競技場の片隅から

月別アーカイブ :2011年02月

アジアリーグアイスホッケー2010-2011(2月20日 フリーブレイズ  6 - 5  アイスバックス ダイドードリンコアイスアリーナ)

二人の名選手を見送って、日光アイスバックスの2010-2011シーズンは終わった。 競っていい戦いをするが、あと一歩で勝ちきれない。プレーオフ進出を逃したバックスにとって今季のラストゲームとなるレギュラーリーグ最終戦は、今季の戦いぶりを象徴するような試合だった。 引退を表明しているFW・土田英二、GK・菊地尚哉両選手にとって現役最後の試合で勝利したいという強い気持ちが、バックスの攻撃には現れ......続きを読む»

第78回全日本アイスホッケー選手権 2月12日 準決勝 クレインズ 6-3 アイスバックス(日光霧降アイスアリーナ)

地元開催の全日本選手権で、アイスバックスは決勝進出を果たせなかった。 バックスの立ち上がりは上々だった。第1ピリオド2分52秒、パワープレーで第1セットが先制ゴールを決め、ホームアリーナを沸かせる。しかし、その後第1ピリオドが終わるまでにクレインズの反撃を許し3失点、2点差を追う展開で第2ピリオドを迎えた。 第2ピリオド序盤のバックスの攻撃は見事だった。4分5秒、DF大久保がネットに突き刺す......続きを読む»

前進するための、銀メダル

日本は三連覇を逃したが、学んだことはきっと多いはずだ。 カザフスタンで開催されている冬季アジア大会で、三連覇を目指したアイスホッケー男子日本代表は、全勝対決となった地元カザフスタンとの対戦に敗れ、銀メダルに終わった。NHLに次ぐレベルの高さを誇るKHL(旧ソ連諸国によるプロリーグ)の選手で構成されているというカザフスタンと日本では、選手が日頃置かれている状況に差があるのは事実だろう。日本の選手......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:1670062

(05月03日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss