世界の野球

月別アーカイブ :2010年04月

湘南×フューチャーズの試合に行ってきた

今年二回目のイースタン観戦。目的は当然、シーレックスの中国人選手二人の生存確認なんですが、僕は痛恨のミスを犯してしまいました。 なんと携帯を試合中に壊してしまいました。 個人的な話をさせてもらいますと、データのバックアップをしていなかったので、下手したらアドレス帳や電話帳が全滅かもしれません。 このブログを介して知り合った、いろんな方とメールのやりとりをしてたんですが、こちらから連絡す......続きを読む»

新設のオーストラリアリーグに挑戦する日本人選手

盛岡大付(岩手)出身で昨季まで社会人野球のクラブチーム・フェズント岩手の主砲として活躍した大坊(だいぼう)周司内野手(30)が今年9月発足の豪州プロ野球リーグに挑戦することが26日、わかった。来月下旬に開催予定のトライアウトに参加。現役選手としての契約がかなわなかった場合も同リーグのスタッフとして、豪州プロ球界の発展と日本人選手の受け入れに尽力していく意向だ。  みちのく球界で活躍してきた19......続きを読む»

「野球後進国」で野球を教えている日本人がどれだけいるか知ってますか?

野球のステータスが低く、他国からの援助がないと野球が成り立たない状況の国。 このブログではそれを「野球後進国」という表現を使ってきました。 こういった国の野球の発展に関わるということは大変名誉なことなんでしょうが、正直に言えば「形ある見返り」が帰ってくる活動ではありません。 ある意味、どれだけ僕たちが「もっとNPBがもっと率先してそういう活動をするべき!!」と叫んだところで、彼らが重い腰を上げ......続きを読む»

NPBで通用しそうな韓国人選手カタログ

イ・スンヨプの活躍と韓国代表の国際大会での躍進により、NPBに90年代後半以来の韓流ブームが到来しています。 そのうちJリーグみたいに一チーム一人韓国人みたいな状況とかできるんでしょうかねえ? ともあれ、助っ人外人の選択肢の一つに今まで以上に韓国人プレーヤーが入ってきた事は事実です。 と、いうわけで、個人的にNPBに来たら活躍しそうだな~と思う選手のリストを作ってみました。 個人......続きを読む»

よく来る質問とリンクの説明とか

プロフィール覧に直アドを乗っけているせいか、コメ欄ではなく直接クレームや質問メールがよく来るんですが、だいたい似通った内容が多いのでよく来るのでそれをちょっとまとめてみた。 Q  句読点がなくて読みづらい A  知らず知らずのうちにそうなってしまっていました。最近よく指摘されるので直しました Q  情報はどうやって調べてるの? A  ほとんどネットサーフィンです。リンク先にも......続きを読む»

谷沢健一とモンゴルの野球少年

この記事を書くために、街の大きな本屋に行って、ある本を買ってきました。 題名は「野球ソムリエ」 著者は中日ドラゴンズで活躍した、あの谷沢健一氏。 だいたい内容は、プロ野球選手のセカンドキャリアや、スポーツビジネス、自らもチームを持っているクラブチームや独立リーグについて語っているような内容。 自伝のようであり、野球界の発展について自分の意見を述べている本とも言えると思います。 そ......続きを読む»

マレーシア野球近況報告とカンボジア連盟主催の国際大会の話

以前このブログでも紹介した、元マレーシア代表コーチで、現在はクラブチームのコーチなどをなさっている坂本博文さんからマレーシア球界や東南アジア野球の近況、アジアカップなどについて再び話を伺うことができました。 今回はその内容をまとめて、僕が補足や偉そうに感想を書く、ってのが今日の企画の趣旨です。 では始めたいと思います。 ・ここ数年行われていた、マレーシア国内のリーグ戦は今年......続きを読む»

アジアって広すぎじゃね? -アジアカップ参加予定国を見て思う-

先日、来月パキスタンで開催されるアジアカップ(2011アジア野球選手権予選・主にアジア野球ランキング6位以下で行われる大会で野球後進国の強化や交流の役割を担う)の参加国がイラン、イラク、インド、アフガニスタン、タイ、香港、スリランカ、パキスタンになるようだ、という紹介をしました。 なんか毎大会、参加する国、そうじゃない国がまちまちだったんですが過去の大会の参加国を探っているうちに 推測ですが......続きを読む»

メキシコと韓国の成績からロベルト・ペタジーニ獲得を考える

ご存じの通り、昨日元ヤクルト・巨人で活躍したロベルト・ペタジーニを福岡ソフトバンクが獲得したと発表。 実に6年ぶりの日本球界復帰にして、初のパリーグになります。 とはいえ、もう彼は38歳、昨年までプレーしていた韓国でも、年齢の高さと腰の故障を抱えているためもあって、高い数字を残しながら契約更新には至っていません。 そんなペタジーニが、新天地ソフトバンクでどれだけやれるのか、2004年巨......続きを読む»

アジア野球連盟に加盟できない国、加盟しようとしない国、加盟してた国

アジア野球の総本山であるアジア野球連盟。 決してメジャースポーツをとはいえない、この地域における野球なだけあって、アジアの国のすべてが加盟しているわけではなく、加盟していても野球の実態がない国、加盟してないのに野球の実態がある国なんてのもあったりします。 そんなアジア野球連盟にまつわる話を取り上げながら、アジア野球連盟に所属する意義や、役割、課題などを考えてみたいと思います。 ・加盟で......続きを読む»

野球のアフガニスタン代表とイラク代表が登場? −アジア選手権予選−

来月パキスタン・イスラマバードで行われる、アジア野球選手権の予選(通称アジアカップ、アジア野球ランキング6位以下で行われる)の参加国にアフガニスタン、イラクが含まれているという情報が入ってきました。 ちなみにソースがこれ http://www.dawn.com/wps/wcm/connect/dawn-content-library/dawn/the-newspaper/sport/7-......続きを読む»

韓国プロ野球・ハンファ総合コーチになった高代延博氏に期待する事

2008年のSKワイバーンズの躍進などもあって、空前の「日本人コーチブーム」に湧く韓国プロ野球。 以前は外国人枠さえ認められていなかったこの国のプロ野球ですが、2007年には初の外国人監督で、元ミルウォーキー・ブリュワーズ監督のジェリー・ロイスター氏がロッテ・ジャイアンツを指揮しています。 毎年のように増えていく外国人コーチなんですが今年、日本を代表する名参謀が海を渡りました。 広島、中日など......続きを読む»

湘南‐西武の試合に行ってきましたが・・・

昨日、一昨日とイースタンリーグの公式戦、湘南シーレックスと西武ラインオンズの試合の観戦に横須賀スタジアムへ行ってきました。 目的はもちろん、両チームにいる三人の中国人選手を見るため ただ・・・ なんと 誰もベンチ入りしてなかった・・ 試合に出ることはもともと一切期待してなかったんですが、練習にはいるんだろうと勝手に思っていました。 朱大衛はピッ......続きを読む»

野球インターコンチネンタルカップ日本代表を考える

今日はちょっと息抜き。 管理人の「チラシの裏に書いとけよ」ネタです。 今年の10月に台湾でIBAFインターコンチネンタルカップが開催されます(詳細はこちら) 参加国は世界中から招待された12カ国。日本、韓国、チェコ、オランダ、ニカラグア、キューバのほかにメキシコ、カナダ、オーストラリア、イタリア、南アフリカなどの参加が予想されています。 時期は10月23~31日。 日本シリーズ真っ......続きを読む»

新生イタリアプロ野球リーグ開幕

今年からプロリーグとして再出発するイタリア野球リーグ。 週末開催、兼業選手も相変わらずいるのは変わりませんが、昨年のセリエAの資金力のある8チームでプロリーグとして独立、セリエAの上に立つIBL(イタリアベースボールリーグ)として独立します。 MLBからの資金提供もあり、以前よりはかなり選手待遇もよくなってきました。 おそらく独立リーグくらいの水準には達しているのではないでしょうか? それに......続きを読む»

中国野球協会とMLBが協力協定に調印

先日、MLB(メジャーリーグベースボール)とCBA (中国野球協会)が協力協定を結んだとの事。 まぁ結んだというより、以前より協定してるからその更新といったほうがいいと思います。 これからますます大きな経済市場になると言われる中国。 ここを開拓するのはMLBの国際ビジネスの至上命題の一つと言っていいと思います。 この不況でCBL(中国野球リーグ)から日本企業は撤退してしまいましたが、不況とか......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3563840

(11月17日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss