競技場の片隅から

月別アーカイブ :2010年07月

唯一無二のスケーター、太田由希奈

太田由希奈が氷上に姿を現し、「ピアノ・レッスン」が流れ始める。彼女らしい選曲だった。ともすれば感傷的になりかねない曲を真に生かして滑ることが出来るのは、太田由希奈だからだ。 「プリンスアイスワールド 2010 東京公演」で、私が一番楽しみにしていたのは実は太田のプログラムかもしれない。初めて太田を見たのは、まだ太田がアマチュアの選手だった2004年6月、新横浜で行われた日本代表エキシビション‘......続きを読む»

プルシェンコの存在感

「オーラがある」という言葉は簡単に使いたくないが、エフゲニー・プルシェンコに関しては使わずにはいられない言葉である。 ダイドードリンコアイスアリーナで、「プリンスアイスワールド 2010 東京公演」を見る。プルシェンコが登場すると、会場内の空気が一変した。観る者に身を乗り出させる力を、プルシェンコは持っている。 ジャンプに関して言えば決して本来のプルシェンコではないのだが、ロシアで国を代......続きを読む»

痛すぎる、酒井麻里子の不在

酒井麻里子の不在による大きな穴を、果たして今の日本は埋められるのか。 シンクロナイズドスイミング代表の酒井(東京シンクロクラブ)が、体調不良のため休養した。9月のワールドカップ、11月のアジア大会の出場は難しいという。ロンドン五輪で表彰台に返り咲くために今から総力を結集することが望まれる日本にとり、エース格の酒井が年内の大会に出られないのであれば、これは致命的な痛手になりかねない。 日本......続きを読む»

福藤豊、日光へ

福藤豊が、日光にやってくる。 先日、GK・福藤豊がアジアリーグアイスホッケーの日光アイスバックスに加入することが報道された。来季から、日本人として初めてNHLのゲームでプレーしたスター選手である福藤が、バックスのGKの一人となる。 個人的には、このニュースに接してまず感じたことは、福藤がコクド(廃部となった西武の前身)で共にプレーしていた仲間たちと再びチームメイトとなることについての感慨......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:1670164

(05月07日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss