なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-41 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ I神戸 1-1 日テレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月3日に行われた試合ですが、久々にI神戸は日テレ相手に試合になりましたね。

放送中2013年5月以来、得点は僅差だがI神戸に9試合勝ちが無いと解説されていましたが、 私の印象的には、2014年以降は、勝てる要素が無かったと言った方が、 しっくりするような試合内容が続いていました。 そんなことだからか、観客数2,119人とリーグ1・2のチームの一戦にしては寂しかった。

この試合も、シュート数が5:13、特に前半は0:7で、i神戸は劣勢でした。 しかし、日テレがやや有利なだけで、 得点の臭いがするシーンの数やその内容を比較すれば圧倒的な差があるわけでも無く、 自陣に押し込められ続けることも無く、 勝つための最低条件は満たしていた試合でした。

メンバー的にも、練習環境的にも、これくらいはやってもらわないと、女子サッカーの発展には繋がりません。この内容なら、次の試合はちょっと期待できそうだし、観客も呼べるのではないかと思います。

この試合、I神戸のシステムは以下の通りで、組み替えてきました。

   大野 京川 鮫島 杉田 チョ 中島 守屋 甲斐 田中 近賀     武仲

川澄選手が抜けたので、鮫島選手を前に置いて、守谷選手のお守り役をさせたのでしょう。 うまく機能していました。 中島選手や京川選手がSHで前にいると、動き回るので、守谷選手の守備の負担が増えるでしょうから、サイドラインを離れることが少ない鮫島選手の方が監督としては安心なのだと思います。

一方、日テレは、奪った後の展開にいつもほど連動性が感じられなかった。 メンバーの絶対量が足りない状況下での連戦で、高気温・高湿度にやられたのでしょうか?

しかし、植木選手はキレキレですね。楽しみな選手が出てきたものです。 どれだけディフェンスができるのかも見てみたいので、 次のI神戸で先発してもらえたら、うれしく思います。 そのためにも、点を取り続けてもらいたい。


では、いつもの通り、この試合でのコーナーキックの詳細を見ていきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

I神戸は基本マンツーマンで2人ゾーン固定配置。 ただし、日テレが49分コーナーキックにゴール前に集めてきたときだけ、2-4-2(?)のゾーン。 伊賀FC戦と同様のディフェンスシステム

日テレは基本マンツーマンで2人ゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             I神戸     日テレ コーナー本数        5       6 得点(1次攻撃)      1       0

センタリング→シュート   0      0/2 センタリング→パス    0/1      0 ルーズボール        1       0 クリアー         3/0     1/2 キーパーパンチ       0      0/1 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
タグ:
日テレ
I神戸
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-40 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ I神戸 0-1 伊賀FC【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

2016夏 summer おススメアイテム【走れ!!ソニー仙台FC】

フッキが上海に上陸!次節から出場か【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:79103

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss