なでしこリーグが地上波放送されるまで

99-2016.07.04 余談:アメリカ女子サッカーリーグ:Seattle Reign FCにおける日本人選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

まともなサッカー経験の無い私が書くのはおこがましい内容ですが、ちょっとコメントしたいと思います。

1.現地7月2日の試合結果:川澄選手が渡米いきなり2ゴール!!

NWSL(米女子サッカーリーグ)再デビューを果たしました。 合流してから4日間で、2年近く離れていたチームで先発フル出場し、Player of the Game。 ベスト11に選出された2014年の活躍で得た監督やチームメイトの信頼が大きいから、 先発できたのだし、そして、その信頼に即時に応えたのですから、「あっぱれ」です。

YouTubeにフルゲームが Seattle Reign FC vs. Boston Breakersに有りますし、 HIGH-LIGHTもSeattle Reign FC vs. Boston Breakers: Highlights - July 2, 2016に UPされています。

川澄選手の2得点は、いずれも、相手の守備が整わない状況で長目のボールを受けてドリブル後、13分の1点目はスルーパス→こぼれ球を押し込み、62分の2点目はミドルシュートと、川澄選手のスピードが生きた得点でした。

2.川澄選手活躍の期待

オリンピック期間までは、かなり活躍できると思います。 川澄選手の活躍パターンが今のSeattle Reignには揃っているからです。

⑴川澄選手の力が発揮される環境:3TOPと強力なMF陣

思い起こせばINAC神戸が圧倒的に強かった2011~13年、チ・ソヨン・澤・大野各選手が中央を支えていた。 また、2014年のSeattle Reign はレギュラーシーズンをブッちぎりで1位通過したのですが、Little(スコットランド代表)、Fishlock(ウェールズ代表)両選手が中央を支配していました。 両者ともリーグベスト11に選出され、それぞれ得点王&MVP、アシスト王に輝いています。 (2015年もリーグベスト11。ただし、NWSLでは、頻繁に米・加・豪などの代表選手が抜けるので、リーグMVPやベスト11は立派ではあるものの、ちょっとミソが付く。)

要するに、2011年~14年秋口まで、 川澄選手はセンターサークル付近を圧倒的に支配できるチームで、 4-3-3の右FWで、 手薄になったサイドのスペースを気持ちよく走り回っていた。 と私は解釈しています。

⑵2014秋以降の川澄選手の停滞:前にボールが来ない

しかし、2014年秋帰国してから、なでしこ代表やINAC神戸では、 川澄選手は4-4-2の右SHでしたが、  少し下がり気味のポジションであるし、  中央を支配できている訳で無く、  動くタイプの2TOPのため、前が詰まり、 機能しきれていなかったと私は分析しています。 結果、川澄選手は代表落ちし、INAC神戸でもスタメン落ちすることが多くなった。

ですが、この試合のように条件がそろえば、活躍できることを見せつけたのだと思います。

川澄選手の「特徴的な」、厳しい言い方すれば「限定的な」「芸域の狭い」プレイスタイルをSeattle Reign の監督・選手がよく理解していたので、合流即スタメン、即2ゴールとなったのでしょう。 特に2点目は逆サイドからの展開で、それが顕著に表れたのだと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NWSL
タグ:
Seattle Reign
NWSL

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

横山に ボコられたけど 勝ちました【真・浦和蹴球淑女団】

元ベガルタ仙台総監督・壱岐洋治監督に感謝!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

「指導者」か「教育者」か【アメリカ経由ヨーロッパ行き】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:73600

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  7. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  8. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  9. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss