世界の野球

月別アーカイブ :2011年02月

がんばろうニュージーランド

幸いという言い方が適切かどうかはわかりませんが、今週末ニュージーランドのクラブ選手権が行われたのはオークランド・パカランガ。 震源地であるクライストチャーチとは幾分か離れており、選手権の開催には大きな影響はなかったらしい。 さて、このニュージーランドのクラブ選手権。 いったいどういう大会なのかというと、 ニュージーランドで一番強いチームを決める大会です。 うん、わかりやすい。 日本で......続きを読む»

ライアン・ガーコが韓国へ、ジョシュ・フェルプスがイタリアへ ~変わりゆくメジャーリーガーの再就職先~

斎藤佑樹に対する世間の注目度の高さは末恐ろしい。 そんなこと分かりきってたことですし、今さら口に出して言う必要もないのかもしれない。 ただ、1週間ほど前にそれを改めて痛感するできごとがありました。 13日の練習試合の日ハム×サムスン戦。 斎藤投手の対外試合初登板の試合。 結果はご存じの通り1イニングを3者凡退。 2,3,4番ををきっちりと封じたわけですが、凄かったのはその日のマス......続きを読む»

WBCの追加参加国に中米勢のサプライズ選出はあるか

昔ジーコが巻をワールドカップメンバーに選出したあたりでしょうか? それとも、オシム政権初期に山岸だの羽生だの鈴木啓太だの一般的には無名だった選手をたくさん選出したころからでしょうか? それ以降やたらめったら代表初召集の選手を全部サプライズ選出と呼ぶ風潮がありませんか?結構分かりやすい好パフォーマンスを見せている選手に対しても。 よく考えてみれば、サプライズってことは普通の目から見ればノーマ......続きを読む»

新生オーストラリアリーグ初代王者はパース・ヒートに

2010-2011年シーズンからMLBと豪州政府の支援を受けて復活したオーストラリアプロ野球。リスタートのファーストシーズンは、プレーオフを制したパース・ヒートが新生リーグの初代王者に輝きました。 そんな新しく舵をきったオーストラリアリーグをまとめて振り返っておきましょう。 ○レギュラーシーズン レギュラーシーズンは全40試合。 ただ、クイーンズランド、ブリスベンなどの地域を襲っ......続きを読む»

今年のアジア選手権は4強+フィリピン、パキスタンの6カ国が濃厚に

9月のパナマ・ワールドカップの予選にもあたる、今年のアジア野球選手権がアジア4強+フィリピン、パキスタンという構成になるのが濃厚のようです。 香港野球協会役員の三好正記さん曰く、昨年行われたアジアカップ(アジア選手権予選)に与えられたアジア選手権の出場枠は1つのみ。 つまり優勝チームのみだということで、シードされていた前回大会の上位5チーム、日本、台湾、韓国、中国、フィリピンにアジアカップ201......続きを読む»

元タイ・ミャンマー野球代表コーチなどを務めた上野正忠さんにお話を伺いました

またアジア野球の発展に尽力された経験を持つ方にお話を伺うことができました。その名は上野正忠さん。 大学卒業後は、実業団でご活躍された後、実業団の監督・コーチを経て現在も学生野球のコーチなどで野球に携わっている方です。 アジアの野球との関わりは、ミャンマー代表チームのコーチ、2006年のドーハ・アジア大会のタイ代表コーチ、他にはベトナム野球の発展にも携わっており、アジアの野球事情を誰よりも分かって......続きを読む»

野球日本代表が常設化&秋に親善試合?  対戦相手候補リスト作ってみた

最初に感想を言わせてもらえば、そこまではこの報道には喜んでないのかもしれない。 まぁなんのこっちゃ分からない人もいると思うので、分かりやすそうな記事をここに貼っておきます。 2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、野球日本代表の常設化を10日の12球団代表者会議で検討することが9日、分かった。同時にU―26日本代表の併設も検討される。これまでオーナー会議......続きを読む»

旧ソ連勢の野球の未来を分けた欧州とアジアの壁

つい先日、ヨーロッパ選手権2012(通称野球ユーロ)予選の組み合わせが発表されました。 もちろん、本戦にまで駒を進めるような国は結構レベルは高かったりするのですが、残念ながら予選レベルの国になると言い方は悪いですが草野球レベルの国も入ってくる。 まぁ凄いのはそんなレベルの優劣に関係なく、一般の野球ファンの想像をはるかに超えるようなバラエティーに富んだ参加国。 そしてクラブレベルでもイタリア......続きを読む»

カリビアンシリーズ2011はメキシコが制す

今月の2日からプエルトリコ・マヤグエスで開催されていたカリビアンシリーズ2011はメキシコのYaquis de Obregónが4勝2敗でメキシコ勢としては6年ぶり6回目の優勝を果たしました。 各国のウインターリーグ王者が集うこの大会。 近年はMLB球団からの制限で大物選手の参加が減少し、少々盛り上がりに欠ける部分があるとはいえ、補強選手を加えて、国名が刻まれたナショナルチームのユニホームで......続きを読む»

野球ユーロ2012予選の組み合わせ発表

ご無沙汰のヨーロッパ野球ネタです。 来年夏にオランダで開催される予定の第32回欧州野球選手権の予選ラウンド(2011年7月)の組み分けが発表されました。 昨夏の欧州選手権上位7チームはシードされ、それ以外の23チームが4、5チームずつ1グループで欧州各地で開催される予選ラウンドに出場。各グループ1位チームが本戦出場枠を獲得します。 ベルギー・アントワープラウンド 1ポーランド......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3563840

(11月17日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss