なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-49 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 2-0 湯郷ベル

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日、久々の生中継だった。

I神戸がひたすら攻め、湯郷ベルがそれを耐える試合だった。

ここ数年の間に有力な攻撃選手を抜き獲られ続け、監督が頻繁に交代し、宮間選手も休養、騒動で福元選手らも流出、さらに、試合は負け続きと非常に厳しい湯郷ベルは、この試合もシュート2本と沈黙。

特に前半はディフェンスの詰めが甘く、I神戸の選手にやりたい放題やられた。後半は多少改善され、I神戸が攻めあぐねる場面も目立ったが、それでも押し返せる程ではない。 最後の最後だけはやらせなかったのは、このチームらしい守備ではありましたが、、。 攻撃もやはり宮間選手の不在は大きいのか、スイッチが入らない。縦1本の脅威さえも感じられない。

最終戦で新潟Lから勝ち点を奪い、コノミヤがI神戸に破れれば、入れ替え戦。それ以外は自動降格と瀬戸際となった。

湯郷は周辺地域をも含めた人口の割に集客が多く、地域のサポートが厚い。それこそ宮間選手が言った「文化」が育った町だと思う。 そんな特別なチームが、なでしこリーグ1部から居なくなるのは非常に寂しいことだ。 なんとか残ってもらいたいものだ。


では、いつもの通り、この試合でのコーナーキックの詳細を見ていきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チームマンツー中心の2人ゾーン固定配置だったが、湯郷ベルがゴール前に人を集めてきたので、I神戸はゾーンディフェンスに変更した。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             I神戸     AC長野 コーナー本数       12       1 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート  1/3      0 センタリング→パス    2/0      0 ルーズボール        0       0 クリアー         4/0     1/0 キーパーパンチ      2/0      0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

フリーになった選手    3/5      0    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む  4/0      0    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

湯郷ベルは1本蹴った。 ゴール前に人を集める戦法で、特に芸の有るプレーではなかった。

I神戸は12本。うち3本、局面的には4つのピックプレーが確認できた。ただ、偶発的なものばかりで、作戦は全く感じられなかった。 ただ、76分のコーナーキックでは、面白いことが起きているので図にしておく。ちょっとカメラのフレーミングが大き過ぎで、詳細は確認しづらくあやふやなのではあるが、、。 4田中選手と16チョ選手がファーに向かい、11高瀬選手と17三宅選手がニアに向かったことでクロス(3-5:参照)が複数生じ、ディフェンスが転倒するに至っている。 ボールがもう少し長ければ、4田中選手はフリーだったろうし、さらに外側には16チョ選手もいた。惜しいプレーだった。 何度も言うが、ピックプレーを意識していなくても、ニアからファーへ向かう動きはクロスを産み、フリーになる選手が発生する可能性を持つ。広く他のチームでも見たいものである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
ピックプレー
タグ:
クロス(ピックプレー)
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
湯郷ベル
I神戸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

広州恒大は2連敗でシーズンを終えるつもりか!?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

猶本ヒストリー 2016 Vol.1 最終節まで残り5日【スポーツとともに人生を歩む】

我が家の日常【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:59999

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  7. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  8. 2-26 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-0 北朝鮮代表
  9. 2-3 コーナーキックの事情 イラン・サムライJAPAN親善試合:イランの方が工夫している。
  10. 2-25 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 6-1 ベトナム代表

月別アーカイブ

2017
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss