競技場の片隅から

月別アーカイブ :2013年05月

闘い続けた主将、鈴木貴人

 「体を張る」という言葉が、これほど似合うアスリートを知らない。鈴木貴人は、何処でも体を張って戦い続けてきた。  遅きに失してお恥ずかしい限りだが、日光アイスバックスの主将であり、日本代表でも長年主将を務め続けてきた鈴木貴人選手が現役引退を表明した。アイスホッケープレーヤーとしての卓越した技術はもとより、鈴木の凄さは何より精神力にあった。  「心が強い」とは素人ならではの安易な見方なのか......続きを読む»

日本シンクロ、新代表デュエットの課題

 全く違う、しかしどちらも優れた個性が、新しい日本代表デュエットを組んだ。  すらっと伸びた脚の線が美しい乾友紀子(井村シンクロクラブ)の身長は169.4センチ。アクロバティックな能力では群を抜き、チームではリフトの跳び役である足立夢実(東京シンクロクラブ)の身長は159.8センチ。どちらもソリストとしての能力を持ち、全く違う味を出せる日本トップのシンクロスイマー二人の身長差は、10センチ近い......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:1670213

(05月11日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss