世界の野球

第3回ワールドベースボールクラシック 参加国紹介 スペイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインの野球事情なんてほとんどの人が知らないでしょうから、ちょっとここまでと趣向を変えてそこをメインにこれから語っていきたいと思います。

まず、スペインのヨーロッパ野球における立ち位置から。


ヨーロッパ野球といえば、WBCにも過去二大会参加したオランダ、イタリアの二強がお馴染みですが、スペインは予選で敗退したドイツと並んでその後ろの2番手グループの位置。

ちなみに、昨秋のヨーロッパ選手権はライバルのドイツを3位決定戦で下して銅メダル。
その前の大会はアップセットを許しまくってまさかの9位敗退(結果シードを逃し翌大会は予選スタートに)でしたが

イタリアやオランダには勝てないけど、チェコやフランスよりは強い(といっても分からない人は分からないか・・)といった水準です。


さて、国内のリーグ事情ですが参加全10チームの4回戦制=36試合
がレギュラーシーズン。
ヨーロッパ野球はほとんどそうなんですが、2部リーグもあります。
スペインは温かいので、2月の下旬くらいから開幕して、秋にかけて開催されます。サマーリーグでは世界で一番開幕が早い野球リーグですね。

ちなみに、昨年のスペインリーグのチャンピオンはBCバルセロナです。

まあなんとなくこの名前で分かる人は多いと思いますが、もともとは総合スポーツクラブ・FCバルセロナの野球チームだったんですよね。

言うまでもなく母体はサッカーのバルセロナなんですが、スポーツが好きな方ならバルサはハンドボールやバスケットボールのチームも持っていることは知っているんじゃなかろうか。

実は野球チームも一昨年まで持っていたのですが、クラブの財政事情の悪化により野球部門は解散しました。
今はFCバルセロナから独立したクラブチームとなっております。
ちなみにユニフォームは一緒です(笑)
以前J SPORTSでバルサTVという現地制作のバルサのテレビ番組があったのですが、野球チームの紹介がされていたことがあったので、サッカー好きな方なら見たことあるんじゃないでしょうかねえ。


ちなみに、何十年か前まではレアルマドリードも野球チームを持っていたので野球でも「クラシコ」があったそうです。

形態はセミプロとアマチュアの中間くらい。
クラブにもよると思いますが、一応お給料は出ます。
ただそれだけで生活ができるような額ではないので、みなさん平日は働いて週末野球をする、というところでしょうか。

レベルは全体で言えば大学野球くらいでしょうか。
マイナーリーグや中南米のリーグでプレーしていたラテンアメリカ出身の選手もかなりいるので、決してレベルはそんなに低くないと思います。

さて、国内の野球のポジションなんですが、これはみなさんが想像しているようなものに近いかと。

イタリアやオランダは、本国育ちのメジャーリーガーを輩出しているだけあって意外と野球は浸透してきています。スポーツとしての選択肢にも入ってきていますし、国際大会だとそこそこお客さんも入ります。
ドイツも上の2つに匹敵するくらい野球のポジションは変わってきているんですが、スペインはまだまだ厳しい。
地元で開催する国際大会で観客は数百人くらいでしょうか。
リーグ戦だともちろんもっと少ない。

バルセロナオリンピックの時に立てた立派な球場があるので、国際大会はよく行われるのですが、確かに盛り上がってません。
09年にスペイン含めヨーロッパ各地でワールドカップが開催されたのですが、キューバ戦はスペインに住んでるキューバ移民の方が多かったくらいですからね。まだまだです。

そんな状況下にある、スペイン野球を支えてきたのは野球の盛んな中南米からの移民です。
国内リーグには野球の盛んな国から移ってきた選手が多くプレーしてます。彼らがスペインの野球のレベルアップに大きく貢献してきました。ナショナルチームもスペイン国籍を取得したスペインリーグで活躍する中南米出身選手を中心に、スペイン人選手も何名か加わっているような構成でした。
そういう編成だっただけに、オリンピックやワールドカップのような世界大会でも強豪国と結構試合になってたりします。
2009年に地元で開催されたワールドカップでは、キューバ相手に7回くらいまでリードを奪ったり、プエルトリコ(マイナー中心)相手に勝利したりしてますね。

さて、今回初参戦になったWBC。
スペインはもちろん昨秋の予選からスタートだったのですが、ロースターを見てびっくりしました。
馴染みのあるいつものスペイン代表選手がほとんどいなかったんですよね。

WBCのルールによって、本人がスペイン国籍を持っていなくても代表でプレーできるのはご存知の通りだと思いますが、そのルールによって大幅にメンバーは変わりました。
元々確かに中南米出身選手が多いスペイン代表だったんですが、スペインリーグでプレーしてるわけでもない、中南米出身やスペイン系選手によって構成される代表は、はたしてスペイン野球に還元されるものはあるのか・・。
というのが管理人の率直な気持ちでしたね。

ただ、そういう編成なだけあって選手のレベルはかなりグレードアップしました。
メキシカンリーグや独立リーグ、マイナーリーグの選手で構成された予選のWBCスペイン代表。キューバ代表歴を持っている選手やメジャー経験のある選手も揃えています。
下馬評ではユダヤ系アメリカ人を揃えたイスラエルの方が一枚上手。
ダブルエリミネーション方式の二回戦で対戦した時は敗れてしまったので厳しいかなと思ったのですが、予選決勝では延長戦にもつれるシーソーゲームの末イスラエルにリベンジ。WBC本大会出場権を獲得しました。





ちなみに、今回メンバーに入りそうなスペイン人選手は1人。
かつてパドレスの1Aでプレーしていたエリック・ゴンザレス(Lake Erie/米独立)ですかね。

カナリア諸島というアフリカの北西にある島で育った右ピッチャー。
スペイン一部リーグの強豪、テネリフェマーリンズがあったり、アトランタブレーブスが野球アカデミーを持っているなど、スペインの中じゃ比較的野球どころのようなポジションの場所です。

前述のブレーブスのアカデミーを経て、マイナーリーグに挑戦した選手も結構いたんですが、ルーキーリーグ止まりがほとんど。
近年じゃ、彼が最も成功したスペイン人選手ではないでしょうか。




予選決勝のイスラエルとの戦いのあと、彼らの喜びようを見てると、こういう編成でも戦う意味はあったんだな・・と思ったりもしました。
彼らは彼らなりにスペインの為に戦っているんですよね。

こういった編成で作られた、スペイン代表に疑問の声を投げかける人は確かに多いでしょう。自分もどちらかというとそっち側。
でも選ばれて、なおかつスペイン代表として戦うと決めた選手にはその人なりにスペイン代表としての思いがあるはず。
そういった思いは、どこで生まれたとか、どこで育ったとかそういうことで外野から測れるものじゃないですからね。

彼らなりに戦った結果が、スペイン球界にいい影響を及ぼす部分もあるかもしれない。例えば、大金星でも挙げれば、地元でも大きく報道されるかもしれませんよね。実際、予選突破した時も地元紙にはそれなりに報じられましたし。
プエルトリコやドミニカ、ベネズエラと同居する1次リーグ。
一般的に考えれば、全敗と予想するでしょう。
ただ少しでも強豪国があたふたするような、存在感のある戦いを見せることができれば、スペイン野球に還元されるものがあるかもしれません。色んな声がありますが、彼らがスペイン代表として戦う意味というものを、WBCにおける戦いで証明してもらおうじゃないですか。そういう戦いに、僕は期待しています。


予想スタメン

1ベルトレー CF レンジャーズ2A
2フィゲロア 2B 元オリオールズ2A
3サンチェス SS Somerset(米独立)
4カニサレス 1B オアハカ(メキシコ)
5アルバレス DH Cafetaleros del Tachira(ベネズエラ)
6ニエト    C ナショナルズ1A
7スアレス LF ドジャース1A
8ゴメス RF McAllen(米独立)
9ゴリンダーノ 3B バルセロナ(国内)

主な先発投手

シューマッハ(スーシティ/米独立)、サラサール(スーシティ/米独立)、リカルド・ヘルナンデス(ネットゥーノ/イタリア)、エリック・ゴンザレス(レイクエリー/米独立)

主なリリーフ投手
レアル(ネットゥーノ/イタリア)、グラナドス(サンマリノ/イタリア)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
タグ:
WBC

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第3回ワールドベースボールクラシック 参加国紹介 ベネズエラ【世界の野球】

WBC代表選考!【I Love Baseball!! 〜野球しか愛せないぜ〜】

魅せる野球が力になるのではーWBC日本代表紅白戦に思う【Baseball 一究入懇】

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

一般的に思われているよりはいろんな国でそれなりの規模の野球が世界中で行われてたりするんですよね。
そういった世界の野球事情を語っていくブログです。
用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909)
facebookにて国際野球ニュースをリアルタイムで更新してるほか、twitterもやってます。アカウント名は共にそのまんま「世界の野球」になります。

  • 昨日のページビュー:517
  • 累計のページビュー:3513689

(08月21日現在)

関連サイト:facebook

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  4. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. 世界から見た「甲子園」
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3

月別アーカイブ

2021
04
2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss