なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-76 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ マイナビ 1-2 I神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

I神戸は 50分(YouTube 1:23:47~)にPKで先制した後、 57分(YouTube 1:30:34~)にコーナーキックから北原選手にヘディングを決められ  一旦は同点に追いつかれたものの、 61分(YouTube 1:34:44~)のオウンゴールが決勝点になって勝利。

勝つには勝ったが、I神戸はマイナビの粘り強い守備に苦戦。 ボール保持は出来ても、ゴール前に迫るシーンは無かった。 可能性が有ったのはあったのは、数本のミドルシュートだけで、 それは全てディフェンダーのブロックに合っている。 結局、半分プレゼントされたような2得点以外に、見せ場は作れなかった。 相手ピッチに入ってからの手詰まり感が、いつも以上に、強く残ったゲームになった。

一方マイナビも、ボールの出所のゴリー選手を押さえられ、 前線のケイトリン・フォード選手も、突破はするものの、 フィニッシュさせてもらえない。 ケイトリン・フォード選手の得意のサイドには、守屋選手・鮫島選手とスピード豊かなディフェンダーが居て、ダブルチームで対応されると、流石に打ち切れない。 I神戸が5月下旬以降採用している(高瀬・三宅・守屋・鮫島)のバックスの構成が ここでも効果を発揮したことになった。 I神戸が5月7日の敗戦を活かして、良く守ったと言うことになるのだろう。

と言うことで、両軍ともGKのファインセーブやポストに救われるなど、 スリリングな局面が作れないままに終了。 攻撃面で物足りない試合だった。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく。


(1)両チームのディフェンスシステム

マイナビは、マンツーマン中心で、2名のゾーン固定配置。 I神戸は、マイナビがゴール前に集中してきたのを見て、ゾーンディフェンスを敷いた。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             マイナビ    I神戸 コーナー本数        2       8                  (ゴールライン付近のフリーキック2本を含む) 得点(1次攻撃)      1       0

センタリング→シュート  0/1     3/2 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        0       1 クリアー         1/0     0/2 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

フリーになった選手    1/0     3/0    (ボール受け/ボール来ず) ピックプレー:推定含む   0       0    (成功/不成功)

(3)特記すべきプレー

マイナビは2本のコーナーキックのいずれも、ゴール前に人を集中配置して、 内1本を北原選手の同点弾に結びつけた。 本ブログでは既に昨年9月に(2-46:参照)で指摘しているが、 両チームの身長差から言って、走り込むよりスタンディングジャンプ合戦に持ち込んだ方が堅い。 本ブログを書き出してから初めての、ゴール前集中体制であったが、 ちゃんと蹴れれば、I神戸に防ぐ術は無かった。 詳細は後述する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグカップ
ゾーンディフェンス
タグ:
I神戸
ベガルタ
マイナビ
ゾーンディフェンス
なでしこリーグカップ
コーナーキック
セットプレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

主力4人欠いてもアウェイで勝ち点3!上海上港【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

まさかの4失点!広州恒大が天津権健に屈する【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ソニー仙台FCを支える男たち【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:49
  • 累計のページビュー:64358

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  7. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  8. 2-26 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-0 北朝鮮代表
  9. 2-72 コーナーキックの事情 国際親善試合 オランダ代表 0-1 なでしこJAPAN
  10. 2-3 コーナーキックの事情 イラン・サムライJAPAN親善試合:イランの方が工夫している。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss