世界の野球

アフリカ野球

パイレーツの南アフリカ出身内野手ギフト・ンゴペがメジャー昇格 アフリカ大陸初のメジャーリーガー誕生へ

Per MLB, Gift Ngoepe will be first major leader from South Africa. #Pirates expected to demote pitcher to make room.— Ken Rosenthal (@Ken_Rosenthal) 2017年4月26日 ジャッキー・ロビンソンのメジャーデビューからちょうど70年。 ついに......続きを読む»

ウガンダでMLBのトライアウトが開催

毎年、アフリカの各地でトライアウトを行い、選抜された選手がアフリカ野球の拠点である南アフリカに集結。トレーニングとショーケース的な役割を兼ねたものが行われるMLBのアフリカエリートキャンプですが、ウガンダで行われたトライアウトの詳細が紹介されていました。 MLBが毎年やっている南アフリカのMLBエリートキャンプ行きのメンバーを決めるトライアウトをウガンダで今年もやったらしく、そこに参加した選手の球......続きを読む»

ウガンダの国内リーグが復活

ウガンダの国内リーグ戦が復活したそうです。 経済的な問題で2年間休止していたようですが、日本の支援もあって復活したとのこと。8チームによって行われるらしい。将来的には完全な自立を目指してると(日本のウガンダ野球を支援する団体のFBページには)書かれています。 ウガンダの野球と言えば、リトルリーグワールドシリーズでの活躍や、U18ワールドカップ・アフリカ予選での南アフリカとの善戦によって国際的な評価......続きを読む»

2017年WBC予選 シドニーラウンド 全6試合戦評  オーストラリアが南アフリカを破って本大会へ

初めに言っておきますが死ぬほど長いです。 ただ、普通の得点経過をつらつらと書くだけにはなってしまわないように、しっかり内容の濃い戦評を作ったつもりです。 これを通じて、よりこの4カ国の野球を知っていただけたらなと、と思います。 しっかり全部を眼に通していただけたら嬉しいですね。 次の3月の2つの予選ラウンドはこのようなことはたぶん出来ないと思われ(ダブってる上に時間帯が・・) かなりこれ、パワー......続きを読む»

2017WBC予選シドニーラウンドの展望

2月に始まるWBC予選オーストラリアラウンドのロースターが発表されたようです。 フィリピンに関してはメンバー入りが報じられていたタイラー・サラディーノ(ホワイトソックス)とジェイソン・バートレット(元レイズ)が結局最終ロースターには入っていませんでした。 WBCではよくあることなのですが・・。バートレットは2年のブランクが想像以上に大きかったんでしょう、サラディーノも立場的にチームに残ることを優先......続きを読む»

U18南アフリカ代表の戦いぶりを振り返りながら、アフリカ予選で敗れたウガンダ野球のことを考える話

6年ブログをやってきながら、カテゴリーにある「アフリカ野球」の記事がほとんど埋まっていないので書いてみました。 「国際野球ニュース」ではちょくちょく触れているのですが・・(汗 先週まで行われていたU18ワールドカップの話です。僕は2日目と3日目を見に行ってきました。 時間の都合上本来は南アフリカの試合は見れない予定だったのですが、2日目の豊中で午前にゲリラ豪雨があったらしく、1時間延びたおかげで......続きを読む»

ブルキナファソ出身のサンホ・ラシィナ選手がついに選手契約へ

今朝の高知新聞のラシィナ pic.twitter.com/sexL9EjVLQ— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2015年8月25日 やりました。 オープン戦でのパフォーマンスや17歳という年齢を考えると出身地という色眼鏡なしに選手契約するに値する選手に成長していたんじゃないかな、と思います。真面目な彼のキャラクターもそれを後押ししたんじゃないでしょうか。 どちらかとい......続きを読む»

オコエフィーバーに便乗してナイジェリア野球の話

関東一高のオコエ瑠偉選手に便乗してナイジェリアの野球についてちょっと書いてみたいと思います。 彼のルーツであるナイジェリアはWBCに出ている南アフリカに続くアフリカナンバー2と言われている国。国内の野球もしっかりとオーガナイズされている印象です。 アフリカ野球ソフトボール連盟も長年ナイジェリアに本部が置かれていました。 ただナンバー2とはいえマイナーリーガーを多く輩出し、AAA級でプレーする選手ま......続きを読む»

藤川球児凱旋試合でブルキナファソ出身のサンホ・ラシィナが奮闘

私は高知県民なのでフィーバーぶりを直に体験しているのですが、本当に凄いです。反動がちょっと怖いくらい。県民性も考えると(笑) で、ここで僕がしたい話は藤川投手の話ではなく、この試合にサードでスタメン出場したブルキナファソ出身のサンホ・ラシィナ選手の話。ラシィナは選手登録されていないのでこういう非公式の試合でしか見ることができません。 今年は四国銀行との3月の練習試合で最後にセカンドの守備に就いてた......続きを読む»

西アフリカ野球選手権をNPBのスローガンで考えてみる

今年の日本野球機構の打ち出したスローガンは 「覚悟 ~なぜあなたはここにいるのか~」 なんか抽象的だし、そもそも疑問系で答えはそっち任せかよ とも思ったり最初はしたのですが、このスローガンには野球界が今後さらに発展するために、どのような覚悟が必要なのか、なぜ野球を仕事としているのか-といったことを選手、監督、コーチら球界関係者が自分自身に問いかけ、考えるように求めているそうです。 ......続きを読む»

もう一つのアフリカ

だいたい、アフリカの野球の話をすると話の展開はいつもこんな感じ アフリカは身体能力高いから野球やらせたら面白そう→でもルールとか教えるの難しそうじゃね?→だいたい経済力のない国に道具の必要ような野球やらせるなんて無理でしょ→いや、キューバやドミニカだって裕福な国じゃねーじゃん→以下似たような議論が続く スポーツ、アフリカときたら黒人の身体能力の話ばかり。 そもそもアフリカはブラ......続きを読む»

野球ナイジェリア代表

ナイジェリアで思いつくこと言えば 西アフリカにある、人口がアフリカ一、年代別のサッカー代表が結構強いといったところでしょうか 旧イギリス領ですが、クリケットやラグビーは盛んではなく、専らサッカーに熱中している国 フル代表はまあまあなんですが、ワールドユースやオリンピックでは何回か世界一になっている やたら俊足が多いイメージですね マラソンが強いエチオピアやケニアと反対でスプリンターが多い感じ アフリ......続きを読む»

南アフリカを背負う男

アフリカの中では野球が比較的プレーしてる環境が整ってるとされる南アフリカですが、近年までアパルトヘイトが行われていた国であり、サッカーでも国際舞台に戻ってきたのはほんの最近、今でも黒人がサッカー、白人がラグビーをやることが多いという悪い伝統が残っているとされます。実際サッカーのコンフェデレーションズカップや先日の日本代表の試合を見た感じでもセンターバックの選手以外ほとんどが黒人の選手だったりして、こ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3565009

(11月19日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss