世界の野球

「世界の野球事情を知る」という新しいジャンルの野球の楽しみ方を提供するブログ

sekainokakyu

関連サイト:facebook

一般的に思われているよりはいろんな国でそれなりの規模の野球が世界中で行われてたりするんですよね。 そういった世界の野球事情を語っていくブログです。 用事やご質問、ご要望のある方はsekainokakyu@yahoo.co.jp もっと見る
  • 昨日のページビュー:569
  • 累計のページビュー:3448677
  • (03月29日現在)

最新の記事

西アジアカップ2017 スリランカがWBC参加国のパキスタンを下して悲願の初優勝!!

Sri Lanka won the Gold medal defeating Pakistan 4/2 @ 13th West Asia Baseball Cup & qualified to Asian Championship pic.twitter.com/H4HkyHuBwv— Sri Lanka Baseball (@slabsa1) 2017年3月1日 侍ジャパン......続きを読む»

侍ジャパンの戦う一次ラウンドの試合を対戦カード別に分析してみよう ~vsキューバ、オーストラリア、中国戦~

たぶん自分は、人よりは野球の国際試合や海外の野球の情報に触れてきた回数が多い部類の人間だと思われる。 プロ野球を中心に観戦している人も、これから徐々にWBCが近づいてきてそういった情報に接する機会も増えていくと思いますが、主に国際試合の力関係の計り方で、自分の認識とギャップを感じることがたまにあったりします。 国別のプレビューの前に、そのギャップの部分を出来るだけ言語化しておこうかなと思い、前置き......続きを読む»

東アジアカップの今年の開催が中止に 

今年開催予定だった東アジアカップがどうやら中止(延期)になったようです。 そもそも「東アジアカップ」とはなんぞや?という方に説明しますね。 アジアの国際大会もちょっとややこしいので。 まずアジアの国別の国際大会として「アジア選手権」という大会が2年おきにあります。文字通り、アジアナンバーワンの国を決める大会です。 ただ、オリンピックのアジア予選を兼ねる大会のときを除いて、日韓台はプロのトップチームを......続きを読む»

2017WBC 中国代表選手名鑑

1月に中国のWBCについて変な記事を書いたことを覚えている方もいらっしゃるでしょうが、今回はリアルに中国代表のメンバーを選手名鑑という形で紹介できればなと思います。 ただ、単に中国の選手なんぞの情報や特徴を教えられたくらいでは中国の試合に興味が持てない、と言う人はその変な記事を読んでみて、興味がわいてきたらこのページに戻ってきましょう WBCで中国代表が侍ジャパンに勝つ方法を本気で考えてみよう ......続きを読む»

WBC2017 イタリア代表選手名鑑 

おそらく、世界最速にして唯一のWBCイタリア代表名鑑を作ってみました。 かつてと比べるとオランダの方はだいぶ出世してしまったので、4年前あたりからあえてイタリアの方をフォーカスするようにしているうちにすっかり自分自身がイタリアの野球にハマってしまいましたね。 前回大会はメキシコとカナダを破ってまさかのベスト8。二次リーグでも決勝に進んだドミニカやプエルトリコと互角の展開を見せたりと、イタリア野球の......続きを読む»

イタリアリーグの中堅2チームが元メジャーリーガー(マーク・ティーエン、エデュアルド・サンチェス)をそれぞれ獲得

欧州最強リーグとしてイタリアリーグが存在感を見せている最大の理由は、外国人選手の質と量に優れているところでしょうか。 イタリアリーグの移籍市場は今年も活発。 そして今オフ象徴的なのはイタリアリーグの中位層が元メジャーリーガーを獲得していることです。 このこと自体も特に珍しいというわけでもないのですが、今回は特に印象的なような気がします。 昨日発表されたのですが、かつてロイヤルズで3度の二ケタ本塁打を......続きを読む»

アジアの新しい国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の開催が決定

年末に出ていたアジアの新しい国際大会の正式な概要が発表されました。 名称は「アジアプロ野球チャンピオンシップ」 まあアジアチャンピオンシップ(=アジア選手権)は既にありますからこうなるんですね。 NPB、KBO、CPBLの共催。 東京ドームで3カ国で11月に開催されるようです。さらに第2回大会は4年後の2021年に行われること。 ボールはミズノの統一球=WBSC公認球。 新しい情報としては、基本的に......続きを読む»

西アジアカップ2017展望 パキスタン、スリランカ、ネパール、インド、イラン、イラクが出場

2月の西アジアカップ、イラクも結局加わってこの6カ国になったみたい このうち2チームが9月のアジア選手権(台湾)に出場 pic.twitter.com/O06UIk6vn4— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2017年1月13日 2月末にパキスタンで開催される西アジアカップの参加国が決まったようです。 参加国は開催国のパキスタンにスリランカ、ネパール、インド、イラン、イ......続きを読む»

WBCで中国代表が侍ジャパンに勝つ方法を本気で考えてみよう

「初戦は中国がいいんですよねー。初戦からキューバってのは・・」 去年11月の強化試合のメキシコ戦の解説を聞いていると、初代WBC4番打者として解説に呼ばれていた松中信彦さんがそう言っていた。似たようなことを中継中にもう一回くらい言っていた気がする。 中国とはWBCでは4大会連続で同じ組になっている。その理由は置いておくとして、野球における中国代表は日本にとって「まず負けることはない相手」として認識......続きを読む»

国際野球ニュース 2016年 11月・12月分 西武がイタリアシリーズMVP投手獲得、アジアの新しい国際大会創設の話など

~管理人からお知らせ~ 2014年11月からこれまで2年間、国際野球の小ニュースに私の雑感を足したようなものをfacebookに投稿し、二か月分をまとめたものをブログにも投稿していますが(この記事がまさにそうです)、来年からはfacebookに投稿されたものは同時にブログにも同じものを投稿するという形に移行したいと思います。また、過去2年分の国際野球ニュースも、二か月分まとめて投稿していたものとは......続きを読む»

来秋に侍ジャパンが参戦するアジアCS創設の報道が出たというお話

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1758130.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp こういう記事が日刊スポーツから出てます。 あくまで熊崎コミッショナーは新しい国際大会を作る可能性を言及したまでで、そこから先は日刊の憶測も入......続きを読む»

西武ライオンズが昨年のイタリアシリーズMVP投手、アレクシス・キャンデラリオを獲得

西武ライオンズが昨年のイタリアシリーズMVP投手、アレクシス・キャンデラリオを獲得したようです。 昨年から今季途中までイタリアリーグのリミニでプレーし、独立リーグやメキシコ、ニカラグアなどを渡り歩いてきたドミニカ人投手です。 今年のヨーピアンカップ(野球の欧州CL)決勝では映像で投球するところを見ることができたのですが、確かに良いピッチャーだなーと率直に思った記憶があります。ただ、まさかNPBに行く......続きを読む»

アジアウインターリーグ2016 欧州選抜イタリア人選手の寸評

日本のプロ野球の若手選手(ウエスタン選抜、イースタン選抜)も出場しているので注目している方も多いと思われるアジアウインターリーグ。 基本的にどのチームも実績の少ない若手選手で構成されているのですが、来春のWBCにも選出される可能性のある有望株も出場しています。 そのうちの一人が欧州選抜の一員として名を連ねているルドビコ・コベリ(サンマリノ/フィリーズ傘下)。 昨年は大阪で行われたU18ワールドカップ......続きを読む»

強化試合 日本×オランダ 雑感

侍ジャパン強化試合、年内最後の一戦は鈴木誠也選手(広島東洋)が決勝満塁ホームランを放ち、12対10でオランダ代表に勝利!来年3月のWBCに向け、収穫と課題の4試合となりました。https://t.co/5TBxamwx06 #侍ジャパン pic.twitter.com/v17VevKOY4— 野球日本代表 侍ジャパン 公式 (@samuraijapan_pr) 2016年11月13日 ......続きを読む»

WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3

WBC2017 全日程 タイブレーカーって書いてあるのは総当たり終了後、順位が並んだ時にどっちが勝ち進むかを決めるプレーオフ 今大会から導入 pic.twitter.com/GJhBnSn1v3— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2016年11月16日 二次リーグは東京とソウル突破組は東京。マイアミとグアダラハラ突破組はサンディエゴ。 準決勝以降はドジャースタジアム......続きを読む»

メキシカンリーグのレベルを考察してみよう

U23メキシコ代表と侍ジャパンと試合をしたメキシコ代表のメキシカンリーグのピッチャーの特徴と成績を併記してみて思った結論は、あの打高が生まれるのはピッチャーの質の問題じゃなくやっぱり高地で打球が飛ぶのでは?という結論だった pic.twitter.com/3TDlMJCEu3— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2016年11月14日 メキシコ×日本の強化試合シリーズは1勝1......続きを読む»

U23ワールドカップ総括 日本がオーストラリアを下して優勝

2年前の21Uからリニューアルされて初開催となったU23ワールドカップは、日本が決勝でオーストラリアを下して優勝しました。 優勝 日本 準優勝 オーストラリア 3位 韓国 4位 パナマ 5位 メキシコ 6位 ニカラグア 7位 台湾 8位 ベネズエラ 9位 アルゼンチン 10位 チェコ 11位 南アフリカ 12位 オーストリア まあ、全体的には基本下馬評通りの大会だったかなと。 21Uでも上位に入......続きを読む»

強化試合のメキシコ・オランダ代表にメジャーリーガーが追加招集 その意義を考える

「侍ジャパン強化試合」に出場するメキシコ代表およびオランダ代表の追加選手が決定しました!両国代表とも、WBC以外の国際試合にMLB所属(25人枠「アクティブ・ロースター」登録)選手が参加するのは史上初となります。https://t.co/BXNlvFqXnk #侍ジャパン— 野球日本代表 侍ジャパン 公式 (@samuraijapan_pr) 2016年11月1日 強化試合の追加メンバ......続きを読む»

識者が考える2017WBC全15カ国予想(願望)ロースター一覧

ふとした思いつきでいろんな方を巻き込んで作ってしまいました。日本以外の全15カ国のWBC予想ロースターです。 そこに加えて担当者の補足のコメントもついています。 この時期に「予想」をあえてやるというのはまだ理想を言っていられる時期というのもあります。 なのでタイトルには「予想(願望)」とつけました。メンバーの選考が「理想」と「現実」の間で揺れている方には「理想」を優先してほしいというリクエストをし......続きを読む»

国際野球ニュース 2016年 9月・10月分 U18アジア選手権、欧州選手権、WBCブルックリン予選総括など

※この国際野球ニュースはfacebookにリアルタイムで掲載されたものをベースに作られています。 ●U18アジア選手権 総括(9月5日) ご覧になってた方も多いと思いますが、日本が決勝で台湾を破って優勝いたしました。 最終順位は 優勝 日本 2位 台湾 3位 韓国 4位 中国 5位 香港 6位 フィリピン 7位 タイ 8位 インドネシア という結果に。 一応3位までが来年カナダで行われるワ......続きを読む»

アルゼンチンがU23ワールドカップに出場、日本と対戦へ

今日の深夜からメキシコで第一回のU23ワールドカップが開催されます。 以前ブログでお話を伺った(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/sekainokakyu/article/509)南米でプレーされている小川弘樹さんに今回のU23アルゼンチン代表の特徴をまとめてもらいました(写真)。本当はもっとたくさん書いていただいたんですが、一画面に収まりきらないので泣く泣く削......続きを読む»

侍ジャパン強化試合のオランダとメキシコの暫定メンバーが発表

日本代表の発表と同じタイミングだったので埋もれてしまっている感もありますが、来日するメキシコ代表とオランダ代表のメンバーが発表されています。 メジャーリーガーも召集可能だとされた今シリーズですが、オランダもメキシコ国内リーグの選手がほとんどを占める構成になっています。 これはまあ仕方ないことだと思いますが、オランダは野手の人数がぎりぎりですし、追加でメンバーが加わる可能性があります。(※追記:メキシ......続きを読む»

WBC本大会最後の切符はイスラエルが獲得

2017WBC本大会最後の切符を争うブルックリン予選ラウンドが行われ、決勝でイスラエルがイギリスを4-1で下して、WBC初出場を決めました。イスラエルはソウルで行われるB組、韓国、オランダと台湾のいる組に配されます。 ブルックリン予選の結果は以下の通り。 ブラジル10-0パキスタン イスラエル5-2イギリス 敗者復活 イギリス14-0パキスタン 二回戦 イスラエル1-0ブラジル 敗者復活二回戦 イ......続きを読む»

WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4

(8月27日追記:9月のブルックリンラウンドもロースターが決定したので、それを踏まえた内容に改訂しています。) 念のため言っておきますが、「予選」というのはWBC本大会の一次リーグとは別物です。 前回大会から本大会の前に予選大会が導入され、シードされている12カ国に予選を勝ち上がった4カ国を加えた16カ国で本大会が行われるという形式になりました。 予選からスタートの国は、前回本大会(2013)の......続きを読む»

2016年ヨーロッパ野球選手権はオランダが優勝

2016年ヨーロッパ野球選手権はオランダがスペインを3-2(延長10回)で破って3連覇を果たしました。(結果とスコアはこちら→http://www.baseballstats.eu/2016/hoofddorp/schedule.php) 最終順位はこちら。 優勝 オランダ 準優勝 スペイン 3位 イタリア 4位 ドイツ 5位 チェコ 6位 ベルギー 7位 フランス 8位 スウェーデン  9位......続きを読む»

東西アジアカップ「開催国」がアジア選手権への出場権を自動獲得する新ルールが採用へ

アジア選手権、アジアカップの追加情報。アジア選手権の予選に当たる東・西のアジアカップは優勝国に加えて、アジアカップの開催国も結果に関わらずアジア選手権の出場権を獲得するルールになったとのこと。アジアカップ開催国の選定(とくに東)に毎度難航することから編み出された策のようです。 西アジアカップの開催国はパキスタンが占有状態(2017年大会もパキスタンで開催)ですが、逆に東アジアカップは毎回、開催国が定......続きを読む»

アジア野球選手権は来年9月に台湾で開催へ

アジア野球連盟公式から、今後の国際大会に関するリリースが出ています。 アジア選手権は3大会連続で台湾開催。来年の9月末から開催されるとのこと。参加国は8カ国(前回大会含め、いつもは6カ国)となっておりますが、これは前回同様「最大で8カ国」という解釈でいいと思います。 予選にあたるアジアカップの参加国数など、状況によって6-8カ国で変動する感じなのかなー、と。もしかしたらですが、2年後にアジア競技大会......続きを読む»

2016ヨーロッパ野球選手権 イタリア代表選手名鑑

まあ、過去に書いたやつを今貼り合わせて作ったにすぎないですが。 ユーロは9日から開幕します。 同じグループのギリシャ、フランス、ベルギー、スペインとまず対戦。 6チーム中半分が進める二次リーグを経て、上位2チームが決勝戦に進みます。 予想スタメン 8デシモニ リミニ 4バリオ ボローニャ 7ポーマ サンマリノ 5リディ メキシコ 3マッツァンティ ネットゥーノ 9レジナト サンマリノ Dサン......続きを読む»

2016ヨーロッパ野球選手権 全出場国名鑑(全12カ国) ver.2

(※2月に一度あげたものを、9月に改訂した内容として加筆修正しました) 9月9日から第34回目の欧州野球選手権がオランダのホーフトドルプで開催されます(2年置き)。 出場するのは、前回大会上位10チームと、予選を勝ち上がってきた2チーム。 2014年欧州選手権のドイツ×イタリア https://t.co/mx1feZoVtW— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2016, ......続きを読む»

2016U18アジア野球選手権 総括

ご覧になってた方も多いと思いますが、日本が決勝で台湾を破って優勝いたしました。 最終順位は 優勝 日本 2位 台湾 3位 韓国 4位 中国 5位 香港 6位 フィリピン 7位 タイ 8位 インドネシア という結果に。 一応3位までが来年カナダで行われるワールドカップの出場権を獲得ということになります。他の大陸との兼ね合いでもう1枠増える可能性もありますが。 全ての国の試合を見たわけではない(特......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 20 21

このブログの記事ランキング

  1. WBC2017予選大会の組み合わせがついに発表! 全参加国を戦力分析しましょう ver.4
  2. プレミア12の組み合わせからざっくりとした概要・展望を語ってみる 最終版
  3. NPB選手会のWBC最終結論に対する個人的な見解をまとめてみた
  4. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析
  5. 現地の日本人選手が語る「WBCに出てない中で最強の国」アルゼンチンの野球事情
  6. ヨーロッパの「高校野球」の挑戦
  7. U18アジア選手権 日本×香港 マッチレビュー ※ほぼ香港側から見た視点でしか書いてません
  8. 2013WBC本大会の組み合わせ、開催地が発表 参加国戦力分析 改訂版
  9. WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3
  10. 世界から見た「甲子園」

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss