Rayを釣りたくて

シーズン前予想 答え合わせ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 高校野球とかもやらないとですよね。テキストは何回か書いているのですが、そのたびに没としております。ちょっとね、難しい。数字なしで語るだけなの。

(目的/動機)  シーズン前に行った成績予想の答え合わせを行う。そして反省をする。反省しない投げっぱなしなことはしない(趣味においては)。

(方法)  今シーズン開始前に行った成績予想に対して、実際に残した成績を並べてみて、比べます。そして、如何に私の予想がへっぽこだったかを嘲笑います。  なお、今シーズン前は投手4名(Colome、Odorizzi、Archer、Walker)と野手2名(Souza Jr.、Kiermaier)の予想を行いました。彼ら全員の結果を、一本の記事で見ていきます。

(結果) □01

 Alex Colomeの予想は大外れ。外れた点は1.登板数、2.xFIPの挙動、3.そこからのFIPの変動とERAの変動、4.奪三振率、5.被本塁打率 と大体全部、ですね、はい。スミマセン。。。

□02  Jake Odorizziも大外れ。(怪我もあったので)登板数はともかくとして、登板あたりのイニング数も、残す成績の予想もダメダメすぎですね。Colome以上に大外れ。

□03  Chris Archerについては上の二名よりはましな成績の予想になりました。まだマシというだけで、全然ダメダメなのは変わらないですが、それでもまだ見えるものになっています(自称)。が、予想がしやすい人、しにくい人というのがいると思います。

□04  Walkerは依頼されて予想をしてみたもの。こういうの実はちょっとうれしいのです。結果は運要素と自分で思っているところがちょっとずれていたのと、与四球率が外れではあるものの、これまたまだマシな成績予想かもしれません。

 今年の投手は散々。

□05  今年躍進を遂げたSouza Jr.ですが、まぁその結果、これによって予想とは大きく違った結果になりました。特に四球数を大幅に伸ばしたことが、HR伸ばしたことよりも良いことのように思えます(HR増えたからBB増えたのかもしれないが)。

□06  今年一番精度が良かった選手かもしれません。Kiermaier。怪我があったので、積み上げ系(加算システム)のスタッツはやや離れているのですが、OBP、SLG、OPSなどはそれなりな数字を予想で来ているのがわかるかと思います。ただ今年は(HR以外の)長打が減った一方で、FBRの流れに乗ってHRは増えました。その関係で三振が多めという感じでしょうか。個人的には彼の速度を活かしたプレー見るのが好きなのですが(勝敗に直結するかは置いといて)。。。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
数字で遊ぼ
成績予測
TB選手アナリシス
MLB選手アナリシス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

プレゼンするにあたって大谷翔平を獲得するための最重要ポイントとは何か、かくしてヤンキースは選ばれない!【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB【Go Angels Baseball!】

大谷二刀流を実践できるポテンシャルを持ったメジャーリーガーにゴロゴロいる、というメジャー通の言説に惑わされるな【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconseriseri

TBを應援し始めたのはイチローがMLBデビューした01年。それ以来MLBの虜です。とうとうスポナビでブログまですることになっちゃいました。

基本的に新しい情報を皆様に提供する、というよりは自身の考えをつらつらと書きつづっていくつもりです。特にSABR メトリクスをかじって、数字で選手を見ていく、といったことを中心にしています。

また、前イラン代表監督(現パキスタン代表監督)の色川冬馬氏を個人的に微力ながら支援していて、イラン旅行記、イラン野球情報も順次アップしています。

ブログには書き切れない、書けないようなコメント、問い合わせは
(seriseri_tbあっとyahoo.co.jp :あっとを@に変更)までお願い致します。

さいきんついったーもはじめたらしい
  • 昨日のページビュー:130
  • 累計のページビュー:2462496

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 現時点でのアメリカンリーグ最強投手は誰だ!?
  2. 福留って言われるほど成績が悪かったのか?
  3. 日本人野手の常識を覆した男
  4. 今シーズンもっとも打ち取るのに球数を要した選手は誰?Ver.2016とNPBのドラフトについて
  5. やっぱBOSズルいよね。もしかして球場のせい?
  6. 球団史上最強右腕!!!
  7. 広島東洋カープは運に恵まれているのか
  8. もっともアウトがとりにくい打者は誰?
  9. マー君の実力はどんなものなのか
  10. 松井秀喜 ~救世主になれなかった男~

月別アーカイブ

2020
12
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss