Rayを釣りたくて

高校野球に対していただいた論点についての議論 その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご無沙汰しております。いやはや。なんつーか仕事の時間が伸びたのに、通勤時間に1日4時間もとられると何もできないですねぇ、はい。

 そんな訳で、前の記事で高校野球についてちょこっとおまけに書いたところ、思ったより反響があり、その中でも冷めるGファンさんからは論じてほしい論点をいただきましたので、まずはこれについて考えながら、現在の高校野球についての議論を深めていこうと思います。

 それにしてもデータ系から語り系、MLBからNPBという感じにフィールドを移すと如実に客層というかコメントのつきかたというかそういうのも変わるものだなぁと感じております。

 では議論の方に参りましょう。いただいた論点は以下の二つです(そのまま引用させてもらっています)。

(1) 他のスポーツ競技は、高校総体としてインターハイに統括されているのに、野球だけは高野連という別組織になっているのに、ほとんど問題にされていない。

(2) アマ → プロの系統を見たとき、野球界は高校野球(+大学+社会人)→ プロ野球という一本道しかないのを当然視する人がほとんどですが、例えばサッカー界のように、下部組織からの昇格を加えた複数路線を提起する声がほとんど上がらない(少なくとも私はほとんど聞いたことがない)のが不思議。よくサッカー界を見習えという人がいますが、この点に言及する人がほとんどいない。

 それぞれについて私の考えをまとめてみましたので見ていきましょう。

(1) 他のスポーツ競技は、高校総体としてインターハイに統括されているのに、野球だけは高野連という別組織になっているのに、ほとんど問題にされていないことについて。

 確かに高校野球は全国高等学校体育連盟(高体連)には加盟しておりません。これで何が問題になるかというと、別に何も問題にはなりません。確かにインターハイには混ぜてもらえませんが、それはバスケやサッカーやその他もろもろのように個別の大会を開くことで対応できます。

 問題点としては例えばオリンピックなど国を挙げての何かイベントに参加するときに一枚岩ではない対応となってしまうこと、高体連がしっかりとグリップしたうえで、政策に絡むこと(補助金もらったりね)などに対してはじかれてしまったり、逆に我田引水できてしまったりという問題点はあり得ます。

 また、高体連に加盟していないスポーツは野球だけではありません。アメフトやカーリング、チアリーディングにチアダンス(趣味に偏り…)などは野球同様に高体連には加盟しておらず、独自の大会を開催しております。カーリングはオリンピックの競技にもなっており、それも長野大会から正式に競技になっています(シャモニーは知らん)。

 つまり、体育系のスポーツであるからと言って、必ずしも高体連に加盟する必要はないということです。文系スポーツに目を移せばもっとはっきりしています。そもそも全国高等学校文化連盟に加盟していないものなど山のようにあるでしょう。私は高校時代、競技クイズ・早押しクイズを割と真剣にプレーしておりましたが、高文連なんかまったく関係ありませんでした。関東の学校でしたが、あちこちの学校が集まって関東クイズ連合(関クイ連/KQA)を形成し、各校持ち回りで例会の開催と、関クイ連の有志(主に2年生)が集まってKQA杯の開催/結果を問題集として作成などを行っておりました(應援はどこ行った?と言われると私は実はしれーっと兼部しておりました、はい)。ちなみに顧問の先生なんてのはどこの学校もいないに等しく、大体何かの申請時にハンコ押してくれたりするだけの存在でした。大人が全く絡んでない組織だったのですね。確かに高文連の庇護に入れればもっと裕福なプレーができたのだと思いますが(部費が足りなくて早押し機は自分で修理したりしてましたよ…)。全国大会なんかは存在しませんが、あちこちの高校や大学や社会人サークルがたくさん大会を開いていたのでそれに各自エントリーして参加みたいな形をとっておりました。私の頃はちょうど過渡期で、高校生クイズは運ゲー時代でしたし、先輩たちが参加していたタイムショック高校生大会はなくなった後でした…。今はクイズも盛んになったものです。。。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
珍しく日本人について
他の人への反応系記事
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

高校野球に対していただいた論点についての議論 その1


コメント失礼します。

以前の記事で、

高校野球の全国大会で分割開催やドーム球場での試合について言及されてましたが2点お聞きしたいことがあります。

論点1
サッカーなどの場合分割開催は過密日程の解消にはつながっていません。

サッカーのインハイなど優勝チームは7日間で6試合を行うような状態で、

終盤はともかく序盤はある程度日程のあく甲子園大会のほうが余裕があるくらいです。

論点2とも関係してくるのですが、会場の使用料などの問題のため仮に高校野球が分割開催になったとしても、

それは過密日程の解消ではなく開催期間の短縮(その結果として今以上の過密日程化)になる可能性のほうが高いと思うのですがこの点はどのようにお考えでしょうか。


論点2

現在の高校野球では、建設時とその後高校野球の聖地として使われてきた経緯から甲子園を無料で使用できています。

しかし、ドーム球場を調べたところ、維持費の問題もあるためどの球場もおおむね1日100万以上の使用料がかかるようです。

各地方で分割開催とすれば交通費分を充てることが出来るのである程度は負担できるでしょうが、

何かしらの補助金か優遇措置がない限り高野連が総額数千万円規模の開催費用を負担する必要があります。

この会場使用料に関する点についてはどのようにお考えでしょうか。


以上2点についてseriseriさんのお考えを教えていただけないでしょうか。

こんな記事も読みたい

選抜を目指して、秋季高校野球東京都のブロック予選で、東海大菅生と二松学舎大付がいきなり対戦【ゆきちのすぽーつこらむ】

U18イタリアのホープ、ステファノ・チェンシ(パルマ・エンジェルス)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

高校野球秋の大会。敗者復活戦の是非。【猫と観るスポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconseriseri

TBを應援し始めたのはイチローがMLBデビューした01年。それ以来MLBの虜です。とうとうスポナビでブログまですることになっちゃいました。

基本的に新しい情報を皆様に提供する、というよりは自身の考えをつらつらと書きつづっていくつもりです。特にSABR メトリクスをかじって、数字で選手を見ていく、といったことを中心にしています。

また、前イラン代表監督(現パキスタン代表監督)の色川冬馬氏を個人的に微力ながら支援していて、イラン旅行記、イラン野球情報も順次アップしています。

ブログには書き切れない、書けないようなコメント、問い合わせは
(seriseri_tbあっとyahoo.co.jp :あっとを@に変更)までお願い致します。

さいきんついったーもはじめたらしい
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2437711

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 現時点でのアメリカンリーグ最強投手は誰だ!?
  2. 福留って言われるほど成績が悪かったのか?
  3. 日本人野手の常識を覆した男
  4. 今シーズンもっとも打ち取るのに球数を要した選手は誰?Ver.2016とNPBのドラフトについて
  5. やっぱBOSズルいよね。もしかして球場のせい?
  6. 球団史上最強右腕!!!
  7. 広島東洋カープは運に恵まれているのか
  8. もっともアウトがとりにくい打者は誰?
  9. マー君の実力はどんなものなのか
  10. 松井秀喜 ~救世主になれなかった男~

月別アーカイブ

2020
12
2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss