皇后杯
ピックプレー
タグ:
ラッシュ&ピックA
皇后杯
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
新潟L
日テレ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日テレ・ベレーザvsアルビレックス新潟レディース 第38回皇后杯準決勝【球マニアのBLOG】

ベガルタ仙台レディースvsINAC神戸レオネッサ 第38回皇后杯準決勝【球マニアのBLOG】

現役Jリーガー・欧州組も参加! テストマッチ兼選考会【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:78540

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss