競技場の片隅から

月別アーカイブ :2013年11月

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦(11月24日 東洋大学 2 - 1 法政大学 ダイドードリンコアイスアリーナ)

 最後の試合は、東洋大学らしいホッケーでの勝利だった。  シーズン最後の試合となるリーグ最終戦、東洋大学は法政大学と対戦した。第1ピリオドは攻め込まれる場面も多かったが、GK山口連が第2ピリオドにかけてもピンチをよく防ぐ。第2ピリオド終盤の16分24秒、パワープレーでようやくFW川口尚耶によるゴールで先取点を挙げた東洋は、第3ピリオド7分53秒にもDF秋本デニスによるパワープレーゴールが判定の......続きを読む»

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦(11月17日 早稲田大学 5 - 2 東洋大学 ダイドードリンコアイスアリーナ)

 実力以上の点差で、東洋大学は早稲田大学に敗れた。  リーグ戦も残すところあと二試合、東洋は対早稲田戦に臨んだ。試合開始早々、3分2秒に早稲田に先制点を許すも、東洋は7分36秒、美しい連係からのFW人里茂樹による綺麗なシュートで同点に追いつき、互角の戦いを展開するかに見えた。しかし第1ピリオド半ば過ぎ、東洋はパワープレーのチャンスにショートハンドゴールを喫する。その後も東洋に気落ちする様子は見......続きを読む»

浅田真央は挑戦し続ける

 磨きがかかった圧巻のステップを終えて浅田真央が見せたのは、口惜しさを隠しきれない表情だった。  NHK杯のフリーで、浅田は確実に進化している姿を見せた。両足着氷とはいえトリプルアクセルを跳び、ダブルアクセル-三回転の連続ジャンプにも成功した。自己ベストを上回る得点がその進化を証明しているが、印象に残るのはやはり、演技後の浅田が滲ませた口惜しさだ。  五輪へと確実に演技を仕上げつつある浅......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:1670673

(07月12日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss