Rayを釣りたくて

xBABIP ver.2016をこまごまと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サボりすぎと言う声が聞こえてきそうです。お久しぶりですseriseriです。そんな訳で本日は2016年のxBABIPを眺めてにやにやする回です。それ以外のことはおまけでまとめてドンとしませう(おまけの方が充実しているのはいつものこと)。  では早速参りましょう。2016年はMLB全体で本塁打が吹き荒れ、一気にまた得点の多いリーグになりましたが、それとBABIPの変動は連動しているのかどうかが気になるところです。

□01  こんな感じになりました、はい。おしまい!!!とするのはさすがに雑すぎるのでやめておきます。  リーグ全体のBABIPは.300と大体標準的な値に収まりました。昨年が.299ですから、ほぼ変動がなかったことが分かります。これだけを見ると単純に得点の増加は説明がつきません。リーグ打率も15年の.254から16年.255とBABIPの上昇分程度の上昇に過ぎず、ここで得点の増大を説明するのは困難だと言えますね(ちなみに得点は20,647→21,744)。

 ではそれぞれの要素をちょこっと見てみましょう。まず気になるのはLD%のBABIP。こちらは昨年比では若干上昇していますが、まだまだ平均に届くレベルではありません。単純に2012-14年の頃に戻っただけのようにも見えます。  GBに目を転じるとこちらは.239と過去最高タイの高水準ではありますが、ただここはかなり安定した数字を毎年残しているので、余り影響はないと思います。  そしてFBはむしろ若干下げた形になりましたが、こちらもほぼ変化がありません。そういう意味ではここ4-6年ほどかなり安定した数字を各指標が残しています。つまり、今年のHRが急増した理由とそれに合わせて得点が増大した理由については「BABIPや打球の安打のなりやすさ」から説明することはできないということが言えます。回りくどい言い方にはなりますが。ちなみに15年と16年で本塁打数は+701本、得点は+1,097ということでこれだけで2/3の得点が上昇した理由が説明ついてしまったりしますね。単純にHRが増えたということで。ただ本塁打が増えた=良い当たりが増えた=BABIPにも影響ありとか思ってて私はわくわくしていたんですが、残念です(笑)

 と言う訳でとりあえず今後の成績予測(本当に今年やるのかどうか知りませんが)ではこれを活用していこうと思います、はい。

☆本日のおまけ その1  真面目な話題から。TBのRichie ShafferとTaylor MotterがSEAにトレードされていきました。  Shafferは今年でMLB2年目、25歳の内野手で、昨シーズンは31試合88打席で.189/.307/.292、4本塁打。今シーズンは20試合54打席で.250/.315/.438、1本塁打。パワーは非常に魅力的でしたがイマイチ確実性に欠けるのと多い三振で、とりあえず選手層を厚くするという意味ではアリでしたが、レギュラーにはイマイチ力不足と言う印象。  MotterはSSを本職で外野もこなすUTでしたがこちらも今年デビューで27歳。今年は34試合93打席で.188/.290/.300、2本塁打と打撃には苦労しました(BABIPが低いのもあるが)。TBはSS本職はたくさんいますし、こちらもレギュラーには力不足を感じる選手でした。いわゆるルール5ドラフトに向けて40人ロースターの整理を必要としていたところで、替えが効く控え選手たちの動きが活発化しています。  他にもLogan Morrison、Alexei Ramirez、Kevin Japsen、Bobby Wilson、Steve Geltzらがロースターから去っています。TBはこの手のレギュラー未満の選手が多くなりすぎていた印象がありますから、それを整理した形ですね。残ったのはTim BeckhamとかMikie Mahtookとかその中でもいてほしい上位陣くらいですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
数字で遊ぼ
MLBチーム成績アナリシス
トレードのお話
NPB関連
その他TBについて
【連載】打者の運と実力を探る
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

xBABIP ver.2016をこまごまと

tetsu53様

コメントありがとうございます。
そうですね、おっしゃる通り、返るとなった場合、ドラフト制度や戦力外通告も含めて多くの構造も変更する必要があるでしょうね。
ただ、どうやっても契約取れない選手たちが損をする形になるのはある種必然ではあります。そこは仕方がないでしょう。とはいえ、ドラフト以外に基本的に選手を補強する手段がないですから(いわゆるアマチュアFA、ドラフト外入団が無い)、FAになった選手たちは枠を埋めるために契約を得られる可能性はそれなりにはあるのではないかと思います。
それ以上に仮にいわゆる自動FAになった場合、トップFA選手とFA未取得及びFa取得しても控えレベルの選手(MLBだとマイナー契約)の年俸格差は今より大きくなると思いますし、今の経済規模を拡大しない形であれば、FA未取得の選手は筒香や山田、大谷クラスでも最低保障年俸に毛が生えたレベルに抑えられることになると思います。これはMLBでも年俸調停未取得の選手はどんな成績残しても100万ドルには到底届かない額で雇われているのといっしょです。
そこも含めてかなり各球団の戦略性も問われることになるのではないでしょうか。だから面白いと思うのですが。


そして、勝たなくても良い球団みたいなのはそれなりな理由が必要にはなると思いますが、今の日本では確かに惰性で球団を経営しているようなところが散見されるのは残念です。再建中とかならわかりやすいんですがね…。

xBABIP ver.2016をこまごまと

私もFAについてはMLBと同じ(日本の記事では「自動FA」などと呼ばれていますが)にすれば良いと思っていたのですが、その前に全体の制度を変えないと、契約取れない選手が溢れかえって選手側だけが損をする、という事態も引き起こしそうです。

http://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53145

「球団はより戦力の維持と補強にシビアになる必要」が無い球団(別に勝たなくてもいいや~という球団)もあるでしょうから、根本から変えないとダメなんでしょうね・・・

こんな記事も読みたい

Royalsは2年ぶりWS制覇 or どん底?CBSのスナイダーが特集記事!KCのオフはどうなる?開幕どうスタートするかで運命が決まる!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

メジャー26人制導入か!?【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

オフシーズン到来。まずは地元出身キャッシュナーを獲得【日本在住レンジャーの雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconseriseri

TBを應援し始めたのはイチローがMLBデビューした01年。それ以来MLBの虜です。とうとうスポナビでブログまですることになっちゃいました。

基本的に新しい情報を皆様に提供する、というよりは自身の考えをつらつらと書きつづっていくつもりです。特にSABR メトリクスをかじって、数字で選手を見ていく、といったことを中心にしています。

また、前イラン代表監督(現パキスタン代表監督)の色川冬馬氏を個人的に微力ながら支援していて、イラン旅行記、イラン野球情報も順次アップしています。

ブログには書き切れない、書けないようなコメント、問い合わせは
(seriseri_tbあっとyahoo.co.jp :あっとを@に変更)までお願い致します。

さいきんついったーもはじめたらしい
  • 昨日のページビュー:327
  • 累計のページビュー:2305593

(03月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 現時点でのアメリカンリーグ最強投手は誰だ!?
  2. 福留って言われるほど成績が悪かったのか?
  3. 日本人野手の常識を覆した男
  4. 今シーズンもっとも打ち取るのに球数を要した選手は誰?Ver.2016とNPBのドラフトについて
  5. やっぱBOSズルいよね。もしかして球場のせい?
  6. 球団史上最強右腕!!!
  7. もっともアウトがとりにくい打者は誰?
  8. マー君の実力はどんなものなのか
  9. 松井秀喜 ~救世主になれなかった男~
  10. シーズン前予想 答え合わせ編

月別アーカイブ

2020
12
2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss