競技場の片隅から

月別アーカイブ :2011年05月

今こそ、Take The First Step

「今こそ一歩踏みだそう」と、福藤豊をはじめとするアイスホッケー界に関わる人々が呼びかけるチャリティーイベントが、今週土曜日に千葉で開催される。 日本人として初めてNHLでプレーした福藤豊は、Take The First Stepの副代表として二年前からチャリティ活動を行っている。最初のイベント「FACE OFF 2009~自分にできる最初の第一歩~」を取材したとき、福藤はオランダリーグでのシー......続きを読む»

川口悠子の日本への思い

フィギュアスケート・世界選手権のエキシビションで一番印象に残ったのは、アニメ「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を使った川口悠子、アレクサンドル・スミルノフの演技だった。 華やかな演目が続く中、ゆったりとした日本語の歌は少し異色な感じもあったが、心に沁みてくる。川口はびっくりするような大技に挑戦する一方、日本人ならではの繊細さも持ちあわせている。日本を離れて海を渡り、国籍まで変えて、......続きを読む»

浅田真央は苦闘を越える

弱々しい。世界選手権のショートプログラムを滑る浅田真央を見て、そう感じた。痛々しいほど痩せた体からは、浅田本来の強さが失われていた。いったい何があったのか分からないが、東京開催が中止となった影響は否定できないだろう。 日本を覆う重い空気を払拭する役割を、二十歳の浅田に期待するのは酷だったかもしれないと自戒している。様々な経験を生かしてたどり着いた成熟を武器に優勝した安藤美姫は、本当に見事だった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:1670148

(05月06日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss