Sebastian blog

【W杯アジア最終予選】日本対イラク

このエントリーをはてなブックマークに追加

【歓喜と失望の第3ラウンド】 勝ち点3を掴めたことは、素直に喜ばないといけない。ここ数年で、間違いなくワーストに入る試合内容だったように思う。この劇的な勝利が、これから先の試合で、プラスになることを願うしかない。

【日本のチカラを試すチャンスだった】 手数を掛けずに速く、奪ってからの速いショートカウンター。ハリルの目指すサッカーは、アジアの引いた相手にはハマらないと思っていた。しかし、この日の試合、イラクは前半の開始から高い守備位置を保ち、積極的に前線からプレスを掛けていたし、ロングボール一辺倒ではなく、短いパスでボールも繋いでいた。イラクはまさに、ハリルのサッカーを存分に発揮できる格好の相手だった。

イラクはすでに2試合を落としていて、グループの中で危うい状況にある。そのイラクが、思っていたより積極的に仕掛けてきたことは、日本にとって、想定外だったのかもしれない。ただ、それを踏まえても、散々の内容で、原口のゴールシーンだけしか、ハリルの目指すサッカーを垣間見ることはできなかった。そのシーンだけが、この試合の微かな光りだった。

【規律と自主性のバランス】 とにかく、「無駄」の多い試合。後方からロングボールを送って、裏とサイドを使いたい意図はわかるが、パスの距離が長くなるほど、パスの成功率は確実に下がる。しかも、後方でのパス交換とバックパスを制限されているなかだと、投げやりなボールが多くなるのは当然だ。 成功率の低いパスは、五分五分か、それ以上の確率で相手ボールになる。そうなると、また守備に戻らなくてはならない。この確率の低い、無駄な攻撃が、試合を難しくさせたひとつの要因ではないかと思っている。 「縦に速く」を重んじるハリルは、バックパスと、後方でのボールキープを嫌う。この規律がチームに焦りをもたらしたような気がしてならない。苦しくて、ボールをキープしたいときは、選手たちの判断に任せてもいいのではないだろうか(ザックはこの辺りはうまくやってた)。ハリルは頑固な人なのかも。

【連動性のない、ただ走るだけのサッカー】 オシムが言っていた、「考えて走るサッカー」がこのチームには足りない。ボールは動かせても、肝心の“人”が、縦に走るばかりで、全く連動性が見えなかった。 守備ではよく走るものの、攻撃面で効果的に走ることはできず、イラク守備陣に混乱を与えられずに試合は終わった。

【ハリルに思うこと】 ハリルは試合中にフォーメーションを変えるというフレコミの監督だったはず、それが日本代表の試合では全くない。本田と岡崎は明らかに低調だったけど、戦術にアレンジを加えて、もう少しどうにかできなかったのかと思う(ツートップとかやってほしかった)

【オーストラリア戦へ】 イラク戦での収穫は、香川と長友を温存できたこと。それに、オーストラリアはイラクに比べて、やり易い相手なんじゃないかと思ってます。(相手はデカイし、グラウンダーのパスがベースになりそう) ハリルには疑問が残るところもあったけど、なんだかんだ応援してるので、オーストラリア戦では良い試合を期待してます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

とりあえず解任の心配はひとまず解決したハリルホジッチ。オーストラリアには勝てるだろうか?【spoloveブログ】

ハリルホジッチ監督への評価 【亀ののこのこ走り(主にサッカーについて)】

勝点3とることがここまで難しいとは。【燃えドラ】

ブロガープロフィール

profile-iconsebastian

サッカー好きです
  • 昨日のページビュー:187
  • 累計のページビュー:2038

(10月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【W杯アジア最終予選】日本対イラク

月別アーカイブ

2016
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss