なでしこリーグが地上波放送されるまで

2-73 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ I神戸 1-1 浦和L

このエントリーをはてなブックマークに追加

福田選手の公式戦初得点と、オウンゴールで引き分け。

シュート数が6:6で少なめ。 キーパーのファインセーブなど枠内の惜しいシュートは無し。 ゴール前のシーンを期待して見ていた人には、ちょっと寂しい試合だったと思う。

私としては、この試合の注目ポイントは2つで、 安藤選手の浦和L復帰と、高瀬選手のサイダバックの2週間前の同カードとの比較。

A.安藤選手

浦和Lに復帰して、どんなプレーをするのか楽しみだったが、 やっぱり他の選手たちとは違う存在だった。

テクニックや広い視野はもちろん、特に感心したのは、コンタクトプレー。 対面の田中選手や(特に)守屋選手を相手に優位にプレーしていたし、 マークがずれた時の伊藤選手なんかは、かわいそうなくらいだった。 上体の力も強いのだろうが、先手を取ってコンタクトしているし、 下半身で壁を作って相手を持ち上げるかのような姿勢で、盤石。 ドイツの体の大きなDFを相手にしていた安藤選手にとっては、 I神戸の選手たちは「軽い」相手だったと思う。 前ブログのオランダ代表-なでしこJAPAN戦でも記載したのだが、 なでしこの若い選手が世界と戦うためには必要な技術で、良いお手本にしてもらいたい。 ただ、この安藤選手だって、世界では決して強いわけではないのだから、 最低限のやるべきこととしてである。

B.I神戸・高瀬選手の右サイドバック

先々週のなでしこリーグ10節では浦和Lを惑わせ、 オーバーラップが脅威になっていたし、守備も無難だった。

しかしこの試合では、I神戸のシステム進歩速度と浦和Lの対策との競走に負けたのだと思う。 右サイドでは優勢を築けなかっし、 高瀬選手がオーバーラップした際に、ボールを奪われて危うくなりかけるシーンも複数回あった。

そもそも、高瀬選手の攻撃参加は、ゴール付近まで進めば脅威だが、 内に入れずにクロスを上げる事になった時に精度的に難がある。 さらに高瀬選手の力強いミドルシュートも、右からだと脅威の度合いも割り引かれる。

監督さんがこの矛盾を孕んだシステムをどうするつもりなのか?

難題だと思う。


では、いつもの通り、コーナーキックを分析していく


(1)両チームのディフェンスシステム

両チーム基本は、マンツーマン中心で、2名のゾーン固定配置。


(2)統計

例によって、私が採っているSTATSを紹介します。

             I神戸     浦和L コーナー本数        1       5 得点(1次攻撃)      0       1(オウンゴール)

センタリング→シュート   0      2/0 センタリング→パス     0      1/0 ルーズボール        1       1 クリアー         1/1     1/0 キーパーパンチ       0       0 キーパーキャッチ      0       0 * フリー/競り合い キックミス         0       0 ショートコーナー不発    0       0

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグカップ
ピックプレー
タグ:
マンツーマンディフェンス
なでしこリーグカップ
コーナーキック
ブロック&ラン
ラッシュ&ピックB
ラッシュ&ピックA
ピックプレー
セットプレー
浦和L
I神戸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】【FCKSA66】

名将カペッロが江蘇蘇寧にやってくる!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

NGUラブリッジ名古屋vsアンジュビオレ広島 チャレンジリーグ2017第9節【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsetahima

バスケットボールを下手くそなりに中学・大学・社会人でやっていました。
今は、アメフトやサッカー(なでしこ)を
主に観戦して楽しんでます。
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:64372

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 99:2016.11.24余談 B.LEAGUE開幕2ヶ月。データーで見る。
  2. 99-2015.11.03② 余談:バスケットボールにおける中学生のゾーンディフェンス禁止
  3. 2-23 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-1 韓国代表
  4. 2-42 コーナーキックの事情 国際親善試合 スウェーデン代表 3-0 なでしこJAPAN
  5. 2-64 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 3-0 コスタリカ代表
  6. 2-24 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-2 中国代表
  7. 2-37 コーナーキックの事情 国際親善試合 アメリカ代表 3-3 なでしこJAPAN
  8. 2-26 コーナーキックの事情 リオ五輪予選 なでしこJAPAN 1-0 北朝鮮代表
  9. 2-72 コーナーキックの事情 国際親善試合 オランダ代表 0-1 なでしこJAPAN
  10. 2-3 コーナーキックの事情 イラン・サムライJAPAN親善試合:イランの方が工夫している。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss