なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-90 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 日テレ 2-0 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレの優勝が決まりました。

第9節・4年ぶりにI神戸が日テレに勝利した試合は両軍拮抗していましたが、 この試合は日テレの完勝と言うべき内容でした。

この試合は日本テレビ(関東ローカル対応)で中継録画放送されましたが、 圏外の私はINAC-TVでYouTube観戦です。

38分(YouTube 49:36~) I武仲→I伊藤・N田中(コボレ)N籾木(中央25mループシュート) 54分(YouTube 1:10:05~) (I杉田と競り)N田中→N長谷川→N田中~(15m左45°シュート)

  →:普通のパス ~:ドリブル

日テレは流石です。 前線からのプレッシャーと手数をあまり掛けない攻撃を90分間続け、多くのチャンスを作った。 主なチャンスだけでも1分(YouTube 13:15~) 8分(YouTube 19:56~) 13分(YouTube 22:55~) 73分(YouTube 1:30:18~)などなど。 いずれも枠内シュートでI神戸GK武仲選手の奮闘が無ければ、3点目・4点目だって十分あり得た。

そもそも絶対的な運動量と当たりの厳しさ、前に進む意識が、現状神戸より上。 さらに、この試合では作戦面と対応力でもI神戸に勝っていた。 すなわち、2TOPの田中・籾木両選手に長谷川選手が加わり、相手バックスにプレッシャーを掛けたことで、前述の1分のチャンスも有ったし、先制点も奪っている。


I神戸から見れば、このところ安定してきたシステム(ボランチの伊藤選手を下げ、両サイドバックを高く上げる)で挑んだが、日テレのプレッシャーで、三宅・伊藤・守屋選手から、両サイドバックへボールがスムーズに渡らない。 修正できないままに、”トホホ”な失点。BIGマッチとして相応しくない。

また、相手陣に入ってからの攻撃では、第9節で日テレの不意を突いた高瀬選手のサイドバックも、ちゃんとケアされてしまった。スペースが空きだした終盤になるまで効果が出ない。 結局7分(YouTube 19:13~) 67分(YouTube 1:23:25~)などチャンスが有ったが、枠の外。シュートで可能性のあったモノはなし。 押し込んだ時間帯も最後だけと、勝てる要素のない試合だった。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チーム、マンツーマン主体で2名のゾーン固定配置。 ただし、日テレ攻撃の際、ゴール前に選手を集めてきた時のI神戸は、2-5-2のゾーンディフェンス。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             日テレ     I神戸 コーナー本数        8       3 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート   0      0/1 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        1       0 クリアー         5/1     0/2 キーパーパンチ      1/0      0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
セットプレー
タグ:
セットプレー
ピックプレー
コーナーキック
なでしこリーグ
I神戸
日テレ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブログ初登場ですd( ̄  ̄)【走れ!!ソニー仙台FC】

【勝利の女神様】非公式MDP148【接近は一瞬だぞ!!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

切り刻まれた夏【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:73499

(10月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  7. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  8. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  9. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss