なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-36 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 湯郷ベル 0-3 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

I神戸-伊賀戦と順序が逆になりましたが、5月15日の9節の放送があったので、観戦しました。

いつも思うのですが、湯郷ベルは割り切った戦い方をしますね。引いて守り、少ない手数で攻めることに徹し、「いける」と思ったら、一気に人を掛ける。 現有戦力的には厳しい中で、そこそこ勝っているのは、その辺のマネージメントができているということなのでしょう。

この試合では、京川選手のミドルで早々に先制され、前半終了前に追加点を入れられて、湯郷ベルにとってはゲームプランが壊れて試合にならなかったのだと思います。

対するI神戸は最初にミドルを打って、引いた湯郷ベル守備を拡げさせたのは、良い戦略だったと思います。その中でコーナーの2次攻撃から先取点を取って、楽な展開になった。 しかし、終盤に入りかけた68分に甲斐選手がボール回し中に奪取されゴール前のFKを与えたり、その後宮間選手のミドルを複数許したりしたのは、褒められたクロージングとは言えない。終盤の息切れと、メンバー交代後の親和性に、やはりこの試合でも難点を感じた。


では、いつもの通り、この試合でのコーナーキックの詳細を見ていきますが、残念ながら見るべきものが無かった試合でした。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チームマンツーマン中心の2名固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             湯郷ベル   I神戸 コーナー本数        2       4 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート   0      1/0 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        0       0 クリアー         2/0     1/1 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ      0      0/1 * フリー/競り合い キックミス ショートコーナー不発    0       0

フリーになった選手     0      0/2    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む   0      1/1    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

残念ながら詳細語るようなプレーは無い。

湯郷ベルはコーナー2本で、1本目は普通に走り込んだで、2本目はゴール前に人を集めたが、いずれも、宮間選手のキックが短くて、企画倒れ。

I神戸は、例によって田中選手がいないと、クロス(3-5:リンク参照)で相手を攪乱する動きが起こらない。京川選手も始動位置がファーから、ニア側に移るためループ的な(3-7:リンク参照)動きもできない。 結果みんなで普通に走ってマークを振り切れていない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
ピックプレー
タグ:
I神戸
湯郷ベル
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2連敗も心は折られず。第1ステージは終盤へ(- FC大阪=日本フットボールリーグファーストステージ第13節)【舞浜宣言】

上海上港の「核弾頭」武磊が語った「FC東京戦で自信がついた」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

中超クラブが歴史を塗り替えた大会!ACL2016【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:78809

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss