世界の野球

「ラテンアメリカシリーズ」にアルゼンチン、チリ、キュラソーのチームが参戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

中南米の冬季リーグの王者が集う「ラテンアメリカシリーズ」という大会に、アルゼンチン、キュラソー、チリのチームが参戦するというニュースが入って来ました!

ソース:Argentina, Chile y Curazao jugarán la Serie Latinoamericana de béisbol 2018

http://www.habladeportes.co/argentina-chile-y-curazao-jugaran-la-serie-latinoamericana-de-beisbol-2018/

そもそも、「ラテンアメリカシリーズ」という大会は何ぞや?という説明からしておきましょうか。

中南米のウインターリーグにはカリビアンシリーズという有名な大会がありますよね。メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカの冬季リーグのチャンピオンが補強選手も加えて各国リーグの代表として戦いチャンピオンを決める大会です。近年はキューバも出場するようになり、2017年大会ではプエルトリコが22年ぶりの優勝を飾って話題になりました。

「ラテンアメリカシリーズ」はこのカリビアンシリーズに出場している国以外の中南米のリーグの王者が戦う大会になります。 2013年にスタートし、今年のWBCで健闘を見せたコロンビアや、野球どころで知られるパナマ、ニカラグア。そしてメキシコのカリビアンシリーズに出ているほうではないもう一つのリーグ(Liga Invernal Veracruzana)の4カ国の王者が出場します。 一言で言うならば「第二のカリビアンシリーズ」というわけです。

このラテンアメリカシリーズが新しい国、地域に門戸を広げることになったらしい。

アルゼンチン、チリ、キュラソーの3カ国。

カリビアンシリーズやラテンメリカシリーズに出場している国は、いずれもメジャーリーガーを多く輩出し、国内の野球でもプロリーグが成立するほど野球がしっかり定着している国です。キュラソーはともかく、チリやアルゼンチンにまで門戸を広げるとは驚きですよね。 それだけ、この大会をより発展させより意義深いものにしていく道を模索しているのでしょう。

キュラソーはご存知の通り、オランダ王国に属するカリブ海の島です。 列挙のいとまがないくらいたくさんのスーパースターを輩出してきた島ですが、国内リーグの印象は薄い。 多くの選手はアメリカでプレーし、リリースされた選手はオランダの本国でプレーするイメージです。オランダ代表とは別にキュラソーが単体でナショナルチームを組むこともありますし、リーグがあること自体は知っていますが、正直あまり詳しく分かりません。

チリは新規参加勢の中でも一段とレベルが落ちます。マイナーリーグと契約した選手を輩出したこともありません。アルゼンチンよりずっと落ちると思います。140キロくらい出すらしいオッサンドンという投手がいて、彼がフランスリーグにいったことがあったのですが、トップレベルがそんな感じです。ただ、クラブチームによる国内リーグは細々と行われていて、南米選手権にも欠かさず出場してくる印象ですね。

アルゼンチンはこの中では最も期待値が高い。 「WBC不参加の中では最強」と謳われており(というより僕が言っている)、90マイル以上の速球を投げてMLBのチームと契約した選手も多数。 昨年行われたU23ワールドカップでは日本から先制点も奪う健闘を見せました。代表チームは中国代表と同等かそれ以上のものがあります。

国内リーグは首都のブエノスアイレスで行われているリーグの他、サルタなど他の地域にもローカルリーグがありますね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際野球ニュース
ラテンアメリカ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017/6/7 【全日本大学野球選手権】和歌山大-岡山商科大、四国学院大-九州産業大、国際武道大-中部大【井戸掘り野球観戦記】

国立大でスポーツを続ける魅力とは【倉俣監督BLOG】

【海洋学部硬式野球部】静岡学生春季新人戦 1回戦 vs静岡理工科大【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:286
  • 累計のページビュー:3567985

(11月23日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss