なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-32 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 浦和L 1-4 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和Lは苦しいですね。

メンバー的に見て最下位にいるべきチームとは思えないのですが、 チームを繋いでいた選手が抜けたということなのでしょうか? フィジカル負けしない岸川選手の流出、豊富な運動量で気の利いた守備をしていた藤田選手の引退で、ハイプレッシャーが効かないし、続かない。 2014シーズンを制したバランスのとれたチームは影も形も見当たらないような惨状ですね。 良いときのイメージだけを追い求めず、現状のチームで何をすべきか見直すべき事態だと思いました。

対するI神戸は、新潟Lや日テレ相手に苦戦した組み立てもそれなりに可能になって、 試合を通して支配し、大量点を上げての勝利でした。 ただ、守備陣に「ポッカリ空いた瞬間」があり、先制点を許したし、 後半にも危ないシーンを作ってしまいました。 チャンピオンを狙うチームとしては集中力を失ってはならない場面で、Aランク説教ネタというべきでしょう。


では、いつもの通り、この試合でのコーナーキックの詳細を見ていきます。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チームともマンツーマン中心の2名固定配置。似たような配置を採ってきた。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。 なお、I神戸は2次攻撃で1点取っておりますが、シナリオ通りでは無いので統計からは外しています。

             浦和L     I神戸 コーナー本数        2       8 得点(1次攻撃)      0       1

センタリング→シュート   0      1/1 センタリング→パス     0      1/0 ルーズボール        0       0 クリアー         2/0     3/1 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ      0      1/0 * フリー/競り合い キックミス ショートコーナー不発    0       0

フリーになった選手    0/1     2/8    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む  0/0     7/1    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

I神戸はクロス・ループが生じ、私好みのピックプレーが沢山見られたし、きれいな得点もあった。 最近のブログ同様で繰り返しになるが、特に4田中選手が単にゴールやニアに向かうだけではなく、クロス(3-5:リンク参照)が生じるようにファーへ横や斜めの動きをして、「何か起こす」可能性を高めている。 また、開幕戦などで4田中選手がニアで流して10大野選手のゴールを生んできたことも、このプレーの有効性を増しているようである。

さらに、この試合から、14京川選手もループ(3-7:リンク参照)を沢山見せてくれて、ニアでボールを効率よく受けられるようになりつつあるようだ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
ピックプレー
タグ:
ループ(ピックプレー)
クロス(ピックプレー)
なでしこリーグ
コーナーキック
ピックプレー
セットプレー
I神戸
浦和L

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

借金返済&得失点チャラ!【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

観戦メモ JFL ブリオベッカ浦安vs奈良クラブ【Soccer D.B. 管理人のブログ】

Sリーグ第10節(vsヤングライオンズ)S.League 10th leg, vs Young Lions【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:77985

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss