世界の野球

月別アーカイブ :2011年10月

11月にアルゼンチンで南米野球選手権開催へ

アジアシリーズ、アジア選手権、アジア大会、アジアカップ これらの大会の違いを明確に答えられる方は、相当国際野球オタクなんじゃないでしょうか。 アジアシリーズはクラブ対抗戦 アジア選手権はアジア野球連盟主催の国別対抗戦 アジア大会は総合競技大会 アジアカップはアジア選手権の予選 まあこれらを把握してくれている前提で、説明するならば今回取り上げる大会は南米における「アジア選手権」とい......続きを読む»

アジア野球連盟コーチングクリニック inマレーシア

散々僕がここで愚痴っているように、アジア野球連盟は公式のHPを持っておらず、イマイチ国際大会の情報や活動実態が伝わってこないので、情報収集が大変だったりします。 頼みの綱は現地で野球を教えている日本人の方々なのですが、先日マレーシアで行われたBFAコーチングクリニックについてマレーシアで野球を教えている坂本博文さんからお話を聞くことができました。 以下、その内容になります。 Q1 ......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ  最終日 オランダがキューバを破って初優勝!!

○7位決定戦 ベネズエラ8-3パナマ 開催国として二次リーグ進出という最低限のミッションは達成したものの、その最低限の結果でフィニッシュしてしまいました。 確かに7位決定戦ってモチベーション見つけにくいのはありますけど、地元なんだからもうちょっと頑張れよ・・ 直接対決だと勝ってるんだし ○5位決定戦 オーストラリア3-2韓国 こちらもリーグ戦の直接対決と反対の結果に お互い最......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 二次リーグ最終日 キューバがオランダの待つ決勝へ

○韓国1-3アメリカ(規定により7回終了) 3決進出に限りなく赤に近い黄色信号が点滅している韓国は20歳の朴鍾勳(SKワイバーンズ)、最低でもメダルは勝ち取りたいアメリカはAA級で今年12勝を挙げているMatt Shoemakerという25歳の若手投手を先発にたててきました。 7イニングマッチということで、よりいっそう先発の重要度が増している二次リーグの戦いですが、アメリカが初回と2回にタイ......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 二次リーグ 2日目&3日目 オランダがキューバを破る

雨で日程いろいろ変わってます。 2日目のゲームは順延やサスペンデッドゲームになっていて、1試合も完全に消化できませんでした。 日程も切羽詰っているので、ダブルヘッダー祭り&7イニングゲーム導入でなんとか日程消化を頑張っているみたいですね。 7イニング制導入なんて初めて見た気がする・・ ○ベネズエラ0-7カナダ(規定により7回終了) 7イニング制ということもあって、これまで以上に......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 二次リーグ初日+順延分

まずは予備日に行われた一次リーグ順延分から ○台湾15-0ギリシャ(6回コールド) 敗退が決まっているもの同士の言わば、不毛な戦い。 何かモチベーションが残っているのだとしたら、台湾の気持ちよく大勝して帰りたいという欲求とギリシャの1勝でもして帰りたいという欲求。 ギリシャは米独立リーグでプレーするKARKATSELOS Efthymio が先発するも、盗塁はされほうだいやわ、3......続きを読む»

日本人指導者の語るモンゴル野球の現在地

ワールドカップもちょうど一次リーグと二次リーグの間の中間日。 まあ厳密に言えば、今日も順延分のゲームが行われているのですが、2試合だけなので明日まとめて書きたいと思います。 さて、今日の更新はワールドカップからちょっと離れた話題。まあちょうどご回答をいただいたのが最近だったというのもあるのですが、このタイミングしかないなと。 せっかく話を聞かせていただいた以上は、できるだけ多くの人に見ていただきた......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 一次リーグ最終日

○カナダ6-1アメリカ 国際大会において、なーんか地力があるはずのに投打が噛み合わずちぐはぐな野球をやってるチームは1つくらいあったりするもんです。 一般的に人はそれを「流れ」という形のない抽象的なもので片付けようとするわけですが、今大会のアメリカの不振も僕は「流れが悪い」という言葉でしか説明しようがない気がします。 国際大会というのはたちが悪い。 選手の実績で判断するに6:4みたい......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 7日目 日本はプエルトリコに完敗

○カナダ5-4オランダ(延長11回タイブレーク) 目線が上に上がってくると、足元をすくわれるってか いやオランダにそんなおごりは無かったというか、そもそもチーム力はこの両チーム互角なのでまあいたって普通の結果ではあるのですが ただアメリカ倒してここまで無傷なわけですから、ちょっと期待値が上がりすぎてた部分もあるかもしれません。 やっぱりオランダはチャレンジャーじゃないとね。 受身になっ......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 6日目 オランダがアメリカを破る大金星

○日本3-1台湾 ここまでの連敗は正直言って力負けの印象が強い。 以前は少々の実力差は絶対的なエースと国際大会の経験の多さや短期決戦の世界を生きるアマチュアの選手特有の辛抱強さや勝負強さみたいなものを発揮して結果を残したりしてたのですが、最近はそういうのがないような気がします・・ 選手自身は必死にやってると思いますし、事前の合宿もきっちりやってこの合宿に望んでいると聞きますが、オリンピ......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 予備日+5日目

予備日 ○日本3-7アメリカ ある意味、トップレベルの選手が出場しないこのワールドカップという大会は野球の強豪国にとっては我が国の選手層がどんだけ厚いのか、というのを他国にアピールする大会になってたりしてます。 そういう意味では日本はむちゃくちゃ厚い。 日本しか見てないとあんまりそういう自覚しにくいんですけどね。 トップレベルの選手だとこの両国に通用しているという自信が出てきた......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 4日目

○オランダ5-2日本 前回のワールドカップから、インターコンチに続いて欧州勢に苦しめられ続けている日本ですが、相性云々じゃなくて単純に自力の差かなあ・・という厳しい現実を最近は感じつつあります。ファームやアマチュア主体じゃもう欧州二強は勝てないのかなあっていう。 あとは国際大会の経験の差も決定的に違いますしね。 ヨーロッパのチームは毎年のように国際大会に出場していますし、選手の選出にも......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 3日目 日本はカナダに黒星スタート

○日本1-3カナダ 日本は前日のアメリカ戦が雨で流れたので実質的にこのゲームが初戦。一方のカナダはプエルトリコに快勝して勢いに乗った状態で2戦目を迎えました。 日本の先発は昨日のアメリカ戦に先発予定だったアンダースローの山中(ホンダ熊本)のスライド登板。 アンダースロー枠として日本代表でも常連になっている選手です。 元々投げる相手だったアメリカは、あんまりアンダースローとの相性がよくない......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 2日目

○オランダ2-1台湾 この両国、国際大会の常連なのもあってか毎年お手合わせしてるような気がします。 結果で言えば五分よりちょっとオランダが上回っているという感じでしょうか。 アテネオリンピックでイタリアが全盛期というか近年で一番そろっていたといっていいメンバーで戦っていた台湾に勝利したときはわりと衝撃的だった記憶があります。 当時はさほど海外の野球には関心がなかったのですが、ヨーロッ......続きを読む»

第39回IBAFワールドカップ 開幕戦 ギリシャ×パナマ

○パナマ8-3ギリシャ ワールドカップって初日に開催国のゲームだけやるような演出してたっけ?とか思ったり。 前回大会は欧州共催だったため4カ国に分散されて開催されていましたし・・ しかしパナマの熱気が半端ない こういっちゃなんですが、中米の多くはスポーツしか娯楽がないので国際大会が開催されると盛り上がりが凄い。 野球が国技ってこれのことを言うんでしょうねとか思ったり。 この大......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:443
  • 累計のページビュー:3567700

(11月22日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss