競技場の片隅から

月別アーカイブ :2012年04月

あきらめなかった、日本シンクロ

チームでの五輪出場権獲得を、心から祝福したい。 シンクロナイズドスイミングのロンドン五輪世界最終予選(ロンドン)で、チームのフリールーティン(以下FR)が行われ、日本が僅差でウクライナを抑え、3位に入って五輪出場を決めた。個人的には、事前に行われていたオープン大会でのウクライナとの点差などから、日本チームの五輪出場権獲得は堅いと考えていた。しかし、テクニカルルーティン(以下TR)でウクライナと......続きを読む»

ブラック・スワン、クリーンプログラムの力

クリーンプログラムは、やはり観る者を惹きつける。 代々木第一体育館の二階席で、フィギュアスケートの世界国別対抗戦を観戦する。アシュリー・ワグナーのフリー「ブラック・スワン」には大きな期待を持っていたが、それを裏切らない素晴らしい出来栄えに、演技後躊躇無く立ち上がっていた。 ストーリー性があり、スパイラルの手の動きは一度観たら忘れられない「ブラック・スワン」は、今季の名プログラムの一つに挙......続きを読む»

孤高の挑戦、浅田真央

浅田真央のトリプルアクセルへの挑戦は、孤高そのものだ。 今季の浅田は、試合によってはトリプルアクセルを封印することを自ら選び、外の要素も磨きつつ、シーズン最後の世界選手権で大技を入れることを目指すという道筋を辿ってきた。それは着実な足取りに見えたし、トリプルアクセルは四大陸選手権では採点上成功と見なされなかったものの完成に近づいているように思われたが、世界選手権では不発に終わってしまった。 ......続きを読む»

これからの日本代表

これからの日本は、どんなホッケーをしていくのだろうか。 31日、ダイドードリンコアイスアリーナ(西東京市)でアイスホッケー日韓代表戦を取材する。日本は2-0で韓国を下したが、韓国のレベルアップがうかがわれる内容だった。 日本代表は、アジアリーグのプレーオフが終わったばかりということもあってか、若手中心のメンバーを組んでいた。生きが良くて速いプレーは、これから日本はどんなチームになっていく......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:1670641

(07月07日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss