競技場の片隅から

月別アーカイブ :2010年12月

物語を創るスケーター、浅田真央

浅田真央が、また物語を創った。 今季前半のグランプリシリーズでは修正中のジャンプに苦しんだ浅田が、全日本選手権で復活した。トリプルアクセルに挑み、着氷することで勢いに乗った浅田は、5連覇こそ逃したものの2位となって世界選手権への切符を掴み、本来の姿に戻った。 五輪シーズンだった昨季に続く前半の不調、それもより深刻にも見える不調から、またも大一番の全日本での見事な復活劇。フィギュアスケート......続きを読む»

メダルを本気で狙えるか

メダルを獲るためには、本気で狙わなくてはならない。 テレビで「ティーンエイジDREAM 新体操フェアリージャパンPOLA完全ドキュメント」を見る。ロンドン五輪でのメダル獲得を目指して結成され、ロシアでの長期合宿でロシア人コーチに磨かれて成長する若い新体操日本代表を追ったドキュメントだった。まだあどけなさも残る十代の選手たちが少しずつ日本代表としての自覚を持ち始める姿が印象に残ったが、更に感銘を......続きを読む»

強くなる、村上佳菜子

競技者としての村上佳菜子の成長には、目を見張るものがある。 今季が始まる前のアイスショーで村上を見て感じたことは、心から楽しそうに滑る魅力と同時に、果たして厳しいシニアの試合でもスケートを楽しめるのだろうかという危惧だった。優れた表現者である村上は、どうやら積極的に競うタイプの選手ではないらしく、グランプリシリーズ初戦のNHK杯ではフリーで失速、勝負には弱い部分も見せた。しかし、スケートアメリ......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2010-2011(12月5日 アイスバックス 3 - 2  クレインズ 日光霧降アイスアリーナ)

負けられない地元での一戦で、アイスバックスは見事に白星を挙げた。 プレーオフ進出ラインを挟んで競り合う日本製紙クレインズを迎えた地元での二連戦。土曜日に惜敗したバックスは、消化試合数が多いことを考えると日曜日は絶対に落とせない試合になった。 バックスは、試合開始早々5-3のパワープレーという絶好のチャンスを得る。決めたのはやはりキャプテンのFW・鈴木貴人だった。第1ピリオド4:26、先制点に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:1670111

(05月05日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss