世界の野球

来秋に侍ジャパンが参戦するアジアCS創設の報道が出たというお話

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1758130.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

こういう記事が日刊スポーツから出てます。 あくまで熊崎コミッショナーは新しい国際大会を作る可能性を言及したまでで、そこから先は日刊の憶測も入ってるという感じですが、以前からこういう話は出ておりリアリティはあります。アジアシリーズをナショナルチームの大会にするという言い方でスポーツ紙から2年くらい前に記事になってましたよね。 新しい国際大会を作るならもうこれしかないでしょうし。 侍ジャパンとしても、WBCとWBCの間の4年間のサイクルの中にプレミア12以外の国際大会があると、上手く代表運営も回りやすいということでしょう。 アジアには来年9月に台湾で開催予定のアジア選手権という歴史ある国際大会が既にあります。この大会が五輪予選を兼ねているときは、日韓台もプロ中心のチームを送り込んでいますよね。 ただ、アジアシリーズのようにプロリーグの共催で新しい大会を作ったほうが興行として発展させる上での自由度は上がります。

例えば ・オーストラリアの参戦 ・メジャーリーガーの参戦 ・メジャー球の使用

といったところでしょうか。大会のブランディングという意味でも新しい大会を作ってプロが仕切ったほうがいいのかもしれません。 アジア選手権の形のままでは、今あげた三つは実現しないと考えたほうがいい。プレミア12のようにWBSC主催でかつ対象選手の広い国際大会ではMLBが制限をかけますが、この大会なら今年の強化試合のように、所属チームが許可した場合はメジャー選手の参戦も不可能ではないように思います。 問題は日本や韓国、台湾がどういう編成を出来るのか否か。 WBCがあったシーズンのオフシーズンですからね。常連選手にはかなりハードです。プレミア12は日本もフルメンバーでしたが、その他の強化試合は選手の所属球団にも配慮した形になってます。 アジアの野球大好きな僕ですら、せめて来年ではなく再来年でいいのでは?と思ったり。 若い選手中心でいいような気もする一方、大会を引っ張る側の日本がそのスタンスだと、他の国はもっとメンバーを落としてくる感じになります。日本のスタンスがやはり他国に波及していく形になるはず。この大会をプレミア12みたいな大会にしたいのか、若い選手を中心に戦う強化試合の延長くらいで済ませるのか、そこをどうしたいかで変わってくるのではないでしょうか。

韓国は日本のように代表は常設されてないのですが、2018年に兵役免除のかかったアジア競技大会(ジャカルタ)まで含めて考えると、結果的には限りなく常設に近い状況になります。 韓国はプレミア12に続いてこの大会も協力してくれる保障は現時点ではないでしょう。 あとは参加国がどうなるか。日韓台中でやるのか、オーストラリアを加えるのか。あるいはもう一つニュージーランドやフィリピンを加えるのか。WBCの参加資格ルールなら、その二カ国も中国代表前後の水準のチームにはなります。 まあ、オフシーズンに一社のスポーツ紙が憶測も含めて作った報道にすぎません。あまり真に受けすぎずに、オフシーズンの野球の話題が少ない時期の話題の一つとしてみなさんも色々考えてみてはいかがでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際野球ニュース
アジア野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

野球で就職を勝ち取るには② 【倉俣監督BLOG】

【冬休み静岡硬式野球合宿2016】4日目【ベースボールコミュニケーション 野球合宿ブログ】

☆3月7日新規更新☆【2016年・ソフトボール日本リーグ1部新人打撃成績】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:667
  • 累計のページビュー:3565009

(11月18日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss