世界の野球

NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

(ここに書かれている見解とは異なる結論をこの2年後に書いた記事でまとめてあります。そちらのほうも見ていただければ幸いです。)

というわけで、NPBの選手会はWBC不参加という結論を下したそうです。

この議論は荒れるのが基本なので、このブログでは参加が是か非かという話題には極力触れないようにしていましたが、結構大きな結論が出たので、ここに個人的な意見を書いておきたいとおもいます。

これは僕の個人的な主張なので、誰かにこの意見を押し付けるつもりもありませんし、僕の憶測な部分も結構入ってます。

そういうスタンスで読んでいただければ幸いです。

さて、今回の結論ですが一言でいえばお互いがお互いの正義を貫いたという印象です。互いに自分たちが正しいという判断のもとで意思を貫き、こういう結論に至ったという感じですかね。

今回の議論の争点になっているのは、日本代表のスポンサー権。

要は日本代表についているスポンサーはサッカーなどのようなシステムならば当たり前と言えば当たり前ですが、日本代表の収入としてそのままNPBに入るのが筋です。ですが、WBCのシステムでは代表のスポンサー料も一度大会の収益として吸い上げられます。

選手会の主張ではそこが理不尽だろうという考え。 確かに間違っていない。

ただ、MLB主張は違います。 「俺たちがメジャーリーガーをたくさん送り込んでいるから、WBC日本代表の価値が生まれているんでしょ」という考え方です。

確かにこれも間違っていない。

例えばの話、昨年でラスト開催になったIBAFワールドカップ。 この大会にはMLBの40人ロースターに含まれている選手は出場が許されておらず、アマチュアやマイナーリーガー、国内のプロリーグでプレーする選手で編成されたナショナルチームが世界一を目指すという形になっています。 この大会に日本代表がオールプロのオールスター編成で参戦し、世界一を目指したとして、「ワールドカップ日本代表」は「WBC日本代表」のような価値を生み出したのか?と聞かれると疑問です。 日本国内の盛り上がりもWBCには遠く及ばないんじゃないかと思われます。

「WBC日本代表」の価値はWBCという一流のメジャーリーガーが参加する大会の中で世界一を目指す「日本代表」に多くのスポンサーがついているのであって、この大会のために山ほどのメジャーリーガーを参加させている自分たちにも「WBC日本代表」の価値を高めるために大きく貢献している。 それを日本だけで独占するのはそれこそ理不尽でしょ?

というのが大会主催者(=MLB)の考えです。

こう聞いてみるとこちらも一理ある。

このお互いの「正義」をお互いに貫いた結果、こういう悲しい結末を迎えてしまったんじゃないかと思われますね。

NPBは分配金に関する要求は一切していません。 お金うんぬんではなく、日本代表のスポンサー料が大会に持ってかれてしまうというシステムの理不尽さに納得がいかなかったのでしょう。

今回の結論に対して「守銭奴」と言ってる人も多いですが、僕はそうは思いません。いや、正確に言えばそうは思いたくないです。一人のプロ野球のファンとして新井選手や宮本選手はお金ではなく自分たちの信じる正義の為にこの考えを貫いんだと思いたい気持ちが強いです。というかそうであってくれ。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた

追記しますが、スポンサー料の問題は瑣末なことであるし、どこの国の企業が出したスポンサー料なのかなど、まったく関係の無いことです。
それを持ちだした選手会の戦略は完全に間違っています。

それでも主催者がMLBである以上、絶対に参加すべきではありません。

NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた

MLBがメジャーリーガーを出してるからWBCに価値があるのだという理屈であるなら、WBC2回開催2回優勝の日本が不参加で大会の価値を落とせばいいんじゃないでしょうか。

前提として国際機関が主催するのが当然であり、それ以外の国際大会など意味がないと信じます。
当然ながら過去2回の日本の優勝にさえ価値を認めていません。

NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた

初めて書き込みさせて頂きます

>WBCは初代大会を開催したとき、もちろんですが赤字になればMLBが全額自己負担になるというリスクを負っていました。
その段階で日本が共催を持ちかけてリスクを一緒に背負うということをやっていれば

ですから第1回大会では日本はスポンサー料も大会の収益として一括する条件を飲んだんではないでしょうか
日本側も直接的に大会運営には関わっていないもののサポートする意識はあったのでは(まあ政治の世界よろしくお金を出す係ですが)

問題は第2回大会でもスポンサー収入の70%が日本からという状態が変わらなかった点なのでは、「MLBはスポンサー獲得に尽力しているのか?」「本当にWBCを盛り上げるべく宣伝をしているのか?」と疑念を抱くのは当然でしょう
それこそメジャーから最高峰の選手を大勢派遣して大会の付加価値を上げている、分配金の割合も他国に比べ圧倒的に多いのならスポンサーも多く募って欲しいところですしね(むしろスポーツ大国のアメリカなら大型契約は普通に結べそうなものなのですが)
やはり日本側からするとMLBは「(一応)一流選手は出す(予定だ)からスポンサー連れてきてね♡」と受け取られかねない実状ではないかと…

個人的にはNPB側(選手会では無い)は予選のあり方なぞも含め本当に改善案出してるのかと不安になるくらい頼りなさすぎで、アメリカ側もWBCに懸ける本気度合いがイマイチ感じられずで大会が形骸化して行きそうな気配がなんとも…
第1回、第2回大会と非常に楽しませてもらったWBCで日本不参加は本当に残念ですが、一野球ファンとして第3回大会の行く末を見守りたいですね

NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた

こんにちは。貴重な意見、勉強になりました。
私は、正直、WBCという大会には否定的なので、選手会を一応、支持です。
ただ、選手会の主張を全面的に支持するつもりはないですね。
ただ、優勝しないと赤字というのは可哀想だと思うのです。
 アメリカは優勝出来なくても、赤字ということはないんでしょ?過去、準優勝すらしてませんが。

侍ジャパンの為に出資したスポンサーのお金は全部、日本に入るべきという主張は支持しませんしね。

IBAF主催のワールドカップに日本は尽力してこなかった、という指摘もごもっともです。

だから、日本もエゴが凄いし、アメリカもエゴが凄いし。
管理人さんのMLB擁護の意見も理解出来ますが、それをもっとMLBの口から説明して欲しかったな、とは思います。
この大会の利益の一部を後進国に寄付してるのは確かですが、そういう部分が不透明ですし。

こんな記事も読みたい

そこはゴールか、スタートか【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

花巻東大谷投手の夢は何?【倉俣監督BLOG】

【カナダ大学野球留学】<北海道:航選手>1年目でいきなり最優秀投手賞を獲得!カナダが認めるピッチャーに!【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsekainokakyu

「世界の野球事情を知る」という新しい野球の楽しみ方を提供していくブログです。用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。ごくたまに書くお仕事をさせてもらったりもしてます(スポーツナビさんで書いたWBCの記事一覧→https://sports.yahoo.co.jp/column/writer/909) 来年1月にライブドアブログ(http://blog.livedoor.jp/sekainoyakyu/)に完全移転します

  • 昨日のページビュー:443
  • 累計のページビュー:3567700

(11月22日現在)

関連サイト:新ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  4. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  5. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  9. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  10. 識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

月別アーカイブ

2022
11
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss