競技場の片隅から

月別アーカイブ :2012年02月

アジアリーグアイスホッケー2011-2012(2月26日 アイスバックス  6 - 5 ブレイズ ダイドードリンコアイスアリーナ)

悲願のプレーオフに臨むバックスは、貴重な勝利でレギュラーリーグ最終戦を終えた。 前日一点差で負けた東北フリーブレイズに、バックスは第1ピリオドだけで3点を与える。前日の結果によりバックスのレギュラーリーグでの3位が確定し、主将のFW・鈴木貴人、GK・福藤豊と攻守の要を欠く布陣で臨んだこの試合、3点のビハインドは大きく感じられた。しかし、第1ピリオド終了まであと1秒というところでFW・上野拓紀が......続きを読む»

挑戦する喜び、浅田真央

浅田真央がトリプルアクセルに挑む姿は、見る者をも巻き込む喜びに溢れている。 四大陸選手権での浅田は、二位に終わった悔しさよりも、トリプルアクセルに挑戦し、手応えを得た嬉しさを感じているようだった。共に回転不足をとられたものの、ショートよりフリーで完成に近づいた大技は、浅田の上り調子を感じさせる。何よりトリプルアクセルを跳ぶ浅田は、挑戦するアスリートの本能そのものだ。 ただ、浅田自身「トリ......続きを読む»

世界最高のチアリーダー、マドンナ

「私も戦いに向かっていく戦士の気分だわ」 53歳のマドンナは、トレーニングで痛めた太腿の怪我をものともせず、スーパーボウルのハーフタイムショーという大舞台に臨んだ。 豪華絢爛なショーのところどころに、スポーツを意識した演出が見られた。そこには、母国アメリカにおける最大のスポーツイベントの幕間であることを忘れないマドンナの配慮があったように思われる。高校時代チアリーダーだったマドンナには、母国......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:1670204

(05月10日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss