世界の野球

アジアウインターリーグ2016 欧州選抜イタリア人選手の寸評

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のプロ野球の若手選手(ウエスタン選抜、イースタン選抜)も出場しているので注目している方も多いと思われるアジアウインターリーグ。 基本的にどのチームも実績の少ない若手選手で構成されているのですが、来春のWBCにも選出される可能性のある有望株も出場しています。 そのうちの一人が欧州選抜の一員として名を連ねているルドビコ・コベリ(サンマリノ/フィリーズ傘下)。 昨年は大阪で行われたU18ワールドカップと台湾で行われたプレミア12の両方でイタリア代表に選出された投手です。 昨年まではセリエBでプレー。今年はイタリアのトップリーグであるIBLのサンマリノに所属し、夏からはフィリーズ傘下のルーキー級でもプレーしました。 昨年のワールドカップやプレミアの印象では押し出すようなフォームから130キロ中盤のツーシームを多投する投球。この若さでそのスタイルは先がないよなーとおもっていたのですが、今年のWLでは140キロ以上を常時計測。最速でも145キロを計測するなど真っすぐで押す若々しい投球を見せてくれています。 既にプレミア12や今秋の欧州選手権など、イタリア代表では常連になってきていますが、近年のイタリア球界で不足しているネイティブのイタリア人投手としてWBCにも選出されることが期待できそうです。 コベリの他には昨年のプレミア12にも同様に選出されていたフェデリコ・チェーリ(リミニ)も出場していますね。 190センチを超える体格を生かした打撃が持ち味の大型外野手なのですが、今年までプレーしていたドジャースの傘下では3年間で通算OPS.622と力を発揮できませんでした。 このウインターリーグでは欧州選抜の4番を打つなど結果を残しており、雨でノーゲームになったNPBウエスタン戦ではオリックスの青山からホームランを放つなど活躍を見せています。 彼もまたWBCに選出される可能性のある外野手なので、冗談抜きにこのリーグでのパフォーマンスがWBC選出の可否に直結してくるかもしれません。 イタリアだと他にはアレッサンドロ・チアルラ(フィリーズ傘下)、ディエゴ・ファビアーニ(パドーバ)、ニコロ・クレメンテ(レッドソックス傘下)、フェデリコ・ジョルダーニ(ドジャース傘下)などの有望選手がプレー。 もちろんオランダやスペイン、フランス、果てはポーランドやルーマニアの選手まで選出されている若い欧州選抜ですが、実はWBCという最高峰の舞台にも繋がっているという視点で見てみても楽しいかもしれませんね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際野球ニュース
ヨーロッパ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

11月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に移転しました

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3572817

(12月17日現在)

関連サイト:新ブログ(ライブドアブログ)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss