競技場の片隅から

月別アーカイブ :2011年11月

未完の浅田真央、ファイナルへ

浅田真央は、演技を終えると小首をかしげた。それでも勝てるのが、新しい浅田の強さだ。 グランプリシリーズ第6戦、ロシア杯の女子シングルを制したのは浅田だった。ショートに続いてトリプルアクセルを回避したフリーでは、ルッツの着氷で手をついてから、ジャンプのリズムを崩す。小さなミスが重なって、浅田自身納得のいかない内容となったが、それでも浅田は優勝、ファイナルへの進出を決めた。 NHK杯では完璧......続きを読む»

笑顔のシェヘラザード、浅田真央

軽やかで愛らしい、浅田真央のシェヘラザード。何よりも良かったのは、浅田の笑顔だったかもしれない。 NHK杯のテレビ放送で初めて見る浅田の今季のショートプログラムは、大きく膨らんだ期待を裏切らないものだった。やはり、タラソワ氏の振り付けたプログラムは、浅田の新たな魅力を引き出すようだ。洗練された動きで表現する浅田独自のエキゾチシズムは、トリプルアクセルがシングルとなる冒頭の失敗にも揺らぐことはな......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2011-2012(11月5日 イーグルス  5 - 2  アイスバックス 新横浜スケートセンター)

第2ピリオドからは今季のアイスバックスらしいホッケーが見られたが、第1ピリオドで背負ったハンディは重かった。 首位で迎えた新横浜シリーズの初日、日光アイスバックスは王子イーグルスと対戦したが、第1ピリオド前半で立て続けに3失点。11分過ぎにようやく1点を返すも、第1ピリオド終了まで後15秒というところでまたもイーグルスにゴールを許し、再び3点を追う展開となった。結局その後両チームとも第3ピリオ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:1670186

(05月09日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss