なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-75 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ I神戸 2-1 伊賀FC

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊賀FCが64分(YouTube 1:39:15~)にワンチャンスを活かして先制したが、 82分(YouTube 1:56:39~)・85分(YouTube 2:00:20~)と I神戸が細かく繋いでチャンスを作り、連続得点で逆転、勝負強いところを見せた。

前半から後半冒頭の60分くらいは、I神戸が支配しつつも、 伊賀FCがきっちり守備を固め寄せ付けない。 3分(YouTube 24:16)のCKから、京川選手のシュートがポストをたたいたのと、 20分(YouTube 41:54)の京川選手・高瀬選手の連続シュートくらいで、 I神戸は形を作れない。 鮫島選手、高瀬選手の両SBからクロスが入るのだが、 伊賀FCがちゃんとマークできていると、 今のI神戸には、高さやパワーで競り勝って決めきるFWは居ない。 おそらく京川選手がニアへ走り込むのが最も危険なのだろうが、 触れたのはファーサイドばかりで、強いヘディングシュートにはならなかった。

試合が均衡する中、伊賀FCに疲れが見えてきたところで試合が動く。 63分(YouTube 1:38:50~)に中島選手のシュートがポストに当たった後、 伊賀FCが逆速攻を仕掛けて先制した。

その後伊賀FCは得点でちょっと元気を回復したようだったが、 すぐにまたプレスが掛からないようになる。 以降はI神戸に頻繁に細かくボールを繋げられるようになって、力負け。 交代選手の力量差もあって、ほころびの目立つ守備を立て直せなかった。

I神戸は守屋選手CB・高瀬選手SB体制で5試合目だが、4勝1分け。 失速気味だったチーム状態が攻守とも改善している。 浦和L戦で、高瀬選手の攻撃特性とポジションが合っていないと記載しましたが、 この試合を見る限り、FWやMFの時より格段に機能しているので、良いのかな? 怪我でドイツから帰ってきた岩渕選手が入団するとのことで、 ただでさえメンツ・オーバーのアタッカー陣は、更に競争が激化する。 高瀬選手がI神戸で生きて行くには、良いコンバートなのだろう。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく。


(1)伊賀FCのディフェンスシステム

この試合伊賀FCにコーナーキックは無く、I神戸の守備機会はない。 伊賀FCの守備の基本は、マンツーマン中心で、2名のゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             I神戸    伊賀FC コーナー本数        6       0 得点(1次攻撃)      0       0

センタリング→シュート  2/0      0 センタリング→パス     0       0 ルーズボール        0       0 クリアー          0       0 キーパーパンチ      1/0      0 キーパーキャッチ     1/0      0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    1       0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグカップ
セットプレー
タグ:
マンツーマンディフェンス
なでしこリーグカップ
ピックプレー
セットプレー
伊賀FC
I神戸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【レイソルから教わった事を胸に】非公式MDP138【団子混戦を抜け出せ】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

最近の出来事【走れ!!ソニー仙台FC】

オスカル8試合のリーグ戦出場停止と4万元の罰金!非紳士的行為で【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:76588

(11月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-94 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-0 スイス代表(MS&ADカップ)
  7. 2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)
  8. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  9. 2-82 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-0 なでしこJAPAN (Tournament of Nations 第3戦)
  10. 0 目次

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss