競技場の片隅から

月別アーカイブ :2011年12月

自らを律する強さ、浅田真央

浅田真央はいつも通りに勝ってみせた。 「いつも通り、が今一番大切にしている言葉」 フィギュアスケートの全日本選手権開幕前、浅田は記者会見でそう語っているが、9日に母親の匡子さんを亡くしたばかりという状況で「いつも通り」に滑ることの難しさは想像を絶する。それでも、浅田は言葉通りにやってのけた。 メディアを通じて見る限り、大会中の浅田は理性で感情を抑え込んでいるように見えた。ショートプログ......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2011-2012(12月17日 ハルラ  3 - 2  アイスバックス ダイドードリンコアイスアリーナ)

内容は決して悪くなかっただけに、アイスバックスにとっては悔しい黒星となった。 一週間前には地元日光にハルラを迎え、日曜日には会心の試合運びで勝ったアイスバックスは、東京でも再びリーグ首位のハルラと対戦する。第1ピリオド4分49秒、バックスはFW宋東桓によるゴールで先制、いいスタートを切ったかに見えた。しかし、1分も経たないうちに追いつかれ、更に第1ピリオド終了まであと10秒というところで逆転の......続きを読む»

浅田真央不在のグランプリファイナル、鈴木明子の健闘

5人しかいないグランプリファイナル。浅田真央の不在による喪失感を、鈴木明子は彼女にしか出来ない滑りで埋めた。 シニアデビューのシーズン、衝撃的な優勝を成し遂げたグランプリファイナルに、浅田真央が3年ぶりに進出した。今季はようやく苦しい時期を抜け出しつつあることが感じられただけに期待も膨らむ中、思いもよらないニュースが飛び込んできた。浅田の欠場、そして浅田の母親の訃報である。 ジョアニー・......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2011-2012(12月11日 アイスバックス  6 - 2 ハルラ  日光霧降アイスアリーナ)

2011年最後のホームゲームを会心の勝利で飾り、アイスバックスは苦境を抜け出した。 11月から日光に帰ってきたバックスだが、11月の対ハイワン戦、先週の対王子二連戦、前日の対ハルラ戦で勝てず、四連敗という状況で年内最後の霧降での試合を迎えることになった。現在リーグ首位のハルラに、なんとしてでも勝ちたい。 バックスは第1ピリオド立ち上がり1分も経たないうちに失点、嫌なムードが漂う。だが、こ......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2011-2012(12月4日 イーグルス  3 - 1  アイスバックス 日光霧降アイスアリーナ)

レギュラーリーグ後半戦を地元日光でスタートしたバックスは、王子に連敗を喫した。 第1ピリオドはシュート数2のバックスに対し、15本ものシュートを打ち込んだ王子が攻め続ける展開。序盤からバックスGK・福藤豊の好セーブで何とか持ちこたえるが、8分37秒に遂に失点。第2ピリオドもバックスは体勢を立て直せない。5分29秒、ゴール真ん中にシュートを決められ、キルプレーを守りきれずに8分54秒には3点目と......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:1670644

(07月08日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss