なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ代表相手に惨敗に終わりました。

12分 櫨→(カット)ダルケンパー→オハラ(約50m)プレス~→ラピノ(~フェイク) 60分 北川(パスミス・カット)スミス~→ピュー~ 80分 (こぼれ球)ラルー(戻し)ミューズ(スルー)スミス→モーガン

 →普通のパス ~ドリブル

危なかったシーンは山ほどあって、よく(3-0)で治まったと思います。

なでしこJAPANの攻撃で惜しかったのは、以下の3プレーくらいか? 33分(自陣)中島→田中~サウアブルン(タックル・こぼれ)阪口→田中SHアーツ(クリア) 49分(センターC)阪口→長谷川→籾木~→鮫島(中央へ)田中→長谷川 67分 北川(クリア)ザウアブルン(ヘッド空振)横山~→櫨


この試合で一番良かったことは、櫨選手がTOPでボールを保持・捌けたこと。 持ち前の顔出し・フィジカル・躱す技術が、初参加でいきなりアメリカ代表相手に通用した。 前線で時間を作ると言うことにおいては、現日本人選手ではNo.1かも、と思えた。 ただ、1人でなんとかしてくれる選手じゃ無い。 すなわち前線での繋ぎ役の駒としてその機能は果たすだろうが、 それ以外に大きな期待はできそうにないので、 今後高倉監督が使うのか、使わないかは、戦略構想次第というところだろう。

残念だったことを上げると沢山あるが、 今後使えそうな選手が増えず、未だ駒数不足なことと、 キープレーヤーになり得る選手が若手から出ないこと。 そしてなんと言ってもCBを中心に守備メンバーが揃わず、その影響で失点を重ね、 この貴重なアメリカ遠征を勝負できないまま終えたこと。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく。


(1)両チームのディフェンスシステム

なでしこJAPANはいつも通りマンツーマン中心で、3名のゾーン固定配置。

アメリカ代表は1-3-3のゾーン。 アメリカンフットボールで、散っていくパスレシーバーのマークに似た、結構凝った仕組み。 ゾーンとは言うものの、相手選手に自由に走り回らせたりはしない。 第1戦のブラジル代表のようなボールに対応するだけのゾーンとは、コンセプトが違う。  ①走り込んでくる選手には3列目の選手がゾーンを離れマンツーマン的に対応する。  ②ゴール前を動く選手に関しては、受け渡しをしながらマークする。 このディフェンスは既にカナダ杯以降のなでしこJAPAN戦で使ってきているが、 今回はさらに、ショートコーナーを消しに2名配置し、アレンジしてきている。

ゾーン固定の選手のみ図にする。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

           アメリカ代表 なでしこJAPAN コーナー本数        7       2 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート  1/0      0 センタリング→パス    1/0      0 ルーズボール        0       0 クリアー         1/2     0/2 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ     2/0      0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこJAPAN
ピックプレー
タグ:
なでしこJAPAN
アメリカ代表
セットプレー
ループ(ピックプレー)
ラッシュ&ピックB

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

なでしこジャパンvsアメリカ 親善試合【球マニアのBLOG】

ペトロビッチの捉え違い――「負けたが内容は悪くなかった試合」ってあるのか!?【Memories of the game】

2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:76789

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  6. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss