世界の野球

東アジアカップの今年の開催が中止に 

このエントリーをはてなブックマークに追加

(※国際野球ニュースのカテゴリーに含まれている記事はfacebookにも掲載されている内容のものです。)

今年開催予定だった東アジアカップがどうやら中止(延期)になったようです。 そもそも「東アジアカップ」とはなんぞや?という方に説明しますね。 アジアの国際大会もちょっとややこしいので。 まずアジアの国別の国際大会として「アジア選手権」という大会が2年おきにあります。文字通り、アジアナンバーワンの国を決める大会です。 ただ、オリンピックのアジア予選を兼ねる大会のときを除いて、日韓台はプロのトップチームを派遣していないので、知名度は「アジアナンバーワンを決める大会」にしてはいまいちかもしれませんが・・。 で、このアジア選手権の下部大会にあたるのが「アジアカップ」という大会。アジア選手権にシードされている日本、韓国、台湾、中国以外のアジアの第二グループの国々が出場する大会になります。 このアジアカップは広大なアジアをカバーするために数大会前から「西アジアカップ」と「東アジアカップ」に分かれて開催。 西アジアカップはよくも悪くもその地域の野球の主導権を握っているパキスタンが毎度開催国になるのですが、東アジアカップの方はいつも開催国に名乗り出る国がなかなか出てこず、開催国の選定が難航しています。 国際大会は開催国にたどり着くための費用は自己負担し、ホスト国に入ってからの滞在にかかる費用はホスト国が全て負担するのが通例。 数千万とかかかるらしい。なかなか、大口のスポンサーがない限り野球後進地域兼スポーツ後進地域でもある東南アジアではハードルが高いのです。 以前は東南アジアで国際大会が行われるときは決まってタイだったのですが、これはミネベア社という日系企業が事実上タイのスポンサーになってたのが大きかった。そのミネベアの支援もなくなってしまったらしく、その結果東アジアのブロックで国際大会を開くのが難航しているといった状態です。アジア野球連盟は、アジアカップの開催国に名乗り出れば、アジアカップの成績に関係なく「アジア選手権出場枠」を与えるというニンジンをぶらせげてみたりもしたのですが、効果はなかったようで。。 アジアカップはアジア選手権(今年9月に台湾で開催予定)の予選を兼ねており、今大会は東西それぞれに2ずつ出場枠が与えられています。 西アジアカップは今月末に6カ国で開催されるようなのですが、東は今年は開催されないということなのでIBAFのランキングに従って香港とフィリピンが選出されるという話を聞いています。 アジアの第二グループの野球情報に日常的に触れているものからすれば、特に珍しい話でもなく、このようなことは日常茶飯事です。 ただ、アジア野球の一つの現状が改めて浮き彫りになったニュースのように感じました。 ちなみに先日行われたBFA(アジア野球連盟)のミーティングの内容がホームページに記載されているのですが、一応東アジアカップは完全にはなくなったというのではなく、2018年に開催されるようです。 アジア選手権の予選という役割は果たせませんでしたが、来年こそは無事に開催されることを願うばかりですね。。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際野球ニュース
アジア野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017WBCオランダ選手名鑑【蘭野球事始】

【大阪ベースボールアナウンスアカデミー】第5回【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

【役立つ野球留学VOICE 036】〜活躍するための個人時間を作れているか?【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

一般的に思われているよりはいろんな国でそれなりの規模の野球が世界中で行われてたりするんですよね。
そういった世界の野球事情を語っていくブログです。
用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます。
facebookにて国際野球ニュースをリアルタイムで更新してるほか、twitterもやってます。アカウント名は共にそのまんま「世界の野球」になります。
  • 昨日のページビュー:1494
  • 累計のページビュー:3484293

(05月19日現在)

関連サイト:facebook

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  4. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  9. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  10. 世界から見た「甲子園」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss