なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-44 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 日テレ 0-0 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月6日の試合が録画放送されたので、観戦した。 I神戸は勝ちきれず、翌日ジェフLがコノミヤに勝ってAグループを2位通過。 I神戸は、グループ3位で敗退と言う結果になった。

シュートは日テレ9本に対し、I神戸6本。 GKセーブで見ても、武中選手に3本有ったBIGセーブも山下選手にはなく、 記録的には、日テレ有利な試合であった。

しかし、ゴール前で「あと触るだけ」、「枠に蹴れていれば、、」というシーンなど、 ディフェンスを崩したのはI神戸の方が多く、 GKが肝を冷やしたシーンの数と質で言えば互角。 ゲーム全体を見れば支配したのはI神戸の方だったように思う。

日テレはこのカードで2013年から負けなしで、 昨年など押し込みまくって、負ける要素すら無かった。 しかし、この日の試合は、序盤こそ優位に進めたが、暑さのため運動量が落ちたのか、 前半40分くらいからI神戸に押し込まれる展開となった。 中盤の寄せが甘く、特に杉田・増矢選手などに前を向かれ、ドリブルで割られたり、 チョ選手にスルーパスを出されるシーンが目立った。

対するI神戸は、田中明日菜選手をアンカーに置いた4-3-3(かな?)。 崩すところまではいくのだが、ラストパスとシュートの精度を欠いた。 特にクロスボールは惨憺たるもので、サイドを抉ってもゴール前を通過するだけ。

また、3TOPの真ん中は増矢選手だったが、やはり彼女の専門はTOP下でパスを出す人。 フィニッシャー不在と言える。 高瀬選手が終盤から出てきたが、今の彼女には決定力は無く、 結局勝たなければならない試合でスコアレスドローとなった。 ただ、日テレ相手に久々にゲームを支配できたのも事実。 秋に入ってからのI神戸は期待できそうと感じた。


ところで、話は飛ぶが、 16;00キックオフで西日が強いのに、 夢の島競技場のスタンドは東側にあって、せっかくのTV中継が全くの逆光。 (もちろん観客も逆光で見にくかったはずだ。)   ・ホームの日テレベレーザとして、他の場所に設定できなかったのか?   ・BSFujiも足場を西側に建てられなかったのか? と思う。


では、いつもの通り、この試合でのコーナーキックの詳細を見ていきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

日テレは、基本マンツーマンで2人ゾーン固定配置。

I神戸は日テレが拡散配置してきたらマンツー中心の2人ゾーン固定配置。   ゴール前に人を集めてきたら、ゾーン。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             日テレ     I神戸 コーナー本数        7       1 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート   0       0 センタリング→パス    0/1      0/1 ルーズボール        0       0 クリアー         2/0      0 キーパーパンチ      1/3      0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゾーンディフェンス
なでしこリーグ
タグ:
ゾーンディフェンス
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【それぞれの道を歩む同士が】非公式MDP111【今再びぶつかり合う!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

[リオ五輪]女子サッカー準々決勝 圧倒的に攻めたブラジル、PK戦で辛くも勝つことができた!【ブラジルサッカーレポート】

北京国安の意地!敵地でも広州恒大に屈せず【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:79103

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss