なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-77 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 浦和L 2-1 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

接戦を浦和Lが制した。 31分(YouTube 46:32~)中央を細かく繋いで突破、増矢選手がゴール 44分(YouTube 59:04~)塩越選手のロングボールを守屋選手に菅澤選手が競り勝ち               ドリブルから同点 58分(YouTube 1:30:18~)猶本選手がパス回し中の守屋選手からボールを奪い、               白木選手が決勝点。

試合を通して中盤でのボールの奪い合いが演じられ、ほぼ互角。

やや浦和有利のように見えたが、双方決定機を多くは作れなかった。 得点シーン以外では、48分(YouTube 1:22:30~)自陣から塩越選手→白木選手→塩越選手と繋いでのシュートくらいで、ゴールキーパーのファインセーブ・ポストやバーに当たるシュートなどは双方に無く、緊迫した試合だったと思う。野球で言えば投手戦。


I神戸は、やはり前戦での手詰まり感が改善しない。 この6試合は高瀬選手のオーバーラップが良いアクセントになっていたが、 流石に浦和Lも対策を講じていて、対面の北川選手にそこも対応されてしまった。 先制のシーンと37分(YouTube 53:10~)の大野選手のシュートシーンくらいで 良い局面を作れない。 そんな中、守屋選手の罪の重い2失点で敗戦となった。 センターバックに入ってから、この7試合は安定感のある守備をしていたのだが。。。。 本人は夜寝られなかっただろうな。。。


浦和Lは、今シーズンI神戸戦は4試合目での初勝利で、内容的にもやや上回った。 中盤、特に守備の改善がこのところ目立つ。石原監督の戦術が浸透しつつあるのだろう。 ただ、攻撃は菅澤選手・安藤選手を生かし切れては居ない。 時間を作れる2人ではあるが、押し上げが間に合わず、孤立する。 また、良いハイボールをゴール前に入れられれば、この2TOPが今のなでしこリーグでは 最強だろうが、そういう活かし方も出来ていない。 しかし、まだまだ、チームに余力があると言うこと。 現時点で最も日テレを倒す可能性を持っているのは、浦和Lだと思う。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく。


(1)両チームのディフェンスシステム

両チームともに、マンツーマン中心で、2名のゾーン固定配置。 ゾーン固定の選手のみ図にする。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             浦和L     I神戸 コーナー本数        1       2 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート  0/1      0 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        0       0 クリアー          0       0 キーパーパンチ       0      0/1 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       1

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグカップ
ピックプレー
タグ:
セットプレー
ラッシュ&ピックB
ピックプレー
コーナーキック
なでしこリーグカップ
I神戸
浦和L

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

希望の光は見えたか?【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

熱き守護神/鈴木悦史選手・プロ契約のお知らせ!【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

厄年【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:76608

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss