なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-51 コーナーキックの事情 なでしこリーグ コノミヤ 0-4 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月23日に生放送された。 なんか今シーズンのワーストゲームだったような気がする。

前半に4点取ったI神戸は後半お腹いっぱい。 4点取るまでは、連動性よく、引いたコノミヤを攪乱できたが、その後はみんな足下に欲しがって、突破できない。サイドも前半ほどは使えず、大きなチャンスもできない。 まだ監督談話がブログにUPされていないが、規律を重んじる監督さんとしては、勝っても腹の立つ緩んだ試合で、愚痴だらけだったろう。個の突破を多くは試みないチームなので、選手のモチベーションが低下すると、こうなっちゃうんだろうけど。

コノミヤは負けると自動降格もあり得る試合だった。24分に2点目を失った後、格上相手でも前から当たる戦いを期待したが、立て続けに3・4点目を失った。残留のためのチャレンジを見せることなく、引いた布陣のまま終了。湯郷が負けてくれたので入れ替え戦で済んで良かったのだが、見ている方はつまらない試合だった。


(1)両チームのディフェンスシステム

コノミヤは2-4-2のゾーンディフェンス。 I神戸はマンツー中心の2人ゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             コノミヤ    I神戸 コーナー本数        1       2 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート   0      2/0 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        0       0 クリアー          0       0 キーパーパンチ      0/1      0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

フリーになった選手     0      2/2    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む   0       0    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

この試合はコーナーキックは3本と少なかったし、うち2本はコノミヤがゾーンディフェンスだったこともあり、特記すべきプレーはなかった。

ただし、コノミヤのゾーンディフェンスは、褒められるものではない。

まったく人に対して反応しない。走り込んでくる道上選手相手にスタンディングジャンプで勝てる選手は居ないのに、好きに飛ばしている。 ゴールエリアの外にいる4選手は、走り込む攻撃選手に体を当てるなり、走行ラインに入るなりして、自由にさせない努力をすべきだ。ちなみにアメリカ女子代表は徹底してそれをやる。 ゴールエリア内の6人も、ボールだけではなく、ある程度は、人に対応しないと、自由なヘディングを許してしまう。どの程度相手にするかは、監督コーチの好みで変わるものの、まったくのボールオンリーと言うのはいかがなものか? 結果、シュートミスに助けられただけで、2本とも道上選手と高瀬選手にヘディングを許している。

バスケットで最高のディフェンスリバウンドは何かと問われれば、「ブロックアウトでオフェンス選手をゴールから遠いところに留め、ボールがワンバウンドしてから拾うことである。」と私は答える。決してゴール下で高く飛び、競り勝って取ることではないと考えている。 サッカーのコーナーキックの守備も同じだと思うのだが、、。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゾーンディフェンス
なでしこリーグ
タグ:
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
I神戸
コノミヤ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

<求人情報>NPO法人アミティエスポーツクラブ サッカーコーチ募集!!【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

すっかり秋ですね【走れ!!ソニー仙台FC】

ルーカス2発で和富大埔が快勝!中村祐人はフル出場【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:73623

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  7. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  8. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  9. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss